仕事の 優先順位を 考える やるべきことは?

スポンサーリンク

仕事

仕事の優先順位を考える・やるべき事は?

投稿日:2019-04-03 更新日:

仕事優先順位を考えるときに、「緊急かつ重要な仕事」という考え方がありますね。

しかし、最も優先すべき仕事は、「緊急ではないが重要度の高い仕事」です。

 

の考え方は、ビジネス書を読んでる人なら、よく知っていることですね。

それは「緊急ではないが重要な仕事」こそ、「明日を作る仕事」だからです。

「緊急かつ重要な仕事」にはすでに新たな生産性はなく、「いわば昨日の仕事」だからです。

今回は、そのビジネス思考法ではなく、ドラッカーさんの言葉にふれたい。

仕事の優先順位で1番におくべきことは、「なされるべき仕事」です。

 

 

仕事の優先順位|『やるべき事』と『なされるべき事』

仕事の優先順位|『やるべき事』と『なされるべき事』

 

仕事の優先順位で考えるならば、なされるべきことが、「第一にやるべきこと」です。

 

「やるべき事」という仕事の優先順位を考えているときというのは、ほとんどの場合が『自分軸』で考えています。

『自分としては…こうするべき。これが良いと思う』と考えてしまうのです。

それは、優先順位の1番の仕事ではありません。

 

「なされるべきこと」とは何か?

『なされるべき事』とは、自分の意志とは関係ありません。

「組織の中での自分」または「顧客にとっての自分」という「存在」の立場や役割において考えるのです。

その思考こそが、仕事の優先順位を考える上で、最強の方法です。

 

自分という存在は、何をなすことが会社に貢献することなのか、顧客が喜ぶことなのかを優先順位の1番に考えるのです。

会社と顧客を軸に仕事を考えると、「自分がやりたいと考えていた仕事・やるべきと思っていた仕事」とは、違う考えが浮かんできます。

最優先的に浮かんでくる仕事。

それが、本来優先順位の1番にあるべき、『なされるべき事』なのです。

 

会社から考えることです。

顧客から、考えるのです。

それは、自分がやるべき仕事・やりたいことと考えていたこととは、違うのです。

この思考によって、仕事の優先順位は、明らかに変わります。

そして、得られる実績・評価も大きく変わります。

 

筆者が、この言葉に出会ったのは、すごく遅くて、40代半ばくらいにドラッカーさんの本を読んだ時でした。

正直、最初この言葉を見たときには、「なんか変な日本語だな」と思いました。

最初は、本当に日本語訳が変なのではないかと、思ったことを覚えています。

 

でも違うのです。

仕事の優先順位の1番に考えることは、自分が「やるべきだと思う仕事」ではないのです。

会社という組織から見て、そして顧客からみて、自分という存在がするべき仕事なのです。

ですから、優先順位の一番は、「なされべきこと」になるのです。

 

 

本当に優先しなくてはならない仕事

繰り返しですが、なされるべき仕事とは、「自分という存在が組織や顧客に貢献する」ために「なすべき事」なのです。

これを軸として考えるようになってから、僕の仕事のやり方・優先順位の考え方は明らかに変わりました。

 

なされるべき事の中には、以前の自分であれば、後回しにしてしまったことや苦手なことも有りました。

しかしそれこそが、本当になすべき事であり、優先すべき「なされるべきこと」だと理解すると、面倒とかやりたくないという気持ちが薄くなりました。

 

筆者の体験

仕事の優先順位を、自分を軸ではなく、会社という組織と顧客を軸において考えるようになりました。

その結果、僕は40歳を過ぎてから飛び込み転職をした東証一部企業で、5年後頃には支店の責任者の一人に昇格し、年収は8桁台になりました。

狙ったわけでは無く、あくまでも結果です。

 

その後も、時々立ち止まり、今自分がやろうとしていることは「なされるべき事なのか」を考えるようになりました。

この思考の仕方は、どんな仕事の人にも、有効だと思います。

 

本のタイトルは「The Effective Executive」です。

日本語のタイトルの訳も少し「?」と思います。

ドラッカーの「経営者の条件」です。

 

当時、僕は経営者ではありませんでしたので、本のタイトルには、ちょっと違和感を感じました。

これは、社長の本ではないです。

実際の内容は、「どうすれば優秀な人・成果を出せる人になれるか」という本です。

その中に「なされるべき事を考えるのが成功の秘訣である」と書いてあったと思います。

 

世界的企業であるGE(ゼネラルエレクトリック)社の元CEOであるジャック・ウェルチさんは、「わが経営」という本でご存知の方も多いと思います。

それは、CEO就任した当時に、ドラッカーさんの「なされるべき事」に影響を受け、GEを立て直した時の書いた物でした。

やりたい事業では無く、なされるべき事業を選択し、そこに集中しGE社を立て直したのです。

 

 

まとめ

仕事の優先順位を考えるときに、自分ならこういう風にやると考えてしまいがちです。

その考え方の仕事の優先順位は、それは、自分にとっての考え方です。

 

組織の中にいるものは、組織にとって、自分という存在は、何をするべきなのか、と考えるのです。

それが「なされるべき事」です。  

筆者も、度々この視点に立ち戻り、考えるようにしています。  

 

 

国家資格

仕事

2019/9/20

心理学における初の国家資格「公認心理士」

ポイント こちらの記事でお伝えすることは次の通りです。 ・公認心理師の国家資格の専門性 ・国家資格の合格率 ・心理支援や心理療法により、できること ・精神科リエゾンチームでの公認心理師の必要性   2015年「公認心理師法」が交付され、2017年に9月に施行されました。 この記事を読んでいただると、「心理学における初の国家資格である【公認心理師】」 についてご理解いただけます。 では、解説してまいります。     公認心理師と臨床心理士の違い 国家資格の整 ...

ReadMore

介護のモニタリング、おさえておきたいポイントや進め方

仕事

2019/8/27

介護のモニタリング、おさえておきたいポイントや進め方

介護を利用する方にどのようなケアをしていけば良いのか、計画をケアマネジャー(ケアマネ)がたてます。 実行するのは現場の介護士になり、本来ケアマネジャーがモニタリングをします。 しかし、現場の方が正確にモニタリングを行う事が出来るので、実行し、ケアマネジャーへ報告するのも介護士の仕事の一になります。   ポイント この記事でお伝えする事は次の通りです。 ・介護、モニタリングの流れから評価、ケアマネジャーへ報告まで ・介護、モニタリングの抑えておきたいポイント、注意点   この記事を読むと ...

ReadMore

介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

仕事

2019/8/26

介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

ポイント ここでお伝えするのは以下の通りです。 ・介護派遣の給料事情はどうなっているのか ・派遣会社で介護士として働くメリット、デメリット   世の中高齢化社会が益々加速していき、4人に1人は高齢者の割合になってきます。 その中で、今後重要な仕事となっていくのが「介護」の仕事です。 慢性的な人員不足で介護士の需要は高まっています。 この記事を読んで頂けますと、「派遣会社で働く介護士の給料事情やメリット・デメリット」をご理解頂けると思います。 では解説してまいります。     ...

ReadMore

マーケティングが最重要|営業も製造もプロモーションもその中の一部

仕事

2019/8/21

マーケティングが最重要|営業も製造もプロモーションもその中の一部

営業の前線に立って、売上で会社に貢献してきた時間が長くなると、つい誤解をしてしまいます。 会社の業績を支えているのは、営業であるという誤解です。 それは、幻想です。 営業が商品を販売するために、マーケティングを活用しているのだ、という意識も幻想です。 営業が事業に強く関与しているのは、出口の所だけです。   立ち位置を、会社や経営から見ると、営業はマーケティングの一部でしかなくなります。 営業を10何年やってきましたという人は、早く「物売り」から脱皮して、マーケティング視点を持つ営業に進化すべき ...

ReadMore

PDCA 回す

仕事

2019/8/4

PDCAを回すって、どう意味なのか?|現役社長が解説します。

物作りや販売・営業を担当するものは、必ず耳にする言葉です。 PDCAを回す。 もはや、古いと言われてもいますが、ものを作って顧客に買ってもらうことを考える上では、PDCAを回すという考え方は、最も基礎的で重要なマーケティングのツールの一つだ。 PDCAは、Plan・Do・Check・Actionの頭文字をとった略称です。 「計画を立てる・実行する・検証する・改善し行動する」を表している。 それを繰り返し、繰り返し、やっていく(PDCAを回す)ことで目標達成するのです。 現役社長が解説します。   ...

ReadMore

スポンサーリンク

-仕事
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.