水泳 ダイエット (2)

スポンサーリンク

ダイエット

ダイエットの効率を高められる?水泳ダイエットの効果とは

2019-10-18

ダイエットに有効な運動といえば有酸素運動が挙げられます。

有酸素運動にはウォーキングやサイクリング、エアロビクスがあり、水泳も含まれます。

これらの中でも水泳は近年ダイエットに有効であると注目を集めているのです。

その理由は、陸上の運動と比べて消費エネルギーが高かったり運動を続けやすかったりするためです。

この記事では、水泳ダイエットがどれくらいダイエットに効果があるのかについて、具体的に解説していきます。

 

 

水泳は消費エネルギーが高いは本当?ダイエットに効果あり?

 

消費カロリーが高い

水泳は消費エネルギーが高いスポーツですので、ダイエット効果が期待できます。

例えば、厚生労働省の「健康づくりのための身体活動基準2013」のメッツ値を基準に消費カロリーを計算すると、

50kgの方が1時間水中歩行をすれば、4.5メッツで約236kcal消費します。

 

*メッツ・・・安静時の何倍のカロリー消費をしているのかを表示したもの

 

同様に、平泳ぎなら5.3メッツで約278kcal、クロールに至っては8.3メッツで約430kcalも消費をするのです。

一方、ウォーキングの場合は、3メッツなので約158kcalの消費に留まります。

つまり、水泳は効率的にカロリーを消費できるので、ダイエットに効果的なのです。

 

水圧も効果

また、水中は常に水圧がかかっていて身体を締め付けています。

そのため、マッサージを受けているような効果が得られて血行がよくなるので、動くことでさらに代謝がよくなるのです。

陸上の運動では決して受けることがない負担が水中では身体に受けるので、ダイエット効果を高めてくれるのです。

 

体温が下がることも効果

さらに、水に触れると体温が下がります。

すると身体は下がった体温を上げるためにエネルギーを消費します。

それによってもエネルギー消費は増えていくのです。

つまり、水中に入る水泳ダイエットは消費エネルギーが高く、ダイエットに効果的といえるのです。

 

 

水泳ならダイエットが続けられる?

続く ダイエット 水泳

水泳ダイエットは浮力があるので身体を痛めるリスクが少なく継続がしやすいので、ダイエットに適した運動といえます。

ダイエットでは継続することが非常に大事なので、身体への負担が軽いかどうかは大きな問題となるのです。

 

ランニング・ジョギングのデメリット

例えば、ダイエットならランニングやジョギングを取り入れる方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、運動に不慣れな方が急に走ると、関節や筋肉を痛めてしまい続けられなくなるのです。

運動は習慣化するとストレスなく続けられるようになりますが、身体を痛めてしまいやすい運動では習慣化させることができません。

その結果、ダイエットへの気持ちが小さくなって失敗してしまうことも少なくないのです。

 

水泳は続けやすい

水泳ダイエットなら関節や筋肉を痛めることはほとんどありません。

だから、水泳ダイエットは続けやすいのです。

また、すでに膝などの関節を悪くしている方でも水中なら痛みを和らげてくれるのでおすすめの運動といえます。

2ヶ月でダイエット
ダイエット2ヶ月で5キロは可能!結果が出る方法を紹介します

ポイント 具体的には以下のことをお伝えしていきます。 ・2ヶ月で5キロダイエットは可能 ・食生活がダイエットでは肝心 ・続けられる運動で結果を出す   「2ヶ月で細い身体を作るなんて無理」と ...

続きを見る

 

 

水泳ダイエットは毎日行うべき?

水泳ダイエットは毎日するよりも、週に3~4日行うのがよいでしょう。

水泳は普段使わない筋肉を使うので、筋肉がダメージを受けます。

 

そのため、水泳で筋肉を使った後は、受けたダメージが修復するまで数日休ませる必要があるのです。

ダイエットの実感を速く得たいと張り切っている方ほど毎日水泳をしてしまいがちです。

しかし、しっかりと休息を取るようにしましょう。

 

ちなみに、筋肉は傷ついた繊維が修復されると今まで以上に大きくなっているので、それだけで代謝量がアップします。

そのため、水泳ダイエットを続けるとさまざまな相乗効果が高まるので、高い効果が期待できるのです。

ダイエット (1)
1ヶ月で3キロの減量は難しくない!正しいダイエットで理想の体へ

ダイエットを1度でもしたことがある方は多いのではないでしょうか。 しかし、多くの方は失敗の経験もあるかと思います。 ダイエットで失敗をする方に多いのが、無理をしてしまっているためです。 しかし、ダイエ ...

続きを見る

 

 

まとめ

水泳ダイエットは他の陸上の運動と比べて消費エネルギー量が高いので、スムーズなダイエットが期待できます。

 

また、水泳なら身体を痛めるリスクが小さいので、継続も容易です。

今までに走ってダイエットしていたが身体を痛めて止めてしまったという経験がある方は、ぜひ水泳ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

 

ダイエットの徹底解明|運動編|やっぱり基本はこれです

スポンサーリンク

-ダイエット
-,

Copyright© ミュウ ジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.