食中毒

スポンサーリンク

健康

食中毒を起こさない予防の3原則を伝授|現役看護師が解説

夏になると気になるのが食中毒

しかし、食中毒は一年を通して起こるものです。

細菌による食中毒は夏におきやすく、ウイルス性の食中毒は反対に冬に起こりやすいといわれています。

食中毒にかかってしまうと、激しいおなかの痛みや下痢などで、グロッキーとなってしまいますよね。

では食中毒にならないために、どのような予防の方法があるのでしょうか?

食中毒とならないように、食中毒の予防3原則について、現役看護師の[にしの]が伝授します。

 

 

食中毒の予防の3原則とは

食中毒の予防の3原則とは

 

食中毒を起こさないようにする予防について、3原則と呼ばれる予防のポイントがあります。

それは・・・

・細菌をつけない、持ち込まない

・細菌を増やさない

・細菌をやっつける

の3原則です。

それでは、予防の3原則の一つ一つについて詳しく解説していきます。

 

 

食中毒の予防3原則の1|細菌をつけない、持ち込まない

細菌をつけない、持ち込まない

 

予防の3原則の一つ目、細菌をつけない、もちこまないです。

 

食べ物等

食中毒を引き起こしてしまう菌は、肉や魚、野菜など食べ物についていることがあります。

そのため、肉や魚などを切った後は必ず、使った包丁とまな板を洗い、食中毒を起こす菌をつけないように予防しましょう。

つけないというのは、食中毒の原因となる菌を食べ物に触れさせないことが重要です。

 

そのため、菌に汚染されたものをさわったあなたの手も菌が付着しているので、しっかりと石鹸で洗ってから、たべものをさわるようにしましょう。

また、つけないことに特にこだわらなければならない菌は、ノロウイルスです。

 

ノロウイルス

ノロウイルスはひとのからだの中で増える菌のため、たべものの中では増えません。

そのため、菌を「やっつけること」と「つけないこと」が、一番有効で重要な食中毒の予防の仕方となってきます。

そのため、カキなどの二枚貝を食べる時はしっかりと加熱することです。

生食でもたべれる清潔な海域で育ったものを食べるようにし、食中毒を予防していきましょう。

 

もちこまない

もちこなまいというのは、調理をする人が菌に感染していないことが重要です。

調理をする人が菌に感染していると、清潔にすることと予防の三原則を守っていても、菌がたべものにうつってしまいます。

結果として食中毒になってしまいます。

そのため、気持ちわるい、吐いたといった症状がある時は調理はせず、お惣菜を買うなどしてください。

菌をうつさないことが、食中毒の予防に必要となっていきます。

 

 

食中毒の予防3原則の2|細菌を増やさない

冷蔵庫に入れて、たべものを冷やし、菌が増えないようにする必要

3原則その2、細菌を増やさないこと。

 

細菌はその種類によって空気を好んだり、嫌ったり、また熱に強いといった特性を持つものがあります。

しかし、共通しているのは温度です。

菌が増えやすいといわれるのは、30~45度といわれています。

 

増やさない

食中毒を起こす菌は、10度以下では増えることはできないため、たべものを調理した後は、この菌が増えやすい温度をさけて保存してください。

菌が増えることを防ぎ、食中毒となるのを予防します。

調理した後、しばらく食べないのであれば冷蔵庫に入れて、たべものを冷やし、菌が増えないようにする必要があります。

ここでひとつ注意しなければならないのが、冷蔵庫を過信しない、ということです。

 

冷蔵庫で菌は死にません

先ほどすぐに食べないのであれば冷蔵庫で保管する、とお伝えしましたが、冷蔵や冷凍するだけでは菌は死にません。

冷蔵庫の扉の開け閉めを頻繁にしてしまうと、その分冷蔵庫の温度が上がってしまいます。

菌が繁殖してしまう可能性があるため、扉の開け閉めはなるべく少なくするようにしましょう。

冷蔵庫を過信せず、調理したらすぐに食べるようにしてください。

もしくは冷蔵庫に保管しても再加熱をしっかりする、早めに食べることで食中毒を予防する必要があります。

 

 

食中毒の予防3原則の3|菌をやっつける

加熱は、殺菌を

 

3原則の最後は、細菌をやっつける、です。

 

菌をやっつける

文章のとおり、食中毒を予防するためには殺菌をする必要があります。

加熱は、殺菌をする方法として最も効果的な方法です。

ハンバーグなど、たべものの中心部が75度で1分間以上加熱されていることで、たいがいの菌を殺すことができ、食中毒を予防することができます。

もしくは化学的な方法で菌を殺し、食中毒を予防していきましょう。

アルコールなどの除菌・漂白剤を使い、まな板や包丁などの器具を殺菌することで、食中毒を予防することができます。

 

 

まとめ

食中毒の予防の3原則について、理解していただけましたか?

お伝えした、この3原則を守ることで、一年を通しての食中毒を予防することができます

 

逆に言うと、この3原則の真反対のことをすると菌が大増殖してしまい、食中毒にかかってしまうことになるので注意が必要です。

一年を通して起こりうる食中毒を予防するためにも、この3原則をしっかり守って生活していきましょう。

この記事を書いている人は

今回の記事は、筆者協力者である現役看護師の[ にしの]さんが書いています。

 

 

 

夏バテ

健康

2019/11/3

体がダルくてツライ症状のあなた、それ夏バテかも|現役看護師がアドバイス

連日厳しい暑さが続いており、なんだか体がだるい、食欲がわかない、なんだか眠れない・・・と体調を崩していませんか? その体調不良の症状は夏バテによるものかもしれません。 夏バテとは、夏の高温多湿の気候によって自律神経が乱れ、体に不調が起こることをいいます。 では夏バテになると体にどんな影響が出るのか? 夏バテの症状とはいったいどんなものがあるのか、現役看護師の ”にしの” が解説します。     もしかして夏バテ?その症状は   主な症状の原因としては、暑さによって自律神経が乱 ...

ReadMore

夏バテ 原因

健康

2019/11/3

夏バテが起きる原因は?そのメカニズムとは|現役看護師が解説!

ひどい暑さが続いて、体がだるい、食欲がわかない、なんだか頭痛もするし、これは夏バテかもしれない・・・という、あなた。 なぜ夏バテはおきるのか知っていますか? 夏バテが起きると体の中でさまざまな症状が出ますが、原因はおおよそひとつに絞られるといっても過言ではないのです。 あなたは夏バテの原因に興味がありませんか? 来年からは夏バテにならない体作りをするためにも、夏バテの原因と何に注意すればいいのか、現役看護師の<にしの>がお伝えします。     夏バテが起きる原因は?   夏バ ...

ReadMore

夏バテ

健康

2019/10/27

夏バテになってしまったら。|現役看護師が対策方法を伝授!

体がだるいな、と感じているあなた!夏バテになっているかもしれません。 夏バテとなると食欲もわかないし、気力もわかないし、とせっかくの夏が満喫できませんよね。 では夏バテとなってしまったら、どんな対策をとればいいのでしょうか。 夏バテの具体的な対策について現役看護師の<にしの>が解説いたします。     夏バテになってしまったらどんな対策が必要?   夏バテの対策として、何をする必要があるのかお伝えしていきます。   自律神経を整える生活をする 夏バテの原因が自律神経 ...

ReadMore

脱水症状

健康

2019/10/20

脱水症状が起きてないか?簡単なチェック方法とは!

暑くなってくると、夏バテとなってしまい食欲や意欲が減ってしまいます。 食欲や意欲が減ると、口が渇いても水を摂るのも面倒くさくなり、水分補給ができなくなってしまいます。 また、夏バテとなり自律神経が乱れが原因で下痢をしたり、食中毒などで吐いてしまったりと、何らかの原因で体の中の水分が失われることで脱水症状となってしまいます。 では脱水症状は、どうやって判別できるのでしょうか? 簡単にチェックできる方法を現役看護師の“にしの”がお伝えします。     脱水症状は起きていないかチェックしてみ ...

ReadMore

熱中症

健康

2019/10/20

熱中症と夏バテの違いって? 熱中症はなぜ起きる?現役看護師が解説

ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・夏バテと熱中症って同じようなものと思う人がいますが、実はこんな違いがあります。 ・そもそも夏バテとは? ・実は、熱中症は命にも関わる大変な状態。症状と原因について。   酷暑のせいで、体力はどんどんと消耗する一方ですが、体力が減っていると体の免疫力や予備力が減ってしまい、夏バテや熱中症など、さまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。   この記事を読んで頂けますと、夏バテと熱中症の違いについて、ご理解頂けると思います。 では現役 ...

ReadMore

スポンサーリンク

-健康
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.