仕組み

クレジットカードの仕組みを覚えておこう!得になるヒントがある

スポンサーリンク
マイル還元率仕組み

日常生活に便利なクレジットカードの仕組みを、今一度覚えておきましょう。

知らずに使っていて、損をしているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

マイル高還元率が素晴らしいクレジットカード!

マイル還元率

クレジットカードを利用することで、マイルが貯まることを知っていますか。

還元率が高いクレジットカードは次の通りです。

1)ANA・AMEXカード

2)デルタスカイマイルカード

3)JALカードSuica

4)SPG・AMEXカード

 

以上、マイルをためやすい、高還元率のクレジットカードです。

ただ、年会費が高額になるデメリットもあります。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードのポイント還元率ならAmazonだが

クレジットカード ポイント還元率 amazon

ポイントの還元率は、クレジットカードを選ぶ大事な要素です。

ただ、還元率が高いカードは、使い道が限られています。

 

ポイント還元率が高いカードは、例えば「AmazonMastercarクラシック」です。

還元率は、最大2%です。

しかし、使えるのは、Amazonだけです。

 

また「オリコカード・ザ・ポイント」は、通常1%、ネットショッピングでは1.5%や2%です。

オリコカード・ザ・ポイントなら、活用できる先は、複数あります。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードで貯まったポイントの使い方

クレジットカード ポイント

ポイントを使うためには、まず貯めることです。

入会特典でポイントプレゼントもあります。

還元率の高いキャンペーンもあります。

有効期限も注意してください。

 

ポイントの使い方は、複数あります。

商品との交換・商品券や電子マネーとの交換・利用料金の割引・マイルとの交換など、あります。

ただ、あまりおすすめできないのは、商品との交換です。

Amazonや楽天で、商品を購入した方が安い場合も多いです。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードの年会費無料|なにかデメリットがある?

クレジットカード 年会費無料 なぜ

クレジットカードの年会費無料について、注意しておきましょう。

よくよくクレジットカードの申し込み条件を見ると、年会費無料になるのは、初年度だけです。

2年目からは、有料になるものがあります。

また条件をクリアすれば、無料になるというものもあります。

 

年会費無料のカードを選ぶ場合は、次の点に注意です。

1)ポイント還元率

2)ポイントの有効期限

3)付帯保険

以上の3点に、注意して、選んでください。

 

 

クレジットカードとデビットカードの違い

デビットカード

デビットカードをご存知でしょうか。

クレジットカードのように、キャッシュレスで使えます。

ただし、デビットカードは、口座に入っているお金の分しか使えません。

デビットカードには、クレジットカードのように与信審査がありません。

 

子供や学生には、クレジットカードは作れません。

ですので、もし必要があるなら、クレジットカードの代わりに持たせてあげるのも良いです。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードは本人以外の使用はNG!家族でもダメ!

 

クレジットカード 本人以外の使用

クレジットカードの貸し借りはNG、なんて当たり前のことを、とお考えの方もいると思いますが、それは家族であってもNGだということを認識されているでしょうか。

家族とは、当然夫婦間のことも含めてです。

クレジットカードは、本来本人以外の人が使うことができません。

カードの裏面に署名をしている人ということです。

もしも、夫婦で別々にクレジットカードを使う必要があるのであれば、家族カードを作ることをお勧めします。

家族カードの審査は、基本的に申込者本人に対しての審査がされます。

ですので、例えば夫が申込者本人となり、妻が専業主婦で無収入であっても、夫の審査がOKとなれば、妻の家族カードもOKとなります。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードを海外で使う

クレジットカード 海外

海外旅行では、クレジットカードが、もはや常識です。

しかし、海外に出かけた際に、クレジットカードが使えないなんてこともあります。

海外で通用するのは、やはり国際ブランドのカードを持つことです。

VISAやマスターカードです。

また、お店によっては使えないなんてこともありますので、2種類は持っていくべきです。

海外で利用する場合は、手数料とレートに注意することです。

また、海外では、両替を使うよりも、クレジットカードのキャッシングを使う方が、手数料も安く、大金を持ち歩く不安もなくなります。

なお、海外でクレジットカードのキャッシングを利用する場合には、事前に申し込んでおく必要があります。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードの旅行保険

クレジットカードの旅行保険

クレジットカードの付帯保険には、2つあります。

自動付帯と利用付帯です。

自動付帯は、クレジットカードを持っていれば、適用されます。

利用付帯は、申し込みが必要です。

 

付帯保険の機能は、ケガや急病時に補償してくれる他に、携行品を壊してしまった時にも保証されます。

また、カードを複数持っている場合は、それぞれの補償が受けられrます。

ただ、死亡に関しては、一番補償が高いものだけが適用されます。

 

一方では、デメリットもあります。

それは補償金額が、一般の生命保険や損害保険のように、高額ではないことです。

また、病気で死亡した場合は、保証されないことです。

 

 

関連記事一覧

  1. クレジットカードの仕組み
  2. クレジットカードの仕組みを覚えておこう!得になるヒントがある(当記事)
  3. マイル高還元率が素晴らしいクレジットカード!真のマイル王はこれだ!
  4. クレジットカードのポイント還元率ならamazonだが!?
  5. クレジットカードで貯まったポイントの使い方と交換方法を学習する
  6. クレジットカードの年会費無料|なにかデメリットがある?
  7. クレジットカードとデビットカード、使用上の違いとは?
  8. クレジットカードを海外で使うとき!
  9. いざという時に役立つクレジットカードの旅行保険!役立つ理由と保険内容について
  10. クレジットカードのキャッシング|かしこい利用方法
  11. クレジットカードの優待特典!おすすめのカードは?
  12. クレジットカードのように使えるプリペイドカードの損得
  13. クレジットカードで公共料金を払うとポイントがお得!
  14. クレジットカードを持ってない人がカードを持たない本当の理由とは?
  15. クレジットカードの本人以外の使用はヤバい!?親でも嫁でもダメ?
  16. クレジットカードの付帯保険があなたを救う?
  17. 家賃と光熱費はクレジットカード払いがおすすめ!
  18. クレジットカードで空港ラウンジをお得に利用する方法!
  19. クレジットカードを持たないメリットって意外と少ない?
タイトルとURLをコピーしました