保険の契約

スポンサーリンク

保険

保険の契約の前に確認すべきことって何がある?

保険に新たに契約する、もしくは保険の見直しをして契約し直すことがあるでしょう。

契約の前に様々なことをチェックして判断したからもう十分と思っている人も。

しかし、保険契約の前に改めて確認すべきことがいくつもあります。

 

ポイント

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・保障額は本当に自分に見合ったものかの確認を

・定期的に保険料の見直しがされる際の確認を

・三大疾病保険は、どのような状況で対象になるかの確認を

 

この記事を読めば、保険契約をする前に、何を確認すべきかがお分かりいただけるでしょう。

では解説してまいります。

 

 

保険の契約は、保障額が自分に見合ったものかを確認してから

保険の契約は、保障額が自分に見合ったものかを確認してから

 

<結論>状況に応じて適した保障額は変化する

 

保障額が多すぎても月々の負担が重いだけ

あくまでも保険はセーフティネットであり、非常時を乗り切るためのモノ。

必要な保障額さえ確保すればよく、過度にもらう必要はありません。

 

契約の際に、本当に必要な保障額なのか、改めてチェックしましょう。

保険以外にも遺族年金など様々なところで、保障されることがあります。

 

それだけでは不十分なので保険を契約するだけのことで、保険だけで賄わなくて大丈夫。

営業マンや生保レディは、営業成績にかかわるためか、そこまで配慮はしないでしょう。

契約する前に、本当にこの金額が必要なのかと疑ってみることをオススメします。

 

保険の更新で一気に保険料が上がることも

保険料が、一生涯変わらないことを売りにする、生命保険などが多数出ています。

なぜ、宣伝文句でそのことが出るかといえば、保険期間が10年単位で設定され、更新されることがあるから。

 

その場合、更新されたタイミングで計算が行われるので、当然金額は高くなります。

たとえ若い時に入っても、10年も経てばそこそこな保険料になるでしょう。

 

保険料が家計を苦しめるなんてことは、できるだけ避けなければなりません。

保険料が一生涯変わらないものかどうかを確かめることも必要でしょう。

 

 

保険の契約は、三大疾病の支払い条件を確認してからでも間に合う

保険の契約は、三大疾病の支払い条件を確認してからでも間に合う

 

<結論>診断された瞬間、支払われるわけではない

 

意外と高い、支払いが行われるまでのハードル

三大疾病になれば、その瞬間多額の保険金が下りる保険が人気を集めています。

保険料の払い込みが免除されるなど、心強い味方のように感じるかもしれません。

 

しかし、いざ三大疾病になってもすぐには保険金がもらえないこともザラ。

その理由は、三大疾病になった際の状況です。

 

例えば、がんはがんでも、皮膚がん(上皮内がん)のようなものは認めないみたいなケースも。

心筋梗塞になっても、一定の期間働けなくなることが要件になることもあります。

 

厄介なのは、保険会社によっては「所定の状態」という文言を使っている場合。

抽象的なので、まだ所定の状態ではないと判断されてしまえばそれまでです。

 

契約の際にそのことを営業マンなどが細かく伝えないことも問題。

ですので、契約する時は三大疾病の支払い条件を聞き出すことをオススメします。

 

支払い条件のハードルを低くした保険会社が狙い

これまでの三大疾病保険は、結構厳しい条件で運用されていました。

 

しかし、話が違うと契約者から不満が噴出したことで状況は変わっています。

がんという診断が確定した時点、また心筋梗塞などで入院が始まった時点で一時金が支払われるケースです。

 

この条件などは保険会社によって異なることが多いので、契約の前に確認しておきましょう。

いくつも保険会社を比較検討する際、その部分で決めるのも1つのやり方です。

 

 

まとめ

保険の契約は、慎重に検討を行ってからでも問題ありません。

 

そのために、ほけんの窓口など複数の保険を比較検討できるところでチェックしましょう。

三大疾病という部分で比較検討をすると、色々な違いに気付くかもしれません。

長いお付き合いになるモノだからこそ、契約までに細かく見比べるのがいいわけです。

 

 

スポンサーリンク

-保険
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.