使い方

クレジットカード未払いするとどうなるのか?

クレジットカード 未払い どうなる使い方

この記事でお伝えすることは次の通りです。

・クレジットカードが利用停止、強制解約になる

・未払いが続くと法的措置に移行する

・信用を失い、一定期間クレジットカードの作成やローンの利用が出来なくなる

 

 

クレジットカードは信用が第一で、利用代金が支払えなくなるとさまざまな影響があります。

この記事を読んで頂くと、クレジットカードの未払いで起こる不具合や問題についてご理解頂けるかと思います。

では、解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカード未払いするとどうなる?

クレジットカード 未払い どうなる

 

利用代金が残高不足で引き落とし出来ず、払込票が送られて来ても支払えないとなれば大問題です!

未払いが続くとクレジットカードで買い物を解約され、訴えられて差し押さえされることもあります。

 

 

クレジットカードみ利用停止になり強制解約になることも

未払いが続くと、クレジットカード会社からの電話や、督促状が送られてきます。

それらを放置し続けると、クレジットカードの利用停止、さらには強制解約になるので要注意です。

強制解約になると、それまで分割で支払いが出来ていた権利を失い、残高を一括で請求されます。

 

クレジットカード未払いが続くと訴訟へ移行する

強制解約になってしまっても、返済する義務が消えることはありません

未払いが継続している限りは、督促も続きますから、何としても返済する必要があります。

連絡もせず未払いが続くと法的措置に移行し、裁判所へ訴えられるとさすがに無視出来ません。

 

 

クレジットカード未払いするとどうなる|完済するまでクレジットカードの発行が出来なくなる

訴えすら無視すると差し押さえに移行しますが、しっかりと対応しておけば問題ありません。

しかし、未払いが完全に片付き、すぐにクレジットカードを申し込んでも100%審査で落ちます

 

長期間延滞は金融事故であり、未払い状態が解消しても信用度はゼロの状態です。

未払いが解消しても、完済した日から5年間は信用情報機関に記録が残ります

その為、カード会社からは信用されず、カードを申し込んでも門前払いなってしまうんです。

 

スポンサーリンク

クレジットカード未払いの原因

クレジットカード 未払い どうなる

 

クレジットカードの支払い方法は、一括または分割払い、リボ払いがあります。

利用代金は締め日までに利用した金額を、次回の支払日に支払いますが、一日でも支払いが遅れると未払いになってしまいます。

 

クレジットカード未払い原因①銀行口座の残高不足

未払いになってしまう原因で一番多いのが、銀行口座の残高不足です。

 

利用代金は指定した銀行から、毎月決められた日に引き落としされます。

支払日に残高不足で引き落とし出来なかった場合、払込票が数日から1週間程度で送られてきます。

銀行やコンビニで入金することが出来ますが、余計な手数料を支払わなければいけません。

 

クレジットカード未払い原因②使い過ぎ

クレジットカードは現金を使うことなく買い物が出来て大変便利です。

一方で、金銭感覚がマヒしてしまい、使い込んでしまうリスクもあります。

利用限度額まで使い込むと、利用額が数十万円になり、支払いに行き詰る可能性があります。

クレジットカードで買い物をする=借金することですから、理解した上で利用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードの未払いを防ぐにはどうしたらいい?

クレジットカード 未払い どうなる

 

このように、クレジットカードの未払いは百害あって一利なしで、何にも良いことはありません

一度問題を起こしてしまうと、その後の生活は我慢の連続で、生活に楽しみが無くなります。

 

 

引き落とし数日前までに口座に入金する

未払いを防ぐには、毎月の利用明細と銀行口座の残高をしっかりと確認しておきましょう。

 

利用明細には、どこで何を買い物したことや、利用代金の総額が記載されています。

その上で、銀行口座の残高を早めに確認しておき、残高不足なら早めに入金してください。

ただそれだけで未払いを防ぐことが可能です。

 

クレジットカードの計画的な利用を心がける

やはり、クレジットカードの使い方は計画的でなければいけません。

利用限度額が多めにあったとしても、全てを使う必要は全く無いのです。

身の丈に合った利用をして、未払いを防いでください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

クレジットカードの利用代金が未払いになると、強制解約や差し押さえになる可能性があります。

将来的に不利益を被ることになりますから、背伸びをせず身の丈に合った利用を心がけましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました