猫

スポンサーリンク

猫を飼うときにかかる費用は一ヶ月でどれくらい?毎月、年間にかかる金額と節約方法

ポイント

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

・猫を飼い始める時にかかる費用

・猫を飼うのにかかる毎月、年間の費用

・猫にかかる費用の節約方法

 

癒されるペットが欲しい。

そう思った時に候補に上がるペットの一つに猫があります。

しかし、ペットを飼うにはお金がかかるもの。

どれくらいの支出があるか知らないと、飼い始める事は難しいですよね。

 

飼い始める時は準備するものが多く、費用が膨らみがちです。

また、猫が急な病気などで費用がかかる事もあるでしょう。

こちらの記事を読んでくださいますと、猫を飼う時に発生する費用の一ヶ月、年間にかかる金額と、その節約方法についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

猫を飼い始める時にかかる費用

お金がかかる

お金がかかる

 

猫を飼い始める時は、猫が使用するもの全てを買わなければならないのでかなり費用がかかります。

また、猫自身にも好みがあり買ったものを使ってくれない場合があることも覚えておきましょう。

その場合は買い直す必要があるため、さらに費用が発生します。

 

フードなど食事関連にかかる費用

まず、猫用の食器が必要です。

一般的な猫用のフード皿は一つ¥300〜¥1,500くらいで販売されています。

ドライフード用と水用、ウェットフード用に3枚程度用意しておきます。

水飲み場とフード皿が一体化しているものもあり、こちらは¥1,000〜¥2,000のものが多いです。

 

次に、猫用のフードです。

ドライフードとウェットフードがありますが、猫によって好みが激しく食べない事もあるので両方用意しておきましょう。

ドライフードは安いもので3kg入りで¥700程度からあります。

仔猫用、毛玉対策用、病気予防用のものなど種類が多いので必要なものを選びましょう。

高機能のフードほど費用がかかります。

ウェットフードは一食分づつ入っており、一食¥100程度のものが多いです。

 

トイレ関連にかかる費用

猫は決まった場所で排泄しますので、トイレ本体が必要になります。

扉付きのものや壁高のものなど種類がありますが、最も基本的な形のものでだいたい¥1,000くらいから購入できます。

 

トイレの中には専用の砂を入れます。

猫の砂は水分を吸収する特別な砂ですが、紙製や木の入っているものもあります。

5リットル入りで¥500くらいから販売されています。

 

ワクチンなど医療費

猫は一年に一回ワクチンを打つ事を推奨されています。

病院によってまちまちですが、ワクチンにかかる費用は¥3,000〜¥7,500くらいです。

 

猫にも健康診断があり、受ける場合は一回¥5,000くらいが相場です。

一年に一度は受診しておくと安心ですね。

5歳を過ぎたら半年に一度受診しましょう。

病気にかかった時の費用はその内容にもよりますが、一年に¥10,000以上かかる場合がある事を覚えておきましょう。

 

おもちゃなどその他の費用

おもちゃ、おやつなど必須ではないですが、持っていた方が猫が喜ぶものもあります。

おもちゃは猫じゃらしなど電動でないものだと¥200くらいからあります。

 

おやつは一つ¥50〜¥100くらいのものが多いです。

ケージが必要な場合、猫がストレスを感じないよう大きめのものを用意しましょう。

¥6,000くらいから2〜3段のケージが購入できますので、こういったものがお勧めです。

病院に行く時などに使う、猫を入れるキャリーケースは¥3,000〜¥5,000で購入できます。

 

 

猫を飼うのにかかる毎月、年間の費用

 

 

猫を飼う時に継続的に費用が発生するものは、フードとトイレの砂、医療費が主になります。

 

ドライフードの安価なものを使用する場合、一ヶ月¥1,000程度の費用で済みます。

高機能のものを使用しても¥5,000以内に収まる場合が多いです。

ウェットフードのみの食事にすると、だいたい一食¥100なので一日で¥300、一ヶ月だと¥9,000くらいになります。

 

砂は一般的なものを使用した場合の費用は一ヶ月で¥1,000くらいです。

おやつは飼い主の与え方にもよりますが、一ヶ月¥1,000と見ておきます。

一ヶ月にかかる費用は、最も安い場合で¥3,000〜¥4,000程度になります。

 

年間にかかる費用はワクチンと健康診断を含めて¥50,000〜¥60,000です。

この値は最低価格を基準にしており、病気にかかっていない状態で計算されているので、実際にはこの値よりも費用がかかるケースの方が多いでしょう。

猫の健康診断 (1)
猫の健康診断の内容はどんなもの?する必要はある?

ポイント この記事でお伝えすることは、次の通りです。 ○猫の健康診断はどのような内容なのか ○猫の健康診断が必要な理由   猫は1年間で、人間で言うところの17歳相当に成長し、その後も1年で ...

続きを見る

 

猫にかかる費用の節約方法

 

猫は費用がかなりかかるペットですが、節約する方法はないのでしょうか。

猫の場合はかなり難しいです。

 

猫は生活スタイルを変える事を好まず、急に安いフードにしても食べてくれなかったりします。

トイレの砂にも好みがあり、トイレで排泄しなくなる場合もあります。

おやつも手作りより猫用のおやつを選ぶ方が猫の身体に良く、ウェットフードは水をあまり飲まない猫には必須のものになります。

 

キャットタワーや爪とぎ、おもちゃなどは自作できますのでこちらで節約していきましょう。

 

まとめ

猫にかかる費用は様々で、節約も難しいです。

高機能フードや食いつきの良いおやつ、急な怪我病気など費用も膨らみがちです。

猫を飼う時は、多めに費用を見積もって飼うようにしましょう。

猫
猫との共同生活|注意すべき事がたくさんある|徹底解明

一緒に暮らしていると日々驚かされる表情を見せてくれる猫ですが 実は、気をつけてあげなければならないことがたくさんあった。 気づかないうちに、猫を傷つけてしまわないように、飼い主は覚えておくべきです。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-
-,

Copyright© ミュウ ジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.