使い方

クレジットカードのicチップ義務化にどんな意味が?

スポンサーリンク
クレジットカードic使い方

・クレジットカードのセキュリティ力が今までとは段違い

・icチップがあれば、サインがなくても暗証番号を入れればOK

・全世界的にicチップに対応していないところも

最近になってクレジットカードを作った人は、昔のソレに比べて違う点があるコトが分かります。

それはicチップがくっついてる点で、最新のクレジットカードにはかなりの確率でついています。

果たして、icチップがあるコトで、どのような意味が存在するものなのか。

 

この記事を読めば、クレジットカードにおけるicチップがどのような意味を持つのか、お分かりいただけるでしょう。

では解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードのicチップによってサインは不要になった

icチップ

icチップ

磁気と比べれば段違い

 

スキミングの可能性を限りなく低くさせる

クレジットカードを作ると、必ず不正をしようと目論む不届き物がいるもの。

その際の定番の手口がスキミングであり、相当な被害をもたらしています。

機械を磁気タイプのクレジットカードにかざすだけで、読み取られるなんてことも。

 

磁気タイプはそれだけ情報量が少なく、クレジットカードの情報を簡単に盗み取ることができました。

その点、icチップタイプは、情報量が多く、ダイレクトにスキミングしなければなりません

簡単にクレジットカードの中身を読み取れず、複製も難しいため、セキュリティ力があるというわけです。

 

サインがなくても使える

クレジットカードは、サインをするだけで使えるのが特徴的。

ところが、裏面のサインを見れば、それを見てサインを書けばクレジットカードが使える弱点が。

 

ここにicチップがあれば、クレジットカードを落としても不正に使われる確率は下がります

もし暗証番号を忘れても、サインに切り替えてしのげるケースも。

暗証番号だけでクレジットカードが使えるというのは、結構大きいかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードのicチップが2020年義務化が進む

クレジットカードにおけるicチップの意義はセキュリティ (2)

実は世界的にそこまで普及していない

 

icチップに対応していないケースが日本でも海外でも

クレジットカードが使えるところなら、icチップに対応していると考えるのは大間違い。

icチップつきのものを読み取るには専用のカードリーダーが必要です。

これがない場合には、icチップつきのものは使えません。

 

その代わり、磁気もついているのでそちらでクレジットカードを使っていきます。

セキュリティ面を考えれば、やや腑に落ちない部分もあると言えるでしょう。

欧米では普及している一方、そうでない国では全く使えないなんてことも。

そのあたりの事情を知った上で海外旅行のお供として持っていくようにしましょう。

 

 

日本で急速に普及するかも?

欧米を中心にicチップタイプのクレジットカードが普及しているということは、今後日本も対応を迫られることに。

2025年には大阪で万博も開催される中、日本では全然使えないというのでは信用を失うかも。

キャッシュレス決済が進む日本において、icチップタイプのクレジットカードが広まるようになるでしょう。

 

icチップのコスト、再発行手続きなど何かと面倒なことが多い部分もあります。

それでもセキュリティ力は高いため、今後のトレンドとなりそうです。

切り替えることもすぐにできるので、今すぐ試すことをオススメします。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

クレジットカードのセキュリティ力は、誰もが求める要素。

それを格段に高めてくれるのが、icチップ。

 

クレジットカードを便利に、安全に使うには欠かせないアイテムに。

一方で再発行となればお金も手間もかかるのが現状。

icチップの部分を汚さないよう、慎重に扱うことが求められます。

簡単に決済ができてしまう、それが一番便利な要素でしょう。

 

 

  1. クレジットカードの使い方と支払い方
  2. クレジットカードのセキュリティ|知っておくべき知識
  3. クレジットカードの暗証番号を試すのは何回まで|回数何回でロック
  4. クレジットカード紛失|不正利用防止のために再発行か解約
  5. クレジットカードの裏面サイン「なし」はマズいのか?
  6. クレジットカードを通した際に出るエラーコードは、どんな時に出るモノ?
  7. クレジットカードのスキミングはどのように防げばいい?
  8. クレジットカード端末の進化がハンパない!
  9. クレジットカードをネットショッピングに使う危険性は?
タイトルとURLをコピーしました