転職の手順を間違えたと後悔しないために

スポンサーリンク

転職

転職の手順を間違えたと後悔しないために

転職手順を間違えている人は、意外に多いのではないか。

その結果、退職がスムーズに完了しなかったり、次の転職先がうまく決まらなかったり、など予定外のトラブルや悩みを抱えてしまうと聞きます。

それは、転職手順を間違えた可能性があります。

この記事では、転職手順と注意点について、解説してまいります。

あとで、失敗したかも、と思わなく良いように、参考にしてください。

筆者は、転職コンサルタントではありませんが、40年間に自分自身の転職が5回と起業をしています。

それらの経験を踏まえて、解説いたします。

 

転職の手順を間違えないために

転職の手順

転職の手順を間違うと、悩みやトラブルを抱えることがあります。

 

・退職希望日に、スムーズに退職できない。

・退職はしたが、次の転職先が決まらない

 

その結果、せっかく決まっていた次の転職先への入社がスムーズでなくなる、無職期間が数ヶ月(長い人だと1年以上)になってしまうなどの困った状況になってしまいます。

 

 

手順の1|本当に転職をすべきなのかを整理する

転職したいと思うきっかけは、様々です。

ただ、大きく分けると、2つになります。

それは、「辞めたい」と「次のステップへ上がりたい」です。

 

手順の1は、その原因をきちんと整理(分析)することです。

ここが曖昧ですと、のちに失敗につながります。

感情的に考えるのは、NGです。

転職するか、続けるか|迷い|会社社長が解説
転職するか、続けるか|決断と迷い|会社社長が解説

人生には、転職しようかという迷いを持つことが、幾度となくあります。 筆者にも、同じ経験があります。 ただ、転職を考えるきっかけによっては、現状で改善できないかをトライしてみた方が良い決断の場合もありま ...

続きを見る

 

 

辞めたい

辞めたい原因(理由)は、なんですか?

労働環境・給料・向いてない・人間関係・・・、なぜ辞めたいのか、をよく整理分析することです。

現状で、改善できないのか、どうか。

なるべく、冷静に、客観的に、分析してみてください。

 

重要なことは、退職し次の職場を見つけて、転職したとしても、今回の「辞めたい原因」が、必ず改善される保証がないということです。

世の中に、これだけ多くの転職する人と転職サイトがあるという事実は、その証拠です。

どんな会社も、全てが良いという職場は存在しない、と考えた方が良いです。

 

「辞めたい」という意志が、感情を伴っている時、「この職場より悪いところはない」なんて、考えてしまいがちです。

現実はそうではないです。

似たような会社・職場は、世の中にものすごくたくさんあります。

 

次のステップへ

給料であったり、仕事のやりがいを、もっと上のレベルへ、希望する人もたくさんいると思います。

 

具体的に、何を目標とするのかを具体的に持っておくべきです。

そして、仕事は「教えてもらうものではなく、自ら教わるもの」であることを、理解しておくことです。

 

転職先の情報は、外からしか見えません。

だいたい、良いところしか伝わってきません。

例えば、給料の高い会社、社会貢献が明確であり働きがいを感じられそうな職場、として見えていたとしても、そこへ行けば全員がそうなるわけではありません。

 

必ず、自ら上を目指して行動する人にしか、その体験はやってきません。

転職すれば年収は下がる|残念ながら事実だが例外もある
転職すれば年収は下がる|残念ながら事実だが例外もある

転職をすれば年収は下がる。 一般的にはそういうケースの方が多い。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・年収が下がることはない転職もある。 ・年収が下がらない転職では当然 ...

続きを見る

 

 

手順の2|転職活動開始

手順の2は、会社に退職意思を伝える前に、転職先を見つけることです。

 

先に、退職をしてしまっては、いけません。

ちょうどよく、転職先が決まらなければ、最悪無職で過ごす時間ができてしまいます。

無職期間は、転職先に対して、悪い印象を持たれます。

この手順の2では、必ず転職先を見つけることです。

 

今は、様々な情報サイトや、転職エージェントもあります。

転職エージェントは積極的に、活用した方が良いです。

入社2年目で転職したくなったときの3つの対処法
入社2年目で転職したくなったときの対処法

入社してまだ2年目だが、思い描いていた環境ではなかった場合どうすればいいのでしょうか。 思い切って転職をするべきでしょうか? 入社2年目の方が、転職をしたくなったとき、どういった対応を取ればいいのでし ...

続きを見る

 

 

応募

応募という手順は、具体的には会社を見つけたら、履歴書を送って、応募することです。

履歴書および職歴書には、自分の能力をなるべく具体的に書くことです。

そして、なぜその会社へ転職希望しているのか=志望動機を具体的に明確に、書くことです。

 

どのくらいの気持ちの強さで、当社へ入社したいと思っているのだろう、という視点で履歴書は見られています。

 

面接

書類選考が通れば、次は、面接です。

重要なのは、やる気と熱意です。

そして、その会社への研究をして面接に向かうことです。

ここが甘いと、やる気だけの人、と見られたり、ただ就職したいだけの人と、見られてしまいます。

 

次に、現在在職中で、新しい職場に出社できるのは、1ヶ月後以降になることを明確に伝えてください。

転職のきっかけ
転職のきっかけは何?ハラスメント?残業?年収?人間関係?やりがい?将来不安?

転職しようと思ってるきっかけは何ですか? このサイトでは、あなたが転職しようとする考えを、考え直すように引き止めるものではありません。 また、もちろん退職をお勧めするつもりもない。   少し ...

続きを見る

 

 

手順の3|退職届

採用が決まってから、自分が所属する部署の上長(管理者)に、必ず書面(退職届)を持って、意思を伝えます

 

まず、口頭で伝えようと思う人がいるようですが、それでは引き止めにあったりして、次の転職先へスムーズに移れなくなります。

それから、書面で提出することで、意思が明確に伝わります。

また、退職届には、日付が書かれていますので、具体的な意思として伝わります。

 

口頭だけですと、上長からすると、「相談事」として受け取られる可能性があります。

この手順では、必ず書面で提出することです。

 

必ず退職希望日の1ヶ月以上前に、提出することです。

就業規則では、一般的に「1ヶ月以上前に」と明記されています。

口頭での伝達だと、この辺りも曖昧になってしまいます。

重要な手順として、必ず書面で伝えることです。

 

会社は、書面で提出されると、就業規則に則って、受領せざるを得なくなります。

口頭だと、日付が曖昧になります

「自分は2ヶ月に上司に伝えました」に対して、会社は「きちんと退職したいと言われたのは、2週間前だ」なんてことになりかねないのです。

 

口頭だと、明確な意思伝達があったとみなされないことがあります。

その結果、「ギリギリになってから、いうな」などと言われるような、予想外のトラブルに発展してしまいます。

 

口頭で伝えたから、「もう会社にはいかない」などの判断もいけません。

これをやると、退職理由が「本人都合の退職」ではなく、「無断欠勤による懲戒解雇」などとされてしまいます。

大手企業へ転職。成功のポイントとは?
大手企業へ転職。成功のポイントとは?

中小企業で仕事をしていると、給与等に不満があり、大手企業への転職を考えることがあります。 そこで、大手企業への転職を成功させるためには、どういった点に気を付ければいいのでしょうか。   ポイ ...

続きを見る

 

 

手順の4|引き継ぎ

引き継ぎは、退職日までは、社員であったものの義務です。

手順の4は、最後の仕事だと思って、きちんと引き継ぎをすることです。

それは、次の人が決まっていれば、その人に直接でもいいですし、書面に残して上司に面談説明でも良いです。

書面だけ渡して、逃げてしまうのは、いけません。

 

中には、自分の解釈のもと、「引き継ぎ内容を紙に書いて、上長の不在中に、机に置きそのまま、連絡を絶ってしまう」という事例を聞いたことがありますが、これもいけません。

もし、会社が対決の姿勢を示した場合、大きな問題に発展してしまいます。

または「無断欠勤」の扱いをされる可能性があります。

転職出戻りには覚悟が必要|会社社長が解説
転職出戻りには覚悟が必要|会社社長が解説

転職をしてみて、前の職場に未練を感じる人は少なくないようだ。 そんな時に、偶然、前の職場の人にあったりすることがある。 転職した会社に、不満や物足りなさを感じている時だと、前職への出戻りの気持ちが高ま ...

続きを見る

 

 

手順の5|有給休暇

有給休暇を誤解している事例があります。

この手順は、大事です。

間違うと大きな損失になります。

 

勤続月数から、自分には権利があるとして、上長の了解なく、休んでしまうケースです。

これは、最悪の手順です。

 

有給休暇については、確かに権利はあります。

しかし、それを実行するには、上長の承諾が必要です。

中には、自己解釈のもと、有給休暇と称して、届けもせずに休んでしまい、連絡を絶ってしまう人もいます。

これは、「無断欠勤による懲戒解雇を」を言い渡されても、仕方がない状況になります。

絶対にやってはいけない手順です。

なぜなら、転職先からの指示により、退職した会社から書面を受領する必要が出てくる場合に、非常に困りますね。

また、もし懲戒解雇となれば、履歴に残りますから、決まっていたはずの退職先が、採用取り消しをする可能性もあるからです。

転職時に自己分析しても意味がない|会社社長が解説
転職時に自己分析しても意味がない|会社社長が解説

転職時に、自己分析する人は多いと思います。 ・自分がどんな仕事に向いているのか、分からないから、自己分析すれば・・・ ・面接まで進んだ時のために、自己分析をして、自分の強み・弱みを知っておいたほうがい ...

続きを見る

 

 

手順の6|必要書類の受領

次の転職先に提出する書類(雇用保険被保険者証など)を受け取り、退職に関しての手続きは終了となります。

 

次に、選ぶ職種によりましては、退職証明など、前会社にお願いをして作成してもらう書面があります。

円満退職ができていないと、そのような手続き関係にも苦労することになります。

異業種への転職は「35歳まで」は、正しい|会社社長が解説
異業種への転職は「35歳まで」は、正しい|会社社長が解説

転職考え中のあなたへ。 同業他社が希望ですか?それとも異業種への転職を検討ですか? かなり以前から言われていることに、こんな質問があります。 「異業種への転職の場合、早い方がいいのか」 「異業種転職す ...

続きを見る

 

 

失敗

転職

2019/11/29

徹底解明|転職の失敗について|会社社長が解説

色々考えて転職した。 しかし、実際に転職してみると、想定外のことが起きたりします。 「失敗したかな」と思うこともあります。 もし、今そんな気持ちがあるのなら、何か役に立てる事があるかも知れません。 会社社長が解説しています。     転職失敗した理由は?どうするのが良かったのか 転職を失敗した理由は、なんだったのか? 次回の転職ためにも、よく考えておきたい。     保育士の転職。成功と失敗の選択 保育士の仕事はやりがいがある一方で、大変な仕事でもあります。 そのた ...

ReadMore

転職 (2)

転職

2019/11/29

徹底解明|転職をするきっかけは何だったか?

もちろん、人によるだろう。 しかし、人生には、転職しようかという迷いを持つことが、幾度となくあります。 ただ、転職を考えるきっかけによっては、現状で改善できないかをトライしてみた方が良い場合もあります。 最初のきっかけは?     転職するか、続けるか|決断と迷い|会社社長が解説 転職するか・・・・・ 突然の人事異動で転勤の内示があったとき? 営業成績の低迷で辛くなってきたとき? あるいは、職場の人間関係に疲れてきた・・・     転職のきっかけは何?ハラスメント? ...

ReadMore

転職対策

転職

2019/11/28

転職面接の全てを対策するガイド|会社社長が徹底解明

会社社長の立場から解説しています。 ですので、転職サイト等よりも、少し現実的な対策についてアドバイスしています。 あなたの次の転職面接の対策になれば幸いです。     転職面接で自己紹介・相手が聞きたいことは 自己紹介で、面接官が聞きたいことは、前職の実績よりも、苦労されたときの話の方が、人柄が伝わります・ 実績の数字だけを聞かされましても、いいのか悪いかは、面接官に判断がつきません。 また自己紹介では、熱意を込めて志望動機について話すのは、良いです。     転職 ...

ReadMore

転職は在職中に行うのが良い理由

転職

2019/11/22

転職は在職中に行うのが良い理由

ポイント この記事でお伝えすることは、次の通りです。 ○退職してから転職活動をするメリットとデメリット ○在職中に転職活動をするメリットとデメリット   在職中で転職を考えている人の悩みは多いかと思います。 転職先が決まるのか、今より好条件の会社に転職できるか、採用後は円満に退職出来るか……。 「転職活動をし始める時期はいつが良いか」という悩みや、 「在職している会社に転職する事をいつ伝えるか」という問題も出てくるのではないですか。 退職のタイミングは転職の成功、失敗を左右します。   ...

ReadMore

転職理由トップ10

転職

2019/10/28

転職理由トップ10|転職して目指したい物事

なんのために転職するのか。 時々見失っていないだろうか。 以下のポイントは、厚生労働省のデータおよび転職サイトのリクナビやマイナビのデータから抽出したものです。 ポイント やはりお金が大事です。年収を上げたい。 お金よりも、家族と一緒にいるための休日が欲しい。 仕事内容のキャリアアップを目指し、高みを目指したい もっと営業(販売)のスキルをみがきたい お客さんに喜んでもらえることでやりがいを感じたい やりがいや働きがいを何かによって感じる事を目指している 年収1,000万円を目指しているか(1000万は例 ...

ReadMore

 

 

 

スポンサーリンク

-転職
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.