使い方

クレジットカード決済って? 今こそ知っておくべき意味

スポンサーリンク
クレジットカード 決済使い方

消費税増税に合わせ、キャッシュレス決済が、ますます加速しています。

キャッシュレス決済の代表格とも、言えるのがクレジットカードです。

 

今では、スーパー、コンビニでのお買い物や食事でのお会計など、日常生活には欠かせません。

もちろん、ネットショッピング決済にも、クレジットカードは、欠かせないものとなっています。

普段当たり前のように、使っているクレジットカードです。

決済の仕組みについては、あまりわからず、利用されているのではないでしょうか。

クレジットカード決済の仕組みや、知っててお得な情報について、わかりやすく説明して行きます。

 

スポンサーリンク

クレジットカード決済って何?

クレジットカード 決済

クレジットカード決済とは、簡単に言うと「立替払い」の事を指します。

 

現金払いの場合、商品と引き換えに代金を支払います。

知ってのとおり、クレジットカードを利用して、商品を買った場合は、違います。

商品を受け取っても、まだお金のやりとりは発生していません。

 

クレジットカード決済とは、立替払いのことです。

まず、商品を買った(カードを利用した)と言う情報が、クレジットカード会社に届きます。

次に、カード会社が買った人の代わりにお店に代金を支払います。

これが、クレジットカードで決済することの、仕組みです。

 

商品を買った人には、カード会社から後日請求が届きます。

買った人は、カード会社に支払いをします。

 

買った人が、お店に支払っていると思ってしまいます。

しかし、実際には、購入者がお金を払うのは、カード会社に対してです。

カード会社が、顧客と商品のお店との間に入って、お金のやり取りを行っている。

これが、クレジットカード決済の仕組みです。

 

決済代行会社が、関わるカード決済も有ります。

ネットショップなどは、決済代行会社の仕組みを使っている事が多いです。

利用明細書には、お店の名前ではなく、決済代行会社の名前が表記されます。

 

 

決済に手数料は必要なのか?

クレジットカードを利用した時に、手数料が必要になる場合が、有ります。

 

一括(一回)払いでは、通常無料です。

リボや分割払い時には、手数料が必要になって来ます。

手数料は、各カード会社によって違います。

事前に、調べておいた方が良いでしょう。

 

居酒屋やスナックと言った「夜のお店」では、例外です。

一括(一回)払いでも、手数料がかかる事が有ります。

正しい意味での手数料ではないグレーゾーンですが、余計なトラブルに巻き込まれないよう、事前の確認をしておきましょう。

 

 

決済日と引き落とし日 意味は違う

クレジットカードの決済日とは、「締め日」の事であります。

カード会社に、支払いを行う日の事では有りません。

 

例えば、「5月1日から5月31日までの利用分を、翌6月20日に引き落とし」というばあいです。

この場合は、5月31日が決済日(締め日)になります。

6月20日は、支払い日(引き落とし日)となります。

決済日(締め日)は、カード会社によって異なります。

決済日までの1ヶ月間の利用に対して、計算されるのが一般的です。

 

 

タッチ決済で不正利用防止

以前は、クレジットカードで支払いをする時、カードをお店の人に渡していました。

お店の人は、磁気テープ部分を端末にスライドさせ、瞬時にカード会社の承認を得ていました。

最近では、端末にタッチするだけで決済が完了する、タッチ決済が増えて来ました。

 

タッチ決済のメリットは、クレジットカードの不正利用防止です。

クレジットカードで支払いする時、カードを店員に渡すことのセキュリティ不安がありました。

この時に、クレジットカードの情報を盗み出す、という被害が発生するようになりました。

スキミングと呼ばれるモノで、不正利用されていたのです。

 

タッチ決済であれば、カード所有者本人が決済します。

スキミング被害にも、あわなくて済みます。

タッチ決済を行うのには、タッチ決済可能なカードである必要があります。

更に、端末自体がタッチ決済に対応していないといけません。

お店側の方も、ICタイプタイプの端末が増えています。

 

 

決済後にキャンセル出来るのか?(楽天カードの場合)

クレジットカードで買った商品を返品するなど、決済のキャンセル方法について、説明します。

今回は楽天カードを例にしています。

カード決済のキャンセルは、カード会社ではなく商品を購入したお店に連絡をします。

 

楽天カードではご利用月の翌月5日までにキャンセル情報が届けば、翌月の引き落としには反映されません。

6日以降に情報が届くと一旦引き落としされますが、次回の引き落とし日に差額が返金されます。

但し、お店からのキャンセル情報が楽天側にいつ届くかで異なって来るので、確認が必要です。

 

クレジットカードで決済できない! 理由は?

クレジットカードで決済できないのには、いくつかの理由が有ります。

一般的には、カードの磁気不良・カードの有効期限切れ・暗証番号を忘れた・間違えた・利用限度額オーバー・お店側の端末の不具合も有ります。

暗証番号は複数回間違えるとロックがかかってしまい、解除には郵送等で再申請しなければならず日数もかかりますので、特に注意が必要です。

 

スマホでのクレジットカード決済方法

スマホでのクレジットカード決済も便利でお得な機能です。

スマホで決済する場合、決済アプリの登録を事前に済ませておく必要が有ります。

様々なアプリが有って、どれを選ぶか迷ってしまいますが、持っているクレジットカードと「紐付け」出来るかが重要です。

また、特定のカードでしかポイントが付与されない場合も有り、何が自分に取って一番お得で使いやすいスマホ決済アプリなのか、じっくり調べておいた方が良さそうです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

クレジットカード決済について説明して来ましたが、使いやすさばかりに目を奪われついつい使いすぎてしまい、支払い日に残高不足になってしまうと言う事は避けたいもの。

計画的に、そしてお得に利用して行きましょう。

 

 

  1. クレジットカードの使い方と支払い方|まとめ
  2. クレジットカードの支払い|覚えておくべき事
  3. クレジットカードの返金って? 知っておくべき処理方法とは
  4. クレジットカードの引き落とし日朝一で入金すれば間に合う!
  5. クレジットカードの支払日に遅れそうな場合の対処法!
  6. クレジットカードの過払い金対象はキャッシング枠のみ!
  7. クレジットカードの支払い方法をレジで聞かれる度に
  8. クレジットカードで納税するなら納税証明書に注意!
  9. クレジットカードのリボ払い、あえてメリットを挙げるなら?
タイトルとURLをコピーしました