申込・審査

クレジットカードはどこまで信用情報に左右されるの?

クレジットカード信用情報申込・審査
クレジットカード信用情報

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

信用情報は、様々なタイミングで確認が入る

・61日以上の遅延は信用情報に事故として記載される

・携帯電話や奨学金はアウト、公共料金などはセーフになることも

 

クレジットカードを利用する際には個人情報や支払い状況が信用情報として登録されます。

普通に使う分には問題ないものの、うっかり引き落とせないことも。

遅延があったことが記録され、いわゆる傷がつく状態に。

信用情報は、クレジットカードにどんな影響を与えるものなのか。

 

この記事を読めば、クレジットカードが、かなりの割合で信用情報の影響を受けやすいことがお分かりいただけるはず。

では解説してまいります。

 

 

クレジットカードを作っても、様々なタイミングで信用情報の確認が入る

クレジットカード 信用情報

 

金融事故があればブラックリスト入りへ

信用情報の確認は何度も訪れる

信用情報は、クレジットカードを新規に発行する際だけチェックされると思っている人も多いはず。

 

しかし、信用情報をチェックするのは、クレジットカードの新規発行だけではありません。

例えば、クレジットカードの利用枠の増額、更新の際にもチェックが入ります。

そのため、途中で何か問題が発生すれば、急にクレジットカードが使えなくなるなんてことも。

 

1回さえクリアすればそれでいいわけではなく、何年も何回も訪れるモノ。

無茶苦茶な使い方をして延滞などを繰り返せば、当然傷つきます。

クレジットカードの新規発行はあくまでもスタートラインであるコトを知っておきましょう。

 

 

クレジットカード会社からの増額やカードの提案は信用の証

クレジットカード会社から、利用枠のアップやグレードの高いカードの提案が持ち掛けられることが。

 

この場合、信用情報が良好で利用額や頻度もいいから、提案を行います。

その提案を受ける時点で、信用情報は少なくとも良好であるということ。

もちろん提案を受けても誘いに乗らないというのも、消費者の権利としてあります。

とはいえ、クレジットカード会社からその知らせが届くこと自体喜ばしいことです。

 

 

クレジットカードにまつわる信用情報はこんなことで傷がつく

クレジットカード 信用情報 (3)

 

61日以上の延滞は高確率で傷が入るかも

短期間で細かな遅延を繰り返しても危険なことが

信用情報はどんな時に傷がついてしまうのか、必ず把握しておきましょう。

 

61日以上、もしくは3か月以上の遅延で事故として記録。

いわゆる長期延滞とされる日数は、会社によってバラバラです。

ただ61日以上延滞をすれば、事故として扱われる可能性が大なので、注意が必要。

 

では60日以内ならセーフかと問われると、そうとも言えません。

1年に3回など、短いスパンで何度も支払いが遅れればやはり信用情報に傷が。

もしこれがきっかけでクレジットカードを解約されると、返済後5年はそのまま。

次にクレジットカードを作るまでに、結構待たされることになってしまいます。

 

 

携帯電話や奨学金も同様の扱いに

昨今ではスマホの本体料金を割賦払いにするケースが目立ちます。

 

いわゆる24回払い、48回払いのローンなので、支払いを忘れれば信用情報に記録されます。

携帯電話の支払いを忘れて後で大変なことになるのはこのため。

奨学金も同様で、2か月以上の返済の遅れは、やはり信用情報に記録されるハメに。

 

ところが、公共料金や税金といったものは遅れたとしても、信用情報に記録されず。

もちろんクレジットカードで支払っていた人は、結局信用情報に傷が。

月々の支払いは必ず支払う、これが信用情報を傷つけない数少ない方法です。

 

 

まとめ

 

クレジットカードの支払いは、支払い遅延を起こさないようにする、これが大原則。

その中で適度に使っていれば、質の高い信用情報としてローンが組みやすくなるなどします。

 

面倒な印象を信用情報に抱くかもしれませんが、なかったらなかったで大変。

もしなかったら、いくら借りようが何しようが、把握しようがないからです。

ちなみに信用情報機関に連絡を入れれば借入残高などを教えてくれます。

不安な人は一度チェックしてみることをオススメします。

 

タイトルとURLをコピーしました