使い方

クレジットカードのキャッシング|かしこい利用方法

キャッシング使い方
キャッシング

 

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・基本的に一括返済できる時だけ利用する

・リボ払いは絶対に用いない

・利用するのは海外旅行だけにする

 

クレジットカードには便利な機能として、キャッシングがあります。

簡単に言えば借金ができるのですが、怖がっている人が少なくありません。

でも、キャッシングも賢く使えば、非常に便利な機能と言えるでしょう。

 

この記事を読めば、クレジットカードおいて、いかにキャッシングを活用すればいいかお分かりいただけるでしょう。

では解説してまいります。

 

 

クレジットカードのキャッシング|かしこい利用法

クレジットカードでキャッシングを活用する際は、一括返済できるかで判断べし

 

ショッピングよりも金利が高い。早めの返済前提で利用すべきです。

 

クレジットカードのキャッシングのやり方

手元にお金がないときに、急な現金の必要ができてしまった時など、提携金融機関・コンビニのATMで、暗証番号を入力すれば、簡単に現金を借りることができます。

手順は、金融機関のキャッシュカードで口座からお金を引き出すやり方とほとんど同じです。

少し違うのは、返済方法について、ATMの画面で選択してタッチすることです。

それが、クレジットカードのキャッシングの方法です。

 

いくら借りられるかは、クレジットカードを申し込んだ時か、その後の手続きによって、ショッピングの上限額とは別にキャッシング枠が設定されています。

キャッシングの利用を特に希望していない場合は、キャッシング枠の設定がされていない状態です。

つまり、キャッシング機能は使えない、ということになります。

 

クレジットカードの申し込みをする際には、キャッシング枠を設定する場合、審査基準も厳しくなります。

 

クレジットカードのキャッシングの使い方|注意点

クレジットカードのキャッシングでは、使い方に注意が必要な点があります。

 

通常のショッピングでは、分割払いの選択があります。

お店の方に、「回数は何回にしますか」と聞かれます。

回数は、クレジットカード会社によって、決まっています。

 

しかし、クレジットカードのキャッシングの場合、通常2択しかありません。

翌月1回払いかリボ払いです。

また、ショッピング場面でクレジットカードを使う場合、1回払いは通常手数料は無料になっています。

しかし、キャッシング場面でクレジットカードを使う場合は、リボ払いはもちろんですが、1回払いでも、金利手数料が発生します。

 

金利は、一般的に、年利15%〜18%ほどが設定されています。

決して低くはない金利になりますので、注意が必要です。

 

 

クレジットカードのキャッシングではリボ払いは極力しない方がいい

クレジットカードのキャッシングを利用する場面で、1回払いかリボ払いを選択します。

ただし、リボ払いは極力しない方がいいです。

リボ払いでは、数十万円分のキャッシングを利用しても、毎月1万円ずつ返済できるケースもあります。

 

一見すると、返済が楽なイメージがありますが、その分返済は長期になります。

少額の返済を続けるようにした場合、「なかなか残高が減らないなあ」と、感じることになってしまいます。

 

リボ払いとは、「残高スライド元利定額方式」という返済方法です。

リボ払いは、聞いたことがあるが、残高スライド元利定額方式は、知らないという方も多いと思います。

そこで、簡単にシミュレーションで解説をいたします。

 

<参考例>20万円を、金利18%で借りたとします。

1)1回払いで返済した場合、返済額は、20万3,023円になります。

つまり、年利18%の1ヶ月分の利息が「3,023円」、ついたということになります。

2)リボ払い、つまり残高スライド元利定額方式で、返済する場合

例えば、毎月3万円ずつ返済していく場合、完済するまでに、7回の支払いになります。

7回目は2万円に満たない端数の金額を支払うことになります。

支払い総額は、21万2,298円になります。

金利の合計は、1万2,298円にあります。

3)同じく20万円を同じ金利で借りて、リボ払いで、毎月1万円を返済した場合は

完済までの返済回数は、24回にもなります。

支払い総額は、23万9,562円にもなります。

借りた金額は、20万円でしたが、返済のために、金利分を4万近く払うことになります。

 

クレジットカードのキャッシングでリボ払いをした場合、繰上げ返済がおすすめ

上記のシミュレーションで、わかりますように、リボ払いで、低額の返済を続けていると、金利分が大きな金額になってしまいます。

ですので、クレジットカードのキャッシングを利用する場合、返済は可能であれば、1回払いを選択することです。

借りる金額によって、もし1回払いの返済が困難な場合には、繰上げ返済も併せて返済をすることをおすすめします。

 

リボ払いがもし1万円や2万円という定額の設定がされている場合、利用者は、都度自由に返済額を変えることはできません。

変更するには、クレジットカード会社への変更手続きが必要になります。

ただ変更することも、何度も繰り返すのは大変ですし、カード会社によっては、対応の違いが予想されます。

むしろ、まとまった金額の返済が可能な場面になった時に、繰上げ返済をする方が現実としては実行しやすいです。

繰上げ返済をするときの注意点は、毎月のリボ払いの金額とは、別に返済するということです。

今回は、リボ払いの金額よりも多く返済したのだから、リボ払い分がなくなるわけではありません。

 

 

 

クレジットカードにおけるキャッシングを活用できるのは海外旅行

クレジットカードにおけるキャッシングを活用できるのは海外旅行

 

両替の必要性がなくてお得て便利

 

余計な現金を持たずに旅行ができる

パスポート以上に大事なのがクレジットカードと言われています。

現金は奪われてもクレジットカードだけは奪われてはいけないと考える人もいるほど。

 

クレジットカードさえ持っておけば、余計な現金を持たなくても旅行が出来ます。

Visaなど複数の国際ブランドのクレジットカードを使えるようにすれば、よほどのことでない限り、使えるはず。

 

キャッシング枠を使ってお金を出せて、両替所のレートを気にしなくて済むのもクレジットカードの魅力です。

金利はかかりますが、両替所のレートで相殺できるので、オススメです。

 

 

あまり知らない通貨ほどキャッシングがお得

ドルやユーロなど誰もが知る通貨は、需要もあるのでギャップは生じにくいモノ。

 

しかし、あまりメジャーではない通貨は需要も少なく、両替所での手数料はかかりやすいでしょう。

そうなると、キャッシングを利用した方が安上がりというわけです。

 

また、早めにキャッシングの返済を行えば、それだけ利息も減ります。

旅行に行く時は、両替所の手数料などを考慮しておくと、お得に現地の通貨を確保できるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

もしクレジットカードにおけるキャッシングが不安なら、枠を撤廃するのがオススメ。

 

そうすれば審査も通りやすくなり、不正利用の心配も少なくなります。

しかし、緊急時の備えも必要であり、一括返済できるかどうかで考えれば大丈夫。

あれば絶対に使ってしまうという人は、キャッシング枠を作らなければいいだけのこと。

とはいえ、キャッシングできた方が便利なので、賢く、限度を踏まえて利用すれば問題ありません。

 

タイトルとURLをコピーしました