クレジットカード ポイント

クレジットカードで貯まったポイントの使い方と交換方法を学習する

この記事でお伝えすることは次の通りです

クレジットカードポイントのため方

・貯めたポイントの有効な使い方と注意点について

 

 

「クレジットカードは作ったけど、ポイントの使い方がわからない」

「沢山ポイントを貯めていたのに、いつの間にか全部消滅していた!」

ということ経験したことありませんか?

 

クレジットカードを作る時にポイントの詳しい説明を聴いたり読んでいなかった。

軽い気持ちでクレジットカードを作ったので、ポイントについて深く考えていなかった。

このような方は、何にも知らないと結果的に損してしまいます。

クレジットカードのポイントを貯める方法や使い方をもう一度見直しをして、どんどん貯めてお得に上手に使いましょう。

では解説してまいりますね。

 

 

買い物や公共料金をクレジットカード払いにするとポイントが貯まる

買い物や公共料金をクレジットカード払いにするとポイントが貯まる

クレジットカードはショッピングのシーン以外でも、電気やガス、水道料金、携帯電話の利用料金などの公共料金と言われるものの支払いにも利用することが出来ます。

他にも、ETCカードを発行することで、高速道路の通行料金をクレジットカードで決済することが出来て、利用金額の数%がポイントとして還元されるのです。

 

ポイントはどうやって貯まる?

ポイントの貯め方は上記したものが基本になり、利用者に与えられるポイントの割合はカード会社によって異なっています。

各カード会社の公式ホームページには、「ポイント還元率1%」、「200円利用ごとに1ポイント」などと付与方法について細かく記載されており、クレジットカードを使うほどポイントが貯まる仕組みになっています。

カード払いでもらえるポイントや入会特典でポイントがもらえたり、利用実績に応じてポイントがもらえるキャンペーンが行われることもあるので、情報は常にチェックしましょう。

 

ポイント還元率高いクレジットカードを活用しよう

クレジットカードを使うのはポイント貯めるためだけ!というこだわりのある方は、ポイント還元率が高いクレジットカードを積極的に取り入れるべきです!

ポイント還元率は0.5%になっているところが多い中、キャンペーンを除いても1.0%に設定して高ポイント還元を看板にしているクレジットカードもあります。

 

例えば、楽天カードのポイント還元率はいつでも1.0%ですが、楽天市場など楽天が運営しているサイト内で使用すると還元率が一気に3倍に上がります。

スーパーやコンビニ、家電量販店などのお店が発行しているクレジットカードは、ポイント還元率や割引などのサービスの面で他のクレジットカードユーザーと比べると優遇されています。

 

 

ポイントの有効期限には要注意!

与えられたポイントには有効期限があるので、毎月送られてくる利用明細書やWEB明細で必ずチェックしてください。

これを知らないと、沢山貯めてから使うつもりが、いつの間にか消滅してしまっていたなんてことになりかねません。

また、新規入会特典やキャンペーンでもらえるポイントは、期間限定ポイントとして扱うことがあり、通常のポイントよりも有効期限が短めになっていることがあるので特に注意しましょう。

 

 

クレジットカードのポイントは何と交換できる?

 

 

貯まったポイントは、家電などの品物、商品券や電子マネー、利用料金の割引、飛行機のマイルや他のポイントとの交換に利用することが可能です。

自分が今一番欲しい物と交換するのが良いですが、実はそれが損していることもあります。

 

品物との交換は割に合わない

ポイントと商品を交換することも出来るのですが、ポイントと交換するよりも、現金やクレジットカードで購入した方が安く、割に合わないことがあります。

どこでも入手できるような品物は、価格をしっかりと調べておきましょう。

 

 

商品券の使い方は色々

ポイントは全国各地で利用出来る商品券と交換することも出来ます。

しかし、近くに使えるお店がないというケースもありま。

商品券よりも現金が使い勝手が良いと考えるならなら、金券ショップに転売して現金にしてしまいましょう。

金券ショップでの買取相場は、定価の90%程度ですが、それでも現金にすることが出来るので便利です。

 

 

 

まとめ

 

クレジットカードのポイントは還元率が決め手!

・ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶ。

・新規入会特典でポイントがもらえるクレジットカードを選ぶ。

・ポイント倍増キャンペーンなどを積極的に利用する。

 

貯まったポイントは商品券や電子マネーと交換、または買い物に利用するのがお得です。

もう一つは、商品券と交換して金券ショップに転売するのも良いでしょう。

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




クレジットカード ポイント
最新情報をチェックしよう!