CATEGORY

転職

筆者自身の転職経験と現在の採用面接者の転職経験などから、解説しています。

宅建士という資格|現役の不動産会社社長が解説します

宅建士の資格について、現役の不動産会社社長が解説します。 宅建士はどんな資格なのか。何が出来る資格なのか 宅建士の資格を持つメリットは何があるのか 宅建士の資格を取るためのおすすめの勉強法を知りたい 早速解説していきます。 宅建士はどんな資格なのか。何が出来る資格なのか 一言でいえば、不動産業の仕事に必要な資格です。転職就職には有利です。 宅建士とは、宅地建物取引士の略称です。2014年までは、宅 […]

転職を考える「きっかけ」は何通りもあるが、転職すれば解決するのか

転職の「きっかけ」は、調べてみると、人の数ほどあるのではないかと思うほどです。 それって転職することで解決するのだろうか。 深掘りしてみます。 転職を考えるきっかけ 仕事の内容などは就職活動中では分かり難いことがことが多いため、入社してから自分には向いていないと考えてしまう。 アルバイトなどを通じて内容を知っていて働いていた会社だったが、正社員として入社すると今までの仕事内容とは違う部署などに配属 […]

転職して年収アップ希望 資格持ってないなら不動産業がいい

転職する理由って、「年収アップ」ではないのですか? 残業がない会社に行きたいからですか? 休日を週に2日欲しいからですか? いい先輩や同僚に囲まれて仕事をしたいからですか? 年収(給料安)低いのでアップさせたい理由はないですか? 転職を考える本当の一番の理由はなんなのでしょう。 転職して年収アップ希望なら仕事はきついけど不動産業 何か専門性ある資格を持っている人であれば、別です。 しかし、特に専門 […]

転職で失敗・後悔しないための会社・職種の選び方

現在働いている会社を辞めて、転職という考えが頭に浮かんできた時。 そんな時には、今の仕事から距離を起きたいという事で頭がいっぱいになってしまいやすくなります。 もしより良い新天地を見つけようと考えるのであれば、心の中にある自分自身の気持ちを整理し再認識する事が大切です。 転職したい原因・理由を明確にする。失敗・後悔しないため 現在在籍している職場に対する不満の内容や解決するために退職の必要性がある […]

MOSという資格 本当に就活に有利なのか

MOSという資格について、就活生は当然知っていると思います。マイクロソフトオフィスを使うスキルを証明する資格のことですね。MOSの資格受験する人は、今でもいるのでしょうか。本当に就活に有利ですか。筆者は、採用する立場にいますが、有利な資格だと思っていません。

転職して給料(年収)は上がるか、下がるか。上がるには何が必要

転職すると給料(年収)は下がる 転職して給料(年収)が上がることはないのか 転職して給料(年収)を上がることはないのか 転職して給料は上がるか、下がるか。上がるには何が必要か 転職の理由は、様々だと思いますが、給料は下がる前提でなければ、辛いことがあったとしても、簡単に退職はしない方が良いです。 転職をして給料が下がった、という話がネットのあちらこちらにあります。 果たして実態はどうかといえば、世 […]

転職する時期によってはボーナスはもらえない

転職する時期によっては、ボーナスはもらえるのか、もらえないのか。 もらうときにはどんな注意が必要か、解説します。 転職する時期を考慮してボーナスをもらう注意点 ポイントは、2つあります。 一つは、就業規則に書かれている内容です。 もう一つは、退職する意向をいつの時点で伝えるのかです。 就業規則のポイントについて 先ず、ボーナスは賃金ではないことに注意して下さい。 ボーナスは、特別手当であり、賃金で […]

宅建士は独学で合格できる・初心者でも可能

宅建士は独学で合格できる・初心者でも可能 筆者は30歳の時、2回目の宅建士(当時は宅建取引主任者)試験で合格しました。 合格するという本気を持って、勉強時間をきちんと確保して、毎日3~4か月努力を続ければ、誰でも合格できると思います。本当にそう思います。 経験者として解説します。 宅建士は素人でも独学で十分合格できる。 本気で合格したい気持ちを強く持っていれば、独学でも合格できます。 独学のやり方 […]

転職に失敗。どうする?3つの選択

・転職にしたときの選択肢は3つ ・何故転職は失敗したのか ・転職で失敗しないために大事なこと 転職をしたが、思っていたことと違うとき、失敗したと感じたときに、どうするか? 選択肢は3つあります。 そして、何故転職は失敗したのか、転職で失敗しないために大事なことは何かということも、重要な事です。   自分自身も転職経験者であり、現在は会社社長として社員を雇用する立場にいる筆者が解説します。 […]