クレジットカード ブラックカード

クレジットカードをブラックカードにするには何を頑張れば?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・実はクレジットカード会社によってハードルが結構異なる

・ゴールドカードで実績を積み重ねないとブラックカードは手にできない

・維持費を考えれば、普通の人は持つべきではない

 

クレジットカードの中でも最高位に位置するのがブラックカード。

ブラックカードにさせるというのは、食料品の買い物など普通のクレジットカードの使い方では大変。

普通の人がブラックカードを目指すなら、どのような形でクレジットカードを使えばいいのか、気になるところ。

 

この記事を読めば、クレジットカードをブラックカードにするのがどれだけ大変か、お分かりいただけるはず。

では解説してまいります。

 

 

クレジットカードをブラックカードにするハードルは各社異なる

クレジットカードをブラックカードにするハードルは各社異なる

 

実は決まった基準は明らかになっていない

 

ブラックカードまでの道のりはベールに包まれている

クレジットカードの種類を見るとランクがあり、それぞれに明確な基準が。

ところが、ブラックカードだけは明確な基準が明らかになっておらず、ベールに包まれています。

 

年収が多い人が必ず作れるものでもなければ、年収が少ない人が一切作れないわけでもありません。

各社に基準があり、何を重視してブラックカードを提供するか、バラバラ。

 

あのクレジットカード会社では作れたものが、このクレジットカード会社では作れないなんてことも。

もちろん年収に重きを置くところもありますが、それだけではないことを覚えておきましょう。

 

 

ブラックカードは実績によって招待の対象に

ブラックカードは、入りたい人がそのまま入れるモノではありません。

裏を返せば、年収が少ない人でもチャンスをつかめば、ブラックカードにすることが可能。

 

そのポイントが、クレジットカードの実績です。

年収のほぼすべてをクレジットカードでの支払いに回せば、結構な実績に。

 

それでいて滞りなく支払いが行われれば、クレジットカード会社からすれば立派な顧客になれます。

自分はブラックカードを持つ人の年収ではないと、あきらめてはいけません。

 

こんな自分にもお誘いがあった!その時の喜びは格別。

選ばれし人間と思えるので、お誘いがあっただけで十分という方もいるようです。

それだけステータスになっていると言えるでしょう。

 

 

クレジットカードをブラックカードにしても維持費がかかる?

ブラックカードにしても維持費がかかる

 

年会費だけで10万円以上もかかってしまう!

 

年会費を回収するほど活用できるのか検討を

ブラックカードを持った人が頭を抱えるのは、その維持費の高さ

安くても10万円、高いところでは30万円を超える年会費となっています。

 

覚悟はしていたけど、それほどまでとは!腰を抜かす人もいるでしょう。

その分、サービスが手厚いのがブラックカードの魅力。

 

しかしながら、元を取るまでにそれなりのお金を費やす必要があるのも事実。

ブラックカードがあれば、予約すら困難な一流ホテルや料亭で予約が取れます。

一流ホテルや料亭は料理やサービスの値段も破格。

 

お金では換算できない価値は得られますが、金銭的な価値があるかはなんとも言えません。

一般のサラリーマンでも持てないわけではないものの、活かし切れるかはまた別の話。

持つんじゃなかった!そんな展開だけは避けなければなりません。

 

 

旅行を頻繁にする人はすぐに回収できるかも

ブラックカードが強さを発揮するのは、主に旅行のタイミング

 

何もせずに座席がファーストクラスになる、そんなことがあります。

空港ラウンジは無料で使え、飛行機が遅れれば様々な遅延費用が保険で支払われます。

旅行保険も充実し、家族も自動的に守られるなど、まさに最強。

旅行を頻繁にする人は、簡単に年会費を回収できるでしょう。

 

 

まとめ

 

一般庶民にとってブラックカードは夢物語、そう諦める方が多いかも。

 

実態として、年収がそこまでではない人でもブラックカードは手にできます。

クレジットカード会社は、安定した実績と支払い能力を求めています。

あとは年会費を回収できるかどうか、そこが重要です。

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




クレジットカード ブラックカード
最新情報をチェックしよう!