仕事の 優先順位を 考える やるべきことは?

スポンサーリンク

仕事

仕事の優先順位を考える|緊急度が高い仕事が大事だと錯覚している

2019-04-03

仕事優先順位を考えるときに、「緊急度」と「重要度」という、ポイントがあります。

多くの人が、仕事の優先順位を間違えます。

緊急度の高い仕事を「やるべきこと」だと錯覚します。

 

しかし、実際には、ある仕事は、緊急度は高いが、重要度が低いことがあります。

しかも、その仕事に大事な時間の多くを使ってしまっています。

 

その結果、残業が増えたり、ビジネスマンとしての実績を出せ無かったり、してしまいます。

 

あなたが本当に優先すべき仕事は、どれなのか。

筆者の社会人としての40年経験から解説します。

 

仕事の優先順位|1番は「緊急ではないが重要な仕事」

仕事の優先順位|『やるべき事』と『なされるべき事』

 

 優先順位1位の仕事は、「緊急ではないが重要な仕事」

 

仕事は、緊急度の高さ低さと重要度の高さ低さで、4つに分かれます。

1)緊急度が高く、重要度が高い仕事

2)緊急度は低いが、重要な仕事

3)緊急度が高く、重要度は低い仕事

4)緊急度も重要度も低い仕事

 

「緊急度が高く、重要度が高い仕事」

この仕事は、急ぎで片付けなければならない仕事です。

かつ、重要度も高い仕事です。

 

営業の仕事を例にすると、「今日の顧客との売買契約」などがそうです。

この仕事に求められるのは、スピードです。

速やかに、完了することです。

 

実は、この仕事は新たな価値を生み出す仕事ではありません。

昨日までの仕事の結果、今日しなければならない仕事です。

実は、仕事の本質は、既に完了しています。

 

営業の例でいえば、商品を買ってくれることまでの仕事は、昨日までで終わっています。

商品買ってくれることを書面化する仕事は、実は仕事というよりも、業務に近いものです。

ですので、今日の売買契約によって、新たな価値が生み出されることはありません。

 

 

緊急性が低いが重要度が高い仕事

実は、最も時間を割いてでも、やらねばならない、最も重要な仕事は、この仕事です。

本来は、この仕事だけに、時間を使うべきです。

 

何故なら、この仕事だけが、明日以降の未来に繋がる仕事だからです。

営業の仕事に例えるならば、見込み客を発掘する仕事、自分の好感度を高める仕事、まだ決断が出来ていない顧客との直接商談等が、そうです。

 

しかし、残念なことに、緊急性の高く重要度の高い仕事、そして緊急性は高いが重要度の高くない仕事の2つに、時間を奪われてしまいます。

その結果、業績は良かったり悪かったりを繰り返し、通してみれば、良い業績評価を受けるところまでいけません。

 

緊急性は高い重要度が低い仕事

この仕事の多くは、自分でなければならない仕事は、ほとんどありません。

可能であれば、誰かにやってもらうことです。

誰かにやってもらうことが、出来なければ、なるべく時間を掛けずに行うことです。

 

緊急性が低く、重要度も低い仕事

コレは、やらなくて良い仕事です。

それは仕事とは言えません。

 

万が一、この作業に時間を取られているのなら、今日現在の業績もないし、未来に業績が上がる見込みもありません。」

もし、1日の中で、ⅰ時間で持つかなわれている事実を発見したら、なんとか工夫してこの時間を無くすることです。

 

まとめ

仕事の優先順位を考えるときに、最も優先すべき仕事は、理解出来ましたか。

 

緊急性は低いが、重要度の高い、仕事。

この領域の仕事だけが、未来に繋がる仕事です。

この領域の仕事だけに、時間を使えるようにコントロールしたいものです。

 

しかし現実は、そうではありません。

 

優秀なビジネスマンになるためには、重要度は低いですが、重要度の高い仕事に、時間を使えるようにすることこそが、本来実現すべき働き方改革です。

この時間の使い方にこそ、優秀な無事ネスマンになるためのヒントがあります。。

 

 

年収

仕事

2019/12/1

年収に関する徹底解明|あれやこれや

人生において何かと気になる年収。 高い方が良いが、年収を上げるにはどうすればいいのか。 資格を取ればいいのか、転職すればいいのか、他に何をすればいいのか。 年収に関する色々な事をまとめました。   宅建士の年収(給料)はどれくらい?|不動産会社社長が解説 「宅建士」とは、ご存知の通り「宅地建物取引士」の略称です。 現在は、宅建士の資格は、国家資格の一つです。 もしも、不動産業に転職を考える場合は、宅建士は必須の資格です。 また、宅建士は平均年収(給料)の高い職種として注目されてます。 &nbsp ...

ReadMore

国家資格

仕事

2019/9/20

心理学における初の国家資格「公認心理士」

ポイント こちらの記事でお伝えすることは次の通りです。 ・公認心理師の国家資格の専門性 ・国家資格の合格率 ・心理支援や心理療法により、できること ・精神科リエゾンチームでの公認心理師の必要性   2015年「公認心理師法」が交付され、2017年に9月に施行されました。 この記事を読んでいただると、「心理学における初の国家資格である【公認心理師】」 についてご理解いただけます。 では、解説してまいります。     公認心理師と臨床心理士の違い 国家資格の整 ...

ReadMore

介護のモニタリング ポイントと進め方

仕事

2019/11/22

介護のモニタリング、おさえておきたいポイントや進め方

ポイント この記事でお伝えする事は次の通りです。 ・介護、モニタリングの流れから評価、ケアマネジャーへ報告まで ・介護、モニタリングの抑えておきたいポイント、注意点   介護を利用する方にどのようなケアをしていけば良いのか、計画をケアマネジャー(ケアマネ)がたてます。 実行するのは現場の介護士になり、本来ケアマネジャーがモニタリングをします。 しかし、現場の方が正確にモニタリングを行う事が出来るので、実行し、ケアマネジャーへ報告するのも介護士の仕事の一になります。   この記事を読むと ...

ReadMore

介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

仕事

2019/11/15

介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

ポイント ここでお伝えするのは以下の通りです。 ・介護派遣の給料事情はどうなっているのか ・派遣会社で介護士として働くメリット、デメリット   世の中高齢化社会が益々加速していき、4人に1人は高齢者の割合になってきます。 その中で、今後重要な仕事となっていくのが「介護」の仕事です。 慢性的な人員不足で介護士の需要は高まっています。 この記事を読んで頂けますと、「派遣会社で働く介護士の給料事情やメリット・デメリット」をご理解頂けると思います。 では解説してまいります。     ...

ReadMore

マーケティングが最重要|営業も製造もプロモーションもその中の一部

仕事

2019/11/15

マーケティングが最重要|営業も製造もプロモーションもその中の一部

営業の前線に立って、売上で会社に貢献してきた時間が長くなると、つい誤解をしてしまいます。 会社の業績を支えているのは、営業であるという誤解です。 それは、幻想です。 営業が商品を販売するために、マーケティングを活用しているのだ、という意識も幻想です。 営業が事業に強く関与しているのは、出口の所だけです。   立ち位置を、会社や経営から見ると、営業はマーケティングの一部でしかなくなります。 営業を10何年やってきましたという人は、早く「物売り」から脱皮して、マーケティング視点を持つ営業に進化すべき ...

ReadMore

スポンサーリンク

-仕事
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.