カードローンの金利

スポンサーリンク

金融

カードローンの金利とは?仕組みやオススメの会社を紹介

カードローンでお金を借りるときには、金利に気をつけましょう。

金利によって求められる利息を支払うことになります。

そこで、今回は金利の仕組みについて説明しましょう。

また、金利の低いカードローンも紹介してまいります。

 

カードローンの金利とは?

カードローン金利

 

金利とは利息を求めるために必要な数字のことです。

利息とは、利子と同じような仕組みであり、手数料のようなものです。

金融機関の利益は、この利息から得ているのです。

 

金利は、元金に対してどのくらいの割合の利息が発生するのかを示します。

金利は年利として表示されている場合がほとんどです。

たとえば、金利が15%であれば、5万円を1年間借りると利息が7,500円発生します。

 

 

金利には法律で上限が決められている

カードローン 金利

 

カードローンは利息制限法という法律による制限を受けています。

金利の上限が法律で定められていて、制限を超える金利を設定するのは違法です。

 

利息制限法による金利の上限は下記の通りです。

ポイント

・借入額が10万円未満の場合 20%

・借入額が10万円~100万円未満の場合 18%

・借入額が100万円以上の場合 15%

 

金利の上限が定められているのは、消費者を守るためです。

不当な金利を設定することを許すと、消費者がお金を返すことができなくなります。

そのため、上限がきちんと定められていて、各カードローン会社は法律をきちんと守っています。

 

 

カードローンの金利の表示に幅がある理由とは?

理由

実際にカードローンの条件を調べていると、金利に幅があることに気がつくはずです。

 

たとえば、『年3.0~18.0%』などと金利が表示されていることがあります。

なぜ幅があるかというと、適用される金利は借入額や限度額などで異なるためです。

 

基本的に多くのお金を借りるほど適用される金利は低くなります。

また、借入限度額の大きい人ほど金利が優遇されて、低い金利が適用されることが多いです。

 

限度額は、申込内容や返済実績によって決まります。

安定した収入があり、たくさんお金を借りてきちんと返済した実績を積むことで、限度額が増額する傾向にあります。

 

 

カードローンの利息の計算方法とは?

計算

カードローンの返済のときに発生する利息の計算方法を理解しておきましょう。

 

基本的には下記の計算式で算出します。

利息の計算方法:借りたお金×金利÷365(日)×完済までの日数

 

たとえば、金利15%で10万円を借りて90日で返済した場合には、下記のようにして利息を求めます。

10万円(借りたお金)×15%(金利)÷365(日)×90日(完済までの日数)=約3,699円

カードローンを利用する際には、どのくらいの利息が発生するのか事前に計算しておきましょう。

たとえ、借入額が少なくても、返済期間が長くなると利息が積み重なっていきます。

 

 

カードローンの金利条件が良い会社を紹介

金利条件

 

各社のカードローンごとに金利は異なっています。

カードローンを選ぶときには、できるだけ利息を抑えたいものです。

 

そこで、金利の低いカードローンを紹介します。

おすすめのカードローンは下記の通りです。

イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%

みずほ銀行カードローン 2%~14%

住信SBIネット銀行 カードローン 1.59%~14.79%

三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%

 

金利には幅があるため、最低金利と最高金利のどちらを重視するかによって、選ぶべきサービスは異なります。

最低金利が適用されるのは、限度額が最高額に達したときのみであることが多いです。

ほかにも、さまざまな条件が設定されていることがあるため注意しましょう。

 

たとえば、住信SBIネット銀行のカードローンでは、限度額が1,000万円を超えたときにのみ、年1.59%の条件でお金を借りることができます。

 

三菱UFJ銀行カードローンは、利用限度額が400万円から500万円以下の場合に、年1.8%~年6.1%となります。

利用限度額の上限が500万円と他社よりも少ないのですが、その分、最低金利の条件を満たしやすいです。

 

みずほ銀行カードローンでは、住宅ローンを利用していると金利を年0.5%下げられるという制度を用意しています。

みずほ銀行の住宅ローンを活用しているならば、カードローンもみずほ銀行にするとお得です。

 

 

カードローンは早く返済しよう

低い金利のサービスにこだわることも大切ですが、そもそも借りたお金を早く返すことができれば、利息の負担を減らすことができます。

ダラダラと返済を続けていると、元金がなかなか減らずに利息ばかり支払っている状況となるのです。

 

これでは、損をするだけであり、いつまでも借金はなくなりません。

毎月、決められた額の返済をするだけではなく、繰り上げ返済も活用しましょう。

お金に余裕があるならば、一気に返済してしまうことをおすすめします。

 

まとめ

今回はカードローンで重要な金利について解説しました。

お金を借りるときの仕組みについて理解できたのではないでしょうか。

この記事を参考にして、金利に注目しながらカードローンを選び、計画性を持ってお金を借りましょう。

 

 

 

カードローン 金利比較

金融

2019/11/7

低金利で利用できるのはどこ?カードローン会社の条件を徹底金利比較

カードローン会社は多数存在しておりますが、どこのカードローンが低金利で利用できるのか分からないという方は多いです。 しかしカードローンを利用するうえでは金利はとても重要な要素のため、出来る限り詳しく知っておきたいですよね。 そこでこの記事ではカードローン会社の金利比較を徹底的に行い、どれくらいの違いがあるのかを紹介していきます。     カードローンの金利比較|金利によって返済負担が大きく変わる!     金利の影響を詳しく紹介 カードローンの利用をしていくにあたっ ...

ReadMore

カードローン金利

金融

2019/11/6

知っておくべき!カードローンの利息と金利計算方法

普段カードローンを利用しているという方でも、利息と金利計算方法について詳しく知っている方は少ないことでしょう。 しかし利息と金利について詳しく知らないままカードローンを利用するというのは、少し危険ですのである程度の知識を得ておくことは必要になります。 この記事ではカードローンの利息と金利計算について初心者でも分かりやすいように解説していきます。 金利と利息の基礎的な事も解説いたしますので、是非お読みください。     カードローンの金利計算と利息の基礎 カードローンの金利計算の基礎 金 ...

ReadMore

カードローン

金融

2019/11/3

カードローンのおすすめはどこ?条件の良い会社を紹介!

これからカードローンを利用する際には、多くサービスから選ばなければいけません。 一体、どれを利用すれば良いのか悩んでしまう人が多いでしょう。 そこで、おすすめのカードローンを紹介します。 各条件についておすすめをピックアップしているため、自分の希望に合ったサービスを見つけやすいでしょう。     カードローンの内容を比較しよう   カードローンを選ぶときには、内容をよく調べて検討しましょう。 それぞれの会社ごとにサービス内容が違います。   そこで、自分が何を優先す ...

ReadMore

スマホ決済 ペイペイ

金融

2019/10/28

スマホ決済のペイペイについてまとめてご紹介!

スマホ決済のペイペイは、2019年8月にとうとう1,000万人のユーザーを獲得しました。 そこで、ペイペイについて改めて特徴や気になる安全性などまとめてご紹介します。   スマホ決済のペイペイってどうなの? スマホ決済ペイペイを運営しているPayPay株式会社は、ヤフーと通信のソフトバンクがタッグを組んで、金融サービスのIT化を目指すスマホ決済の代表格です。   日本では現金支払いの習慣が根強くて現在のキャッシュレス決済率は20%にとどまっています。 政府がキャッシュレス決済比率を20 ...

ReadMore

カードローンの金利

金融

2019/10/27

カードローンの金利とは?仕組みやオススメの会社を紹介

カードローンでお金を借りるときには、金利に気をつけましょう。 金利によって求められる利息を支払うことになります。 そこで、今回は金利の仕組みについて説明しましょう。 また、金利の低いカードローンも紹介してまいります。   カードローンの金利とは?   金利とは利息を求めるために必要な数字のことです。 利息とは、利子と同じような仕組みであり、手数料のようなものです。 金融機関の利益は、この利息から得ているのです。   金利は、元金に対してどのくらいの割合の利息が発生するのかを示 ...

ReadMore

スポンサーリンク

-金融
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.