クレジットカードの手数料を消費者が払う場合とは?

スポンサーリンク

クレジットカード

クレジットカードの手数料を消費者が払う場合とは?

ポイント

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・一括払いや2回払いでは手数料がかからない

・分割払いは回数に応じて手数料が増える

・お店側が消費者に手数料を請求する行為はダメ

 

クレジットカードを利用する際、消費者が手数料を支払う事があります。

実は条件に応じて、支払わなくてもいい場合が見られます。

できるだけ無駄な出費をしたくない人は、手数料を支払う条件は知っておきたいところでしょう。

 

この記事を読めば、クレジットカードを使用する際の手数料の事が理解できるでしょう。

それでは解説してまいります。

 

 

クレジットカードの手数料は2回払いまでならかからない

クレジットカードの手数料は2回まではかからない

クレジットカードの手数料は2回まではかからない

 

 <結論>2回払いができない場合もあるので注意

 

支払い回数に比例する手数料

JCBを例にとると、クレジットカードの一括払いや2回払いでは手数料が不要です。

 

ボーナス1回払いも手数料がかかりません。

これがリボ払いになると、手数料は実質年率8%から18%になります。

利用残高に実質年率がかかる形ですが、18%となるとカードローンレベルです。

 

分割払いの回数が多ければ多いほど、クレジットカードの手数料は増えます。

支払いに余裕がある人は最低でも2回払い、ボーナス1回払いでなんとかしましょう。

 

実質年率は回数に応じて増えていく

三井住友カードでも、JCBと同様に実質年率が定められています。

 

3回払いから手数料がかかり、実質年率は12%です。

これが5回払いだと13%になり、回数が増えれば実質年率もアップ。

 

JCBだと細かく数字が出ていませんが、どこも同じようなものでしょう。

あとは利率の違いなので、そこまで踏まえた上で、クレジットカードを選ぶのも1つの手です。

 

 

 

クレジットカードの手数料を店側が消費者に請求してはいけない

クレジットカードの手数料 (1)

クレジットカードの手数料

 

 <結論>実はお店によって手数料が異なる

 

リスクがあるところほど、手数料がかかりやすい

クレジットカード決済を行う企業にも、実は手数料がかけられています。

 

この場合の手数料は、お店がやっている内容によって変化する事をご存じでしたか?

多くのお客さんが来るところは低く、回収の可能性が低そうなところは高く、設定されます。

これを少しでも回収しようとお客さんに転嫁する行為はルール違反です。

 

本来であればその時点で指摘するべきですが、ルール違反だと思っていない人がほとんど。

支払う必要のないクレジットカードの手数料を、支払わされることになりかねません。

クレジットカードの手数料がかかると言われた時点で、怪しむようにしましょう。

 

クレジットカード会社に連絡を入れ、その場では現金で支払うべし

明らかなルール違反のため、この事実はすぐにクレジットカード会社に連絡を入れましょう。

 

すぐにでもクレジットカード会社から連絡が入り、何らかの対応をするはずです。

また手数料を支払うよう求められれば、現金に切り替えることをオススメします。

例えば10万円の買い物をした場合、1%でもかかれば1000円です。

 

現金で支払う事にすれば、1000円多く支払う必要がなくなります。

クレジットカードを使うから必要以上にお金を払う、普通に考えればおかしな話。

それを平気でやってしまう店舗側の罪は大きいでしょう。

 

 

まとめ

 

クレジットカードで高い買い物をする場合は、できるだけボーナス1回払いを活用しましょう。

12回払いや24回払いで支払おうとすれば、それだけ手数料がかかってしまいます。

 

クレジットカード会社によっては、ボーナス2回払いで手数料がいらないところも。

分割手数料を負担する企業もあるので、そこを利用してお得に買い物するのもオススメ。

街中で手数料を請求するお店に出会ったら、すぐに通報しましょう。

手数料に詳しくなれば、余計な支払いはしなくなるはずです。

 

 

no image

クレジットカード

2019/11/19

食べ方でダイエットに有効な食材を紹介

ダイエットというと、「食べてはいけない」イメージがあります。 でも、食べ方によっては、ダイエットに効果的な食材がたくさんあります。 この記事では、まとめて紹介しています。   ドライフルーツ ドライフルーツ ドライフルーツは、ダイエットを成功させるのに欠かせない食べ物です。 その理由は、ダイエット中に不足しがちな栄養をシッカリと摂取できるから。   ダイエット中は食べる量を減らしている人は多いでしょう。 その結果、毎日摂取しなければならない栄養が不足しがちになります。 特に、ビタミン ...

ReadMore

クレジットカード セキュリティコード

クレジットカード

2019/11/18

クレジットカードにおけるCVCっていったいなに?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・CVCはクレジットカードに書かれている数字の一部 ・実在しないクレジットカードで取引できないようにする ・CVCがなくても決済自体はできる   皆さんは、CVCという言葉をご存じですか? クレジットカードに関する言葉であることは間違いないですが、CVCってなかなか聞きなじみがありません。 実はクレジットカードを利用するユーザーにとっては非常に重要な役割を果たしています。   この記事を読めば、クレジットカードにおけるCVCがどの ...

ReadMore

クレジットカード nanaco (1)

クレジットカード

2019/11/17

クレジットカードとnanacoを1つにするメリットってあるの?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・いちいちnanacoへの入金をする手間が省ける ・土日に入会すれば1000ポイントもらえる ・公共料金の支払いでもポイントが貯まる   キャッシュレス還元でコンビニでキャッシュレス決済を行えばいくらか還元されます。 セブンイレブンでnanacoを使えば、2%の還元だけでなくnanacoポイントもつきます。 クレジットカードとnanacoをセットにしたクレジットカードもありますが、果たしてメリットはどこにあるのか。   この記事を ...

ReadMore

クレジットカードをまとめる (2)

クレジットカード

2019/11/15

クレジットカードを1枚にまとめるべき人にはどんな特徴が?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・年会費分を回収できる程、1枚1枚で使いきれていない ・クレジットカードごとの使い分けができない ・入会特典にしか興味がない   1人でクレジットカードを何枚も持つ人がいるものです。 使いこなせる分にはそれでいいですが、全員がそのような人ではありません。   1枚にまとめるべき人もおり、どのような人がまとめるべき人なのか。 まとめるかどうか悩んでいる人には知っておきたい部分でしょう。   この記事を読めば、クレジットカー ...

ReadMore

クレジットカーで ゆうちょ

クレジットカード

2019/11/12

クレジットカードをゆうちょ銀行で作るとどんなメリットがある?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・ゆうちょはキャッシュカードと兼用になっている! ・若者向けのクレジットカードも用意されている! ・還元率が高くないので要注意!   日本最大の銀行で、安心感を与えるところとはどこか、皆さんは答えられますか? ゆうちょ銀行と聞いて、確かにそうかもしれないと思われた方も多いはず。 小学校の数と郵便局の数は同じと言われる程、地域に根付く郵便局。 そのゆうちょ銀行が発行するクレジットカードとはどのようなものなのか。   この記事を読めば ...

ReadMore

スポンサーリンク

-クレジットカード
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.