逆質問

スポンサーリンク

転職

転職面接の逆質問|した方が良いのか|どんな質問が良いのか

投稿日:2019-07-15 更新日:

筆者は会社社長です。

筆者も転職の面接もします。

 

転職面接では、面接官への逆質問をする方が印象に残ります。

「良い逆質問がおもいつかない」

「どんな逆質問をしたら良いのか」

そんな気持ちに、答えます。

 

逆質問は、あらかじめ準備をしていないと、スムーズにできません。

転職面接逆質問について、事前準備の解説をします。

 

転職面接の逆質問はした方が良いのか|どんな質問が良いのか

質問

 

結論:面接時の応募者の逆質問はする方が好印象です。

 

新卒面接と転職面接での逆質問

新卒面接は、合同でやる場合が多いですが、転職面接は一人ずつ行うのが普通です。

新卒の場合は、社会人として働いた経験も無いわけです。

逆質問があると、面接官はむしろされる方が違和感を感じます。

熱意を伝えたいという気持ちの表れは、わかります。

しかし、やはり社会についてまだ何も経験していない者が、質問をすると「無理をしている感」を感じてしまいます。

 

転職面接の場合、仮に業界や職種が未経験であるとしても、現職の勤務期間がどの位であろうとしても、社会人としてはたらい経験者の面接です。

面接官は、これまでに仕事をしてきた人の言葉として、意見や考えを持っていて当然だと受け止めていますので、逆質問はした方が良いです。

 

逆質問では何を聞けばいい

逆質問の内容は、いくつかあると思います。

一番無難であり有効と思われるのは、「入社してからどんな仕事をするのか」についての逆質問です。

 

例えば、面接官から仕事の概要説明があったとしても、それを深く掘り下げるように、具体的に聞いてみるのが良いと思います。

ただ面接官が社長であったり、人事部の人間である場合は、正しい回答が得られないかもしれないことは理解しておいて下さい。

 

たとえ正しい回答が得られないにしても、仕事についての逆質問をすることが一番印象が良いと感じます。

例えば、「採用して頂けた場合、私のばあい最初はどのような仕事から始まるのでしょうか?」などで良いでしょう。

 

面接官へ個人的質問は意味がないし、印象悪い

反対にあまり良くないと感じる逆質問の例としては、面接官個人に対するような質問は、良くない印象があります。

 

例えば

「面接官は、この会社に入って良かったと感じていますか」

「面接官はこの会社の将来性はどのように感じていますか」

などの質問は、面接官を試しているような印象があり、有益では無いです。

 

もしかすると、それは本当に聞いてみたいことなのかもしれませんが、面接官の個人的意見を聞くことにしかなりません。

面接の場にふさわしい逆質問ではありません。

あなたの印象を悪くする可能性があります。

面接官は、あなたから発せられる逆質問を求めているのに対して、何かすりかえている感じがしてなりません。

 

また、給料や休日についても聞いておきたいことだと思います。

しかし、給料についてはこの場で、具体的には決定していない可能性があります。

初任給については内定通知に合わせて、知らせられると思います。

 

休日については、どちらとも言えませんが、配属先によっては休日取得の仕方が違う場合もありますので、答えがえられない逆質問になってしまうかもしれません。

 

なぜ転職面接で逆質問をした方が良いのか

 

理由は、応募者の入社に対する意欲を感じてもられる数少ないチャンスだからです。

 

面接では、自己紹介をしてもらう以外では、面接官からの質問に答える形式で進んでいきます。

すると受け身の状態で面接が進んでいきます。

転職面接の応募者の意欲の強さがイマイチ分かりくい状況になります。

 

意欲ははっきり口にしなければ伝わらない

仮に、応募者からの逆質問がなく終わってしまうと、面接官は

「質問や説明を聞いているうちに、入社の気持ちがうすらいだのかな」

と意欲が低く感じることがあります。

 

このマイナス印象を避けるために、逆質問はした方が良いです。

質問の内容よりも意欲を伝える」ためです。

 

仮に第2希望であっても

実際には、この会社が、あなたにとって、実際に希望順位2番目なのかもしれません。

しかし、面接では、100%の意欲を見せなければ、あなたにとっての大きな損失になります。

 

第1希望の会社が、あなたを受け入れてくれる保証はどこにもありません。

ですから、面接官に、逆質問をして、「意欲」を伝えてください。

 

まとめ

転職面接の逆質問について、解説してまいりました。

 

余計に考えすぎて作り込んだ逆質問をしたために、面接の最後の場面で、反対に印象を悪くしまうこともあり得ます。

注意したほうがいいですね。

大事な事は、転職面接であなたの「御社に入して働きたいのです」という姿勢を伝えることです。

 

 

 

薬剤師が転職を繰り返す

転職

2019/10/11

薬剤師が転職を繰り返すと、何かデメリットはありますか?

薬剤師に限りませんが、どんな仕事であっても転職を繰り返していると、デメリットが大きくなっていきます。 転職の回数が増えると共に、転職で採用される可能性は少なくなります。 当然、専門性の高い薬剤師であっても、同じです。   もう一つのデメリットは、薬剤師としてのキャリア形成にも悪い影響をしてしまうことです。 今回の記事では、薬剤師にフォーカスし、転職のデメリットについて、解説しています。       薬剤師が転職を繰り返すデメリットの1   薬剤師が転職を繰 ...

ReadMore

未経験で経理へ転職する際の求人の見つけ方

転職

2019/10/6

未経験で経理へ転職したい方必見!希望する経理求人の探し方

仕事をしてるけど、単純な事務作業ばかりだと、将来が不安ですよね。 他方、経理業務は、どの会社でも通用するスキルなので、経理職へ転職したいと思う方も多いと思います。 ただ、未経験者でも受け入れてくれる経理求人は多くないので、効率のいい探し方を紹介していきます。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・未経験での経理の求人はそう多くはない ・自分で経理未経験者OKの求人を探す方法 ・専門のアドバイザーに紹介してもらう方法   この記事を読んでくだされば、経理経験なしでもO ...

ReadMore

転職活動で高収入の求人を探す方法とは (1)

転職

2019/9/29

転職を希望する方必見!高収入求人の探し方

今の仕事の給与に不満があり、もっと高収入な仕事を見つけたい。 ハローワークで探しても、高収入の求人はなかなか見つからない。 こうした悩みをもっている方に、お勧めの高収入求人の探し方をご紹介します。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・ハローワークは、高収入の求人探しには向いていない ・転職サイトを活用し、自分で高収入の求人を探す ・転職エージェントを利用して、高収入の求人を紹介してもらう   この記事を読んでくだされば、転職における高収入求人の探し方が理解できます ...

ReadMore

契約社員等から正社員へ転職。注意点を紹介します

転職

2019/9/29

契約社員等から正社員へ転職。注意点を紹介します

契約社員の中には、将来のことを考え、正社員への転職しようと考えている方も多いのではないでしょうか。 正社員への転職をスムーズに進めるためには、いくつかの注意点が必要です。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・企業選びの重要性 ・アルバイトと正社員の面接の違い ・見た目を整え、アピールポイントにする   この記事を読んでくだされば、「契約社員等から正社員へ転職する際の注意点」が理解できます。 では、解説してまいります。     契約社員等が正社員 ...

ReadMore

転職の手順を間違えたと後悔しないために

転職

2019/9/27

転職の手順を間違えたと後悔しないために

転職の手順を間違えている人は、意外に多いのではないか。 その結果、退職がスムーズに完了しなかったり、次の転職先がうまく決まらなかったり、など予定外のトラブルや悩みを抱えてしまうと聞きます。 それは、転職の手順を間違えた可能性があります。 この記事では、転職の手順と注意点について、解説してまいります。 あとで、失敗したかも、と思わなく良いように、参考にしてください。 筆者は、転職コンサルタントではありませんが、40年間に自分自身の転職が5回と起業をしています。 それらの経験を踏まえて、解説いたします。 &n ...

ReadMore

スポンサーリンク

-転職
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.