クレジットカードの保険

クレジットカードの付帯保険があなたを救う?

クレジットカードには、付帯保険というものがついています。

海外旅行の際やオンラインショッピングで、あなたを助けてくれることも。

その一方、自動的に補償されるものと、そうでない付帯保険があることをご存じでしたか?

クレジットカードの付帯保険について、詳しく解説します。

 

 

クレジットカードの付帯保険でトラブルから身を守れる!

付帯 保険

 

付帯保険の中身は各社バラバラです。

 

付帯保険の中身を把握しておこう!

クレジットカードの付帯保険には、実に様々な種類があります。

 

海外旅行をする人にとっては、海外旅行保険はとても重要です。

殴られるなどのことがあれば、傷害に関する保険金が下ります。

また現地で治療を余儀なくされれば、傷害治療に関する費用が補償されます。

 

日本と違い、海外は医療費が高額になりやすく、びっくりするような医療費が請求されることも。

そこまでカバーをしてくれるため、海外旅行をする際にクレジットカードは欠かせません。

 

一方、付帯保険の中身は各社でかなりバラバラであることも覚えておきましょう。

海外旅行での損害は補償するが、国内旅行での損害は補償しないという会社が多いです。

ショッピング保険でも、補償するところとしないところで分かれます。

付帯保険でクレジットカードを選ぶ際は、どの項目を重視するかで選ぶのがいいでしょう。

 

 

 

複数枚のクレジットカードで手厚くサポートできる

クレジットカードの付帯保険の補償額は合算できるようになっています。

複数枚のクレジットカードを持っていれば、かなり手厚くサポート可能です。

 

例えば、メインのクレジットカードで旅行代金を支払い、サブのクレジットカードで交通費を出すという形ならダブルで補償が可能に。

トラブルに巻き込まれても、何とか賄えるだけの補償が受けられる可能性が高まります。

ただし、死亡保険などは、保有するクレジットカードの中で最も高い補償額が上限となるので注意が必要です。

 

 

クレジットカードの付帯保険の条件に注意!

条件

状況によっては補償されないこともあります。

 

付帯保険には自動付帯と利用付帯がある

クレジットカードの付帯保険は、どんな場合でも適用されるわけではありません。

付帯保険には条件があり、自動付帯と利用付帯の2つがあります。

 

自動付帯は、クレジットカードを持っていれば自動的に適用される状態のものです。

一方、利用付帯は、利用実績がないと適用されないという条件が存在します。

 

例えば、海外旅行でトラブルがあった場合、旅行代金を現金で払っているとせっかくの付帯保険が活用できません。

旅行保険のほとんどは利用付帯となっており、ただ持っているだけではなんの補償にもならないです

クレジットカードを探す際、付帯保険の条件が自動付帯か利用付帯か必ずチェックしましょう。

 

クレジットカードで払えるものは少しでも払うべし

海外旅行保険が利用付帯だった場合、交通費などをクレジットカードで支払えば適用されます。

 

あくまでも旅行に直接関係のある交通費ということですが、どこで支払うかでカード会社の判断が違うことも

日本出国前の交通費をカードで支払った場合のみ適用されるケース、出国後の支払いでも適用されるケースと分かれます。

また、JCB一般カードのように、利用明細の郵送停止サービスの登録を済ませないと適用されないケースも。

自分が所有するクレジットカードの付帯保険の条件は、必ず確認しましょう。

 

 

まとめ

 

付帯保険がいいところは、万が一の保険として利用できる点です。

例えば、海外で高いものを購入する際、それが壊れていれば、下手をすれば泣き寝入りになることも。

クレジットカードで支払っておけば、一部自己負担はあれど、ほぼ大部分は補償されます。

 

現金でなんでも支払うことは、実はリスクであり、特に海外旅行では得策ではありません。

支払えるものはできるだけクレジットカードで支払うことが、自分の身を守ります。

それを可能にしているのがクレジットカードの付帯保険です。

 

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




クレジットカードの保険
最新情報をチェックしよう!