暗証番号

クレジットカードの暗証番号は必要?|入力間違いの回数|何回でロック

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・暗証番号はサインの代わりに必要

・暗証番号は間違い入力するとちょっと面倒、ロックがかかる

・暗証番号を忘れてもサインに切り替えればちゃんと使える

・クレジットカード専用の暗証番号を決めた方が、いいリスクヘッジに

・家族ですら分からない暗証番号がオススメ

 

クレジットカードを利用する際、お店の人に暗証番号を入力するかサインにするかを求められたことがあると思います。

暗証番号を入力するほうが、当然簡単です。

 

でも、記憶が曖昧だと、間違いなく入力するのに、ちょっと緊張します。

間違えたらどうなるのか知ってますか?

例えば、何回までなら良いのか。

 

この記事を読めば、クレジットカードを用いる際の暗証番号について、お分かりいただけると思います。

 

 

クレジットカードの暗証番号は、サインの代わりに必要

暗証番号は間違い入力をするとロックがかかる
暗証番号は間違い入力をするとロックがかかる

 

以前は、クレジットカードの決済は、サインがほとんどでした。

でも、最近は、暗証番号の入力を求められることが増えたと思いませんか?

 

これは、クレジットカードが、磁気タイプから、ICタイプに変わってきてからです。

4桁の暗証番号を入力するということで、セキュリティ性が高まること、決済時にサインするという面倒な手続きを省けるというメリットがあります。

 

今後は、基本は「暗証番号の入力」というふうに変わっていくのでしょう。

ただ、若干のネックは、その肝心の暗証番号を「忘れてしまうこと」です。

あるいは、「記憶違い」も同じように、困ったことになります。

 

基本的には、決済方法をサインに変えてもらえば良いのですが、問題は間違えて入力した場合です。

 

 

クレジット番号の暗証番号は、間違い入力は何回まで大丈夫なのか?

 

クレジットカードの暗証番号を、間違えて入力してしまった時、すぐに慌てて、続けて入力してはだめです。

 

特に、間違えて思い込んでる時は、危険です。

慌てて2回目を入力して、その暗証番号がもし間違えた場合、「次間違えると、ロックがかかって使えなくなるという警告が出ます」(表示されない場合もありますが)

 

間違い入力が許されるのは、2回までということです。

3回間違うと、ロックが掛かり、暗証番号での使用は停止されます。

ロックが掛かると、その後の手続がなかなか面倒になります。

 

買い物自体は、その場でサインに切り替えれば、決済は可能です。

ICチップのクレジットカードの場合、暗証番号の間違いでロックが掛かると、「再発行」してもらうしか方法がありません。

そして、再発行されるまでの間は、そのカードは使えなくなります。

 

間違い入力の回数は、ICチップに記憶されています。

翌日になったら、リセットされるものではありません。

ですので、次にクレジットカードを使う場面があったときに、2回間違い入力をすると、1回目の間違いがきろくされてるので、ロックが掛かります。

ここ要注意です。

 

 

 

クレジットカードにおける暗証番号は、専用の数字にしておく

クレジットカードにおける暗証番号は、専用のモノにしておく

 

1つの暗証番号がバレても、すべてやられることはない

 

クレジットカードは、特別なモノだからこそ

クレジットカードは、ショッピング枠やキャッシング枠などで、結構な金額のお買い物が出来ます。

万が一、クレジットカードを落とし、暗証番号がバレればその被害は相当なモノに。

 

こちらに、落ち度があれば弁済してもらえないため、注意が必要です。

少なくともキャッシュカードとは全く異なる暗証番号にするのがベスト。

 

万が一どちらか一方の数字がバレても、どちらかはやられるものの、被害は食い止められます。

また、何度も間違うことで不正利用を疑わせることができるため、不正利用を主張できます。

 

暗証番号を1つだけ決め、それですべてを賄うのは危険。

クレジットカードだけは、それ単体のみの暗証番号を設定するのがいいでしょう。

 

 

 

家族にすら分からない数字にするべし

意外と家族同士で、共通の暗証番号になることがあります。

 

家族内で、クレジットカードを盗んで不正利用する可能性は少ないにしても、警戒は必要

あいつは、どうせあの暗証番号だろうと類推されるのは、セキュリティ的にいい状態ではありません。

家族ですら全く想像がつかないような数字にすれば、セキュリティとして十分。

すべてバラバラにする必要はなく、あくまでもクレジットカードだけに絞れば覚える数字は少なくなります。

 

 

 

 

クレジットカードにおける暗証番号の決め方は、自分しか知らないトピックで

クレジットカードにおける暗証番号の決め方は、自分しか知らないトピックで

 

個人情報では特定が困難な数字が一番いい

 

学生時代の思い出を暗証番号にするのも手

いきなり暗証番号を何にすればいいか、一から考えるのは大変。

そこでオススメなのは、自分しか知らない出来事から類推して暗証番号を決めること。

 

例えば高校大学の受験番号、好きだった女の子の電話番号の下4桁でもいいでしょう。

なんだっけ?と悩んだ場合、思い出しやすく調べやすいのがポイント。

また、個人情報だけでは特定しにくく、事情を知らない限りはたどり着きません。

大切な記憶とリンクさせることで、忘れにくくオリジナリティあふれる暗証番号にできます。

 

 

クレジットカードはサインでも使える

そもそもクレジットカードを使用する際は、サインを書いて決済を行うのが原則です。

サインを書きたくない、手間をとらせたくないという場合にサインレス決済が用いられます。

 

つまり、原則はサイン、例外的にサインレスで暗証番号の入力でOKとなっているだけのこと。

本当に忘れてしまった場合は、サインにしたいと願い出れば大丈夫なことが多いです。

ICカードでの決済の際に暗証番号が必須になることもありますが、サインでも大丈夫なケースが目立ちます。

 

 

 

まとめ

 

一番確実なのは、クレジットカードごとに暗証番号を設定しておくこと。

しかし、あのクレジットカードはどの暗証番号だっけ?とド忘れすることがあるのが人間。

 

それならば、キャッシュカードとは別に暗証番号を設定する程度で十分。

その数字も、高校時代、青春時代の思い出に紐づけするようなものでいいでしょう。

最悪の場合サインに切り替える手もありますが、忘れた場合は大至急カード会社に連絡を入れましょう。

新たに暗証番号を設定するなどして、次は忘れないよう対策を立てることがオススメです。

 

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




暗証番号
最新情報をチェックしよう!