使い方

クレジットカードを整理し解約する際の基準とは?

スポンサーリンク
クレジットカード整理使い方

・クレジットカードを整理するときは、どんな支払いでもこなせる万能なカードを残す!

・ポイント還元率が高く、ここぞで役に立つクレジットカードがおすすめ!

クレジットカードのブランドを分けて、整理すべし!

 

新規入会すると何千円分のポイントがもらえる、その甘い言葉に誘惑され、クレジットカードを作ってしまう。

気付いてみたら、使わないクレジットカードだらけ、整理をしなければ!

でも、クレジットカードを整理するには何を基準にすればいいんだろうか、そんな悩みを持つ人はいませんか?

当記事では、「クレジットカードを整理する際の基準について」を紹介しています。

 

スポンサーリンク

クレジットカードを整理し解約する!

整理する

 

整理解約する基準は、最大限支払いを一本化できるカードを残すのがおすすめです。
そのカードをメインのカードとして、利用するようにすることです。

 

クレジットカードの整理し解約する!

なぜクレジットカードを整理するかという問いに、セキュリティを挙げる人もいます。

確かに、それも大切ですが、カード整理の基準はポイントが貯まりやすく、管理がしやすくなることが重要です。

 

何枚ものクレジットカードを所有していて、それぞれのカードで支払いを行うと不都合な点がいくつもでてきます。

一般的には、水道、ガス、電気、携帯電話など、引き落としのタイミングはバラバラになっていないでしょうか

引き落としがかかった段階で口座にお金がなく、一部光熱費の引き落としができないことも、あるかもしれません。

そのような固定費用にクレジットカードを利用するのは、ポイントが貯まる点では、良いことなのですが、複数のクレジットカードで、公共料金支払いを設定しているのは、非常に損です。

 

それぞれのクレジットカードでポイントは貯まりますが、まとまったポイントにならず、交換可能ポイントにまでなかなか増えてくれません。

そんな悩みも、クレジットカードを整理して、一本化すれば、すべてが丸く収まります。

枚数を絞っておけば、管理もしやすく、ポイントも貯まりやすいです。

整理するメリットはかなり大きいです。

そして利用しないと決めたクレジットカードは、解約です。

数ポイント残っているとしても、思い切って整理解約しないと、結局先延ばしになってしまいますので、注意です。

万が一、年会費が発生するカードで、利用回数が少ないカードを発見したら、すぐに整理解約です。

 

クレジットカードで整理するとき残すのはJCBカードがおすすめ

クレジットカードを整理すると決めたら、できれば残す枚数は、1枚か2枚に絞りたいものです。

一本化できるクレジットカードを見つけるのが、整理する基準になります。

一本化できるとは、1枚あれば、ほとんどの場面で利用できるという意味で捉えてください。

 

おすすめなのは、日本が世界に誇るJCBカードです。

光熱費、電話代、放送料金、新聞、保険料など、固定費のほとんどをカバーしています。

ポイント還元率は、0.5%なので低めですが、別の企業が運営するポイントなどに移行することができます。

家賃などを含めれば、1か月でそれなりの金額が貯まるでしょう。

1年間払い続けたご褒美に、そのポイントで家族でご馳走なんてどうでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードの枚数整理はポイント還元率も基準の一つ

還元率

クレジットカードの枚数を整理するなら、メインとサブの2枚が理想です。

メインカードを、どこでも使えるカードとして整理するならば、サブカードは、ポイント還元率の高さを第一に選択する考え方もおすすめです。

そして、所有するクレジットカードの整理がつき、絞り込めたら、他のカードは早めに解約ですね。

 

整理するときはポイント還元率も基準の一つに考える

新規入会特典が豪華なカードに限って、ポイント還元率が悪い、そんなことがよくあります。

そんなカードは、整理解約する対象ですね。

特定の場所で買い物をする際に、ポイント還元率が一気に高くなるようなカードをお持ちなら、サブのカードとして、おすすめです。

還元率が高くなる特定の場所といえば、オンラインショップがそうです。

例えば、Amazonのカードがそうです。

アマゾンで利用するときは、高くなります。

ネットショッピング専用のカードとして、サブカードにすることで、よりお得にポイントが貯まります。

オンラインショッピングでは、お米やお水など、重い買い物はネットで済ませる人も多いです。

整理する際には、還元率メリットなどの特徴がないカードは、整理解約対象の候補です。

メインのカードは、どこでも使えるカードと考えれば、サブカードには、目立った特徴あるカードを選びます。

どちらに該当しない強みがないカードは、整理解約しましょう。

 

整理し残すカードのおすすめはネットショッピングに強いカード

オリコカード・ザ・ポイントは、ネットでの買い物において強みを見せるカードです。

 

還元率は1%ですが、入会して半年は2%とそれなりの強みがあります。

何といっても、ネットショッピングに、強いのが特徴です。

楽天やヤフーでの買い物になると還元率が何倍にも跳ね上がるのが魅力的です。

貯まったポイントは、その場で交換できるものもあり、小回りが利くカードです。

もう1つポイントなのが、ブランドを選べる点です。

 

メインがJCBカードなら、もう1つは別のブランドにすることが、リスクヘッジにもなります。

Visaやマスターカードなど国際ブランドのものを選ぶようにし、オリコカードの場合はマスターカードが選べます。

年会費は永年無料なので、サブとして持ち続けるには申し分ありません。

 

スポンサーリンク

クレジットカードの整理の前にファイルかケースで保管

クレジットカードの枚数整理をしようとするとき、ポイント還元率など、改めて調べるべきことがたくさんあります。

カードの枚数がたくさんあるのなら、日を改めて、調べる作業から開始する必要があります。

それまでの間は、使用頻度の少ないカードは、ファイルかケースに保管し、つい使ってしまわぬようにしておきましょう。

むやみに複数のクレジットカードを持ち歩くのは、つい使ってしまうリスクと紛失するリスクなどあります。

ファイルやケースに入れて整理保管し、財布の中にはよく利用する2枚程度だけを入れておくようにしましょう。

そして、後日、情報を調べ直して、整理し不要なカードを見つけて解約しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

年会費がかかるクレジットカードをもし何枚も持っているなら、それらを整理し、全部ストップさせましょう。

メインになるカードだけに整理し、サブのカードは年会費無料にする、これだけで節約になります。

メインをカバーするのがサブの役割であり、メインの弱点をサブの長所が補う、これが理想です。

整理をする際の基準は示しましたが、大事なのは、もったい気持ちを捨てて、合理的に整理解約することです。

例えば、2枚しか選べないと自分ルールを設定し、その中で整理を進めれば、納得のいく布陣が組めるはずです。

 

 

関連記事一覧

  1. クレジットカードの使い方と支払い方|まとめ
  2. クレジットカードは管理をキチンとしないと後悔することに
  3. クレジットカードのカード番号を悪用されないために、番号の変更は必要?
  4. クレジットカードのCVC番号とは何か?
  5. クレジットカードの利用明細はWebで見れば十分?
  6. クレジットカードの請求書は領収書の代わりにならないし再発行可能
  7. クレジットカードのアプリで使いやすいのは?安全?家計簿機能って?
  8. クレジットカードの磁気不良はなぜ起きる?再発行なしで復活は可能?
  9. クレジットカードを整理し解約する際の基準とは?(当記事)
  10. クレジットカードの捨て方、それで安全ですか?
  11. クレジットカードが無効になる!?その原因と対処方法について
タイトルとURLをコピーしました