現役の不動産会社社長が、転職・仕事・営業・起業について自分自身の経験から解説しています。

過去40年の記憶から

販売戦略の考え方

スポンサーリンク

営業

販売戦略の考え方・全ての物販に通じる

投稿日:2019-05-22 更新日:

筆者の過去経験より、販売戦略の考え方についてまとめました。

ここでは「不動産」を題材にしていますが、不動産を自分の扱う「商品名」に変えれば、全ての物販について応用可能と思います。

戦略とは、戦い方・取り組み方において、やること(やらないこと)を決めることです。

販売戦略の考え方のステップは次の通りです。

ポイント

1.不動産の全体マーケットを確認する(マクロ)

2.不動産のあるエリア(領域)のマーケットを確認する(ミクロ)

3.今回販売する物件についての物件評価をする

4.その物件を評価するターゲットを想定する

5.販売物件の評価と想定ターゲットから、販売価格を決定する

6.広告訴求ポイントと広告展開を決定する

基本的にこの考え方に則って、戦略を作れば、不動産だけではなく、飲食店経営や商品小売についても、成功に近づくことが出来ます。

 

 

また、流石に今はかなり少数だとは思いますが、「良い商品を作っていれば、わかる人が買ってくれる。それがだんだんと広まる」という考え方は、売り手の誤解であり、おごりかもしれません。

販売戦略を考えるというのは、売れる仕組みを考えるというマーケティングと同じことです。

マーケティングなしに、物を売り続けるのは不可能です。

では、各項目について解説します。

販売戦略 1:不動産の全体マーケットを確認する(マクロ)

マーケット

全体マーケットを調べます。

需要(買い手)と供給(売り手)のバランスを調べるのです。

買い手が多ければ、商品不足になり、商品価格は上昇します。

売り手が多ければ、供給過剰になりますから、商品が店先に溢れ、商品価格は下落します。

もしもラーメン屋さんであれば、競合するマーケットは、飲食業全体となります。

買い手は当然消費者であり、そのバランスが重要なポイントになります。

 

もしも、買い手が多いマーケットであり、価格が固定している商品の場合であれば、その商品は大ヒットするでしょうし、製造が追いつかなくなるかもしれません。

その結果、類似商品が売れる可能性が増えます。製造が追いつかなくなり、欠品してしまった場合、その商品を製造していたメーカーはチャンスロスを起こしてしまいます。

記憶新しいところだと、ソニーが開発したウェラブルネックスピーカーSRS-WS1という首かけスピーカーが店頭で欠品を起こしました。

そのタイミングで商品販売をはじめたボーズやJBLの類似商品が売上を伸ばしました。

このような新しい商品では、確かにマーケティングが難しい判断が必要になります。

 

逆に供給過剰になってしまえば、メーカーは資金回収に転換し、値引が始まります。

その結果、商品価格は下落し、低価格販売(価格競争)についてこられない会社やお店は潰れる可能性があります。

全体マーケットを知ることは非常に重要です。

4view
マーケティング 仕事 魅力 IoT化
マーケティングの仕事の魅力とIoT化

マーケティングの仕事の魅力は、データ収集から統計データ分析することから始まります。

次に、その情報を元にプラン(計画)を決定して実行する、これを繰り返して最適化していくことにあります。

「データを分析・計画を立て・実行し・結果を分析し・改善計画を立て・実行し・さらに結果を分析・・・」というPDCAサイクルを最適化していき、自社製品の売上を上昇させていくことが何よりもマーケティングの醍醐味でもあるのです。

続きを見る

 

販売戦略 2:不動産のあるエリア(領域)のマーケットを確認する(ミクロ)

エリアマーケット

 

次に、その物件のあるエリアマーケットを調べます。

不動産の場合は、例えば、「北海道札幌市」というエリアです。

もしも地域特性で偏りがある場合、更に細分化して調査する必要があります。

例えば、「北海道札幌市〇〇区」という具合です。

この時には、他社の競合状況・商品の競合状況も合わせて調査します。

 

そして、全体マーケットと比べて、特別なエリア(領域)特性(ポジションを知っておくことも重要)があるのかを確認しておきます。

全体マーケットは、買い手が強いのに、自分が選んだエリアでは売り手が多いというマーケットもあり得ます。

そんな不幸な状況にならないためにも、エリアの調査は重要です。

 

また、もしも明らかに買い手に対してお店の数が多いという買い手市場である場合、後発であったり、小規模店が価格競争に出て行くのは、無謀です。

その場合は、競合するマーケットを変えることでビジネスチャンスは生まれます。

 

マーケットを変えるというのは、場所を変えるという意味ではなく、戦う市場を変えるのです。

付加価値を持たせ、全く違うマーケットで勝負する戦略となります。

高品質・高価格・高級品ジャンルで販売するなどもその一つです。

 

例えば、ラーメン屋が多いエリアに出店しようとするならば、そのエリアでは他にはないラーメンでなければなりません。

その場合、極端に振り切った商品性を出さないと、元の競合比較が残ってしまい、高いだけの商品になってしまう懸念があります。あるいは、他の店も真似をしてくる可能性があります。

また極端に振り切るということは、競合は無くなりますが、買い手がいるかどうかという問題があります。

その場合は、「このエリアでこういう商品性で売り出した場合、あなたはいくらなら買いますか」というテストマーケティングをしておかないと、そもそもそういう商品を評価する人はこのエリアにはいなかったという結果になる可能性もあります。

飲食店で多く見かける光景に、新しい店ができて1年も経たずに潰れてしまう、というのは、テストマーケティングをしていない為に起きていることです。

 

多少お金はかかりますが、アイディアだけで出店してしまって、大きな借金を抱えることを思えば、必要な経費だと思います。

方法はいろいろあります。

不動産の場合は、今でもチラシを使います。

今なら、ツイッターなどのSNSを使う方法もあると思います。

 

 

販売戦略 3:今回販売する物件についての物件評価をする

評価

不動産の場合であれば、客観的に見てどういうプラス評価(強み)・マイナス評価(弱み)があるのかを確認します。

そうして確認した強みや弱みから、エリアの中でのポジショニングを明確にします。

どういう位置づけの物件であるのかを確認するのです。

その物件(商品)を語る上での、独自セールスポイント(一番際立っているポイント)があるのかどうか、それを評価する人は多いのか少ないのかを確認するのです。

 

この特に、独自セールスポイントが明確であり、それを評価する人が多い物件ほど、売れやすいということになります。

新しいジャンルの商品の場合は、前述のテストマーケティングで、知ることができます。

その結果、ボリュームの見込みも立つでのであれば、販売価格を高め設定にすることも可能になります。

逆に、際立った独自セールスポイントが分かりくい場合、あるにはあるが、それを評価する人が少数派である場合は、相場通りの価格設定か、そのレベルによっては、相場より低め設定にせざるを得ないことも起こりえます。

 

販売戦略 4:そのエリアと物件を評価するターゲットを想定する

ターゲット

今回の対象エリアを評価し、物件の独自セールポイントを評価する人をターゲットとして、想定します。

ターゲットの想定には、年齢・家族構成・年収のほかに、どういう趣味や志向を持っているのかを、想定の上で絞り込みます。

ライフスタイルまで想定できると、行動範囲もわかるようになります。

 

想定ターゲット属性の趣味やライフスタイルを調査する方法は、ネットで調べ尽くすことと、自分の周り人にヒアリングしまくることと、自分自身がなりきって想像することです。

毎日の生活のルーチンや行動範囲が特定できると、後で考える広告方針に参考になります。

販売戦略 5:販売物件評価と想定ターゲットから、販売価格を決定する

価格設定

エリアのポジショニング評価と物件の評価、そして想定ターゲットから、販売価格の決定が可能になります。

分譲マンションであれば、全戸数の販売価格を設定します。

ラーメンであれば、商品の価格を決めることです。

もし、わかりやすい独自セールスポイントを持っていて、他のラーメン屋と比べる商品ではないというポジションを取れるのであれば、価格もそういう設定にするのです。

販売戦略 6:戦略5から広告訴求ポイントと広告展開を決定する

広告

物件の独自セールスポイントが強いのか弱いのか、そしてそれを評価する想定ターゲットから、広告の訴求ポイントを決定します。

想定ターゲットに対しての広告展開の方針を決定する。

どのエリアに、どういう広告手段手法を使って、物件情報を伝達するのかを手段・手法・エリアなどを決定する。

現代は、ネットをみんなが気軽に使う時代になっています。

その結果、リアル店舗とバーチャル店舗は、差がなくなりました。

また、「とっても美味しい○○」となれば、隣町にすら出かけていく時代です。

それには、例えば、〇〇市に美味しいケーキがあると第三者の情報が拡散しなければなりません。

単純にお店のチラシやホームページ、またはツイッターで「美味しい店」と自己発信するだけでは広がりません。

 

お客さんが拡散してくれやすい仕掛けや工夫も必要な時代です。

そういう事も考えた広告展開を決定します。

販売戦略 7:営業活動方針を決定する

販売

広告訴求ポイントと広告展開から、営業活動の方針を決定する。

お店に来たときの対応や、訪問先での営業活動のやり方を決定します。

各個人の思惑でバラバラな営業方針では、効果が出ません。

全員共通の応対の仕方や営業のやり方を、シナリオを作るように決定します。

販売戦略 8:広告と営業の実行計画を策定し、利益を想定する

行動計画 実行

広告展開の実行計画と営業活動の実行計画を策定する。

販売開始〜完了するまでを、時系列にスケジューリングする。日にち単位までをスケジュールに落とし込む。

事業開始からの投資と、広告費、人件費等の販売諸経費を決定し、その結果得られる事業の利益を決める。

 

そして、販売戦略が実行に移されていきます。

計画の実行です。

PDCAを回しながら実行していくのです。

8view
PDCA 回す
PDCAを回すって、どう意味なのか?|現役社長が解説します。

物作りや販売・営業を担当するものは、必ず耳にする言葉です。 PDCAを回す。 もはや、古いと言われてもいますが、ものを作って顧客に買ってもらうことを考える上では、PDCAを回すという考え方は、最も基礎 ...

続きを見る

ここまで読んで下さいましてありがとうございます。

 

営業が売れない理由は2つしかない

営業

2019/8/10

営業が売れない理由|2つしかない|営業40年経験から

過去40年近く、営業畑におり、一営業マンとして、ダメ営業マン→トップ営業→営業リーダー→営業管理者→営業会社社長、と変化をしてきた自分の経験と、出会った数百人の営業を見てきて感じる「営業が売れない理由」がある。 それは2つしかない。 ポイント ○間違えたやり方をやってるか、やり方を知らないか、です ○決めた営業活動の計画を実行しないことです この2つしかない。   それなのに、どこかに営業の神様がいて、自分を見ていてくれて、いつかチャンスを掴めると思ってる。 だから、昨日まで成果を出せず失敗して ...

ReadMore

営業 心理学

スキル・コツ

2019/7/13

営業に使える心理学の応用|対人スキルがアップ|成績アップ

営業経験40年の現役社長が解説します。 以前、「営業のコツおしえます「心理学編」」で心理学に触れました。 今回は、パート2として「営業に応用できる理由」と具体的テクニックにふれて解説します。   扱う商品の説明をして商品を買って貰うのは、販売員の仕事であって、営業の仕事ではありません。 決断がつかない顧客、失敗したら嫌だなと感じている顧客、自分の決定に自信を持てない顧客に、対してその不安などを解決するきっかけとなる気づきを教えて決心のサポートをするのが、営業の仕事です。 決心がつかなくて嫌がって ...

ReadMore

営業 ロープレ

基本

2019/7/2

営業のロープレって意味あるの?ムダじゃないの|40年の営業経験から

営業、特に個人客の営業では、営業の練習のためにロープレを行う会社が多いと思います。 筆者は若いときはロープレが非常に嫌いでした。 元々が内向的でしたから、人前で何かするなんて、とんでもないことでした。 しかし、キャリアが増えていく中で考えが変わりました。 ロープレは、営業の接客スキルアップには間違い無く有効です。 ただ、やり方を間違えていたのです。 営業の接客が上手くなるために有効なロープレの方法を教えます。 営業一筋40年の筆者が解説します。 ロープレは営業はぜひやるべき  正しいやり方で geralt ...

ReadMore

営業 仕事

基本

2019/6/28

営業の仕事内容のキホン|売り込み営業はもう通用しない|現役社長が解説する

・営業の仕事内容の基本は、この10年で大きく変化した ・トップセールスマンであっても、全く買う気持ちがない人に、買って貰うことは無理 ・具体的に毎日行うこと 営業というと、業種や顧客が個人と法人による違いはありますが、その本質は同じです。 それは売りつけたり、お願いして買って貰ったり、当然だがだまし売りしたりする仕事内容ではありません。 もし、今のあなたの営業の仕事がそういう方針で会社が指示しているのであれば、その未来は真っ暗です。 さっさと辞めて他の会社へ転職した方が良いでしょう。 40年間営業を続けて ...

ReadMore

営業 トークの流れ

基本

2019/6/28

営業先でのトークの流れ|4つの基本原則|不動産会社長がまるっと解説

・営業先のトークの流れ|4つの基本原則<初級編> ・営業トーク力上達のために練習 営業未経験、あるいは数ヶ月くらいの経験しかないあなたに向けて解説します。初級編です。 顧客が個人であっても法人であっても、訪問先の会話の流れ/トークの基本形を覚えておこう。 営業にはマニュアルという言葉はなじまないと思っているが、あえてここでは「営業トークの超基本マニュアル」としてまとめました。 では、あらためて営業未経験、あるいは数ヶ月くらいの経験しかないあなたに営業一筋40年の筆者が解説します。 営業先でのトークの流れ| ...

ReadMore

スポンサーリンク

-営業
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.