猫が嫌がるドライヤー

スポンサーリンク

猫が嫌がるドライヤー!上手に乾かすコツは?

2019-10-26

猫はドライヤーだけでなく、大きな音を嫌いますよね。

しかし、お風呂上りに、すぐ乾かしてあげないと、猫は風邪をひいてしまいます。

放っておくことのないよう、スムーズに猫を乾かしてあげられるコツを掴みましょう。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、「猫をドライヤーで乾かす方法」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

猫をドライヤーで上手に乾かす方法とコツは?

猫 ドライヤー (1)

 

嫌がる猫をドライヤーで乾かすのは、飼い主さんにとっても負担は大きいでしょう。

しかし、コツを掴めば、少しは猫と飼い主さんのストレスの軽減に繋がるのではないでしょうか。

では、さっそく猫をドライヤーで上手に乾かす方法とコツをみていきましょう。

 

 

できるだけ短時間で乾かす

ドライヤーを使う時間が、長ければ長いほど猫にストレスがかかってしまいます。

そのため、少しでもその時間を短縮するために、できるだけタオルで拭き取ってあげましょう。

 

乾きが良くなるよう、タオルは複数枚使うことをオススメします。

また、暖かい部屋であれば、自然と乾燥する時間も短くなりますよね。

 

もしも今すぐお風呂に入れつ必要がなければ、暖かい時期に入れることをオススメします。

濡れたまま、猫の体が冷えてしまわぬよう、十分に注意してあげてくださいね。

 

ドライヤーを使う時間が減れば、猫のストレスも少しは軽減されるはずです。

乾かす時は、できるだけ猫の体から離した位置から、風量を抑えて乾かしてあげましょう。

 

 

音を聞こえづらくする

ドライヤーの音を聞こえづらくしてあげるというのも、一つの方法です。

厚めのタオルなどで耳を覆ってあげると、少しは安心してくれるのではないでしょうか。

 

また、この時にタオルで目隠しをしてドライヤー見えなくするというのも良いでしょう。

1人では難しいかもしれませんが、2人がかりで乾かすことができる方にはオススメです。

 

 

ペット用ドライヤーを使う

ペット用ドライヤーを使うという方法もあります。

これは、音が静かな上に、フリーハンドで使えるというもの。

 

また、猫が嫌う周波数が、あまり出ないように作られているものもあります。

人間よりも高い周波数の音が聞こえる猫は、その音を嫌がるのです。

 

ペット用ドライヤーなら、少しは緩和されるのではないでしょうか。

 

布団乾燥機などを使う

ドライヤーと比べると、音が静かな布団乾燥機は、なんと猫を乾かすのにも役立ってくれます。

むしろ、布団が膨らんだりする様子を見て遊び始めたりと、好んでくれることも多いようです。

 

また、ファンヒーターなどでも、猫が好んで側に行ってくれる可能性が高いです。

火傷には注意が必要ですが、飼い主さんにも負担なく、自然と乾いてくれるでしょう。

 

 

ドライヤーを使わない

お風呂も嫌がる上に、その上ドライヤーで乾かすという作業は大変ですよね。

そこで、ドライヤーを使わずに乾かしてあげてはいかがでしょうか。

 

吸水性の良いタオルや、ペット用の乾きが良くなるタオルを使えば、飼い主さんも猫も負担が減るでしょう。

長毛種の場合はなかなか難しいですが、短毛種なら、タオルだけでも十分乾きます。

 

また、水を使わないドライシャンプーで洗う場合も、ドライヤーを使わずに済みますよ。

猫が苦手なこと
猫との日常生活|嫌がること・苦手なこと徹底解明

猫との日常生活で、猫が嫌がることや苦手でストレスをためてしまうことがあります。 少しでも、ストレスがたまらないように、する方法などについて、解説しています。 一緒に暮らしていく秘訣かも、です。 &nb ...

続きを見る

 

 

まとめ

 

猫をお風呂に入れるのも一苦労なのに、ドライヤーというさらなる試練で大惨事ということもあるでしょう。

しかし、乾かす時間を短縮してあげたり、嫌がる原因を減らしてあげることで、スムーズになることも。

 

また、布団乾燥機やファンヒーターなど、ドライヤー代わりになるものを使うのも一つの方法です。

ストレスを軽減させながらを第一に、しっかりと乾かしてあげてくださいね。

猫との日常生活|嫌がること・苦手なこと徹底解明

スポンサーリンク

-
-,

Copyright© ミュウ ジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.