保険のクーリングオフ

保険のクーリングオフ

スポンサーリンク

投資

保険のクーリングオフは何に気を付ければいい?

保険の営業マンの口車に乗せられて、契約したくもない保険を契約させられたという人がいるかもしれません。

このような場合に、クーリングオフ制度を活用して、保険の契約を解除できます。

しかし、保険会社によってはクーリングオフの考え方に違いもあるようです。

また、クーリングオフができないケースもあるため、注意が必要です。

今回は保険クーリングオフについてまとめました。

 

 

保険のクーリングオフ期間は会社によって全然違う

クーリングオフ

 

 <結論>1日でも早くクーリングオフするのが無難です

 

クーリングオフ可能な日数やタイミングが全く異なる

一般的なクーリングオフは契約後8日間以内に行えば、契約は解除できます。

契約書類を受け取った日から起算し1日目とするため、実質的には1週間です。

 

保険に関するクーリングオフも8日間以内と定める保険会社があります。

一方、15日、30日と延ばしているところも。

そのため、自分が契約する保険会社のクーリングオフの期日は必ず確認しましょう。

 

もう1つ大事なのが、起算日に関することです。

契約の申込日、書面を受け取った日、初回保険料の払込日など、いくつか存在します。

クーリングオフ期間も起算日も保険会社でバラバラです。

だからこそ、1日でも早く、少なくとも1週間以内に決断するのが無難です。

 

 

大手保険会社でも対応が大きく異なっている

例えば日本生命では、申込日もしくは注意喚起情報を受け取った日のいずれか遅い日から、8日以内と定められています。

 

第一生命になると、申込日または初回保険料の払込日となり、その日を含めて15日以内となっています。

 

大手保険会社の中でも、クーリングオフの対応は大きく異なることが分かりました。

ただ、書面でクーリングオフを受け付けるなどの対応は、基本的にどこも同じです。

注意したいのは、いつまでクーリングオフを受け付けてくれるのか。

もし契約に納得がいなかないのであれば、1日でも早い決断と対応を検討しましょう。

 

 

保険をクーリングオフできないケースも存在する

クーリングオフできない

 

<結論>契約の意思を強く見せるとクーリングオフできないことも

 

あくまでも突発的な契約に対応するのがクーリングオフ

そもそもクーリングオフは、消費者を守るために存在するセーフティネットです。

このため、消費者に契約に対する強い意思を見せていた場合には対象外になることもあります。

 

例えば、契約者自らが場所を指定して手続きを行うケースは、保険業法309条に基づき契約の解除ができません

保険業法309条では、保険期間が1年以下、医師の検査を受ける場合、法人契約でも解除できないと定められています。

 

本人はノリノリだったけど、家族が大反対してクーリングオフするケースもあるでしょう。

その場合だとクーリングオフが認められない可能性も考えられます。

保険
保険のことを相談できる窓口では何を聞けばいい?

保険といえば自宅や職場に営業マンが押し掛けるものという時代はもう古いです。 これからは、保険のことを相談できる窓口に消費者が赴く時代です。 どのような保険がいいのか、窓口で相談をすることができます。 ...

続きを見る

 

 

クーリングオフできなくても早めの判断が重要

残念ながらクーリングオフができない、その場合も1日も早い解約をしていきましょう。

初回の保険料を支払うだけで済み、負担を最小限にできます

 

解約自体は、解約の書類が会社に届いたその日に解約可能です。

日割りができないため、すぐに解約せず、次の払い込みのタイミングまで待つことも1つの手です。

ただ、うっかり忘れていて次の支払いのタイミングが来ることも想定されます。

 

解約したいと思ったその日に解約書類を書き上げて郵送するのが無難と言えるでしょう。

no image
保険の見直しや相談はどこで行えばいい?

加入している保険が本当にマッチしているのか、もう少し保険料を安くできないのか。 保険に関する悩みは尽きませんが、問題は誰に保険の見直しや相談をすればいいのかです。 保険会社だと、結局営業に利用されてし ...

続きを見る

 

 

まとめ

強引に契約させて、営業成績を上げようとする生保レディや営業マンはいつの時代もいます。

契約しなきゃこの場から出られなさそうとか、なんだか申し訳ないと不本意ながら契約しても大丈夫です。

 

少なくとも8日以内に書類を送るなどすれば、原則的にクーリングオフは行えます

あとは、クーリングオフができない条件や期間に十分注意しましょう。

一番いいのは、納得のいかない契約は絶対にしないこと

もしくは、1人で契約はしないようにすることを心がけるといいでしょう。

 

 

 

投資 約款 (1)

保険

2019/11/5

保険の約款はどのように読めばいいもの?

自動車保険、生命保険、火災保険など、契約の際には約款と呼ばれる書類が渡されます。 細かな字でたくさんのことが書かれ、見る気が失せたという人もいるのではないでしょうか。 いわば保険に関する約束事が書かれ、契約者にとって重要なことがたくさん書かれています。 保険の約款はどのように読めばいいのか、詳しく解説します。     保険の約款は、言葉さえ知っておけば怖いものはない! <結論>よく出てくる言葉の意味を事前に知るべし   約款に出てくる難しい言葉は、実はそこまで難解 ...

ReadMore

保険

保険

2019/11/3

保険のことを相談できる窓口では何を聞けばいい?

保険といえば自宅や職場に営業マンが押し掛けるものという時代はもう古いです。 これからは、保険のことを相談できる窓口に消費者が赴く時代です。 どのような保険がいいのか、窓口で相談をすることができます。 しかしながら、最初は何を聞けばいいのか、初めて訪れる人にはわからないことだらけ。 今回は保険について相談できる窓口で何を聞けばいいのか、まとめました。     保険が相談できる窓口では、保険証券を持っていこう    <結論>最初の段階で最適な保険を見つけてくれる &n ...

ReadMore

保険が満期

保険

2019/11/3

保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?

保険には一生涯保障されるものもあれば、一定期間、年齢で満期を迎えるものもあります。 加入している保険が満期を迎えた場合、何をすればいいか、満期になってから考える人も多いはず。 実は満期を迎えた瞬間、保険の効力が終わってしまい、万が一の時に対応できません。 保険が満期を迎える前に何をしておけばいいのか、そのあたりをまとめました。     保険が満期になる前に、もらえるお金の使い道を検討する    <結論>最終的に手元に残るお金の活用は重要である   満期保 ...

ReadMore

若者 (1)

保険

2019/10/27

保険は20代のうちに契約を済ませておこう!

生命保険や火災保険など、20代のうちは契約しなくていいと思っている人も多いでしょう。 病気がちな人でない限り、20代で亡くなることを意識する人はそれほど多くありません。 しかし、死亡給付金だけが保険ではなく、その他にもポイントがあります。 保険は20代のうちに契約を済ませるべし!その理由などをご紹介します。   保険を20代で加入し資産形成に活用すべし!   <結論>貯蓄がない人ほど保険を活用しよう   保険はリスクに備えつつ、貯蓄まで行える万能さ 20代のうちに ...

ReadMore

保険 入らない

保険

2019/10/25

保険に入らない人の言い分や気を付けるべきことは?

お金に関する雑誌などには、保険に入らないことを奨励する記事がチラホラと存在します。 特に保険のプロが保険には入らないと公言するケースもあり、一般人からすれば不思議に感じることでしょう。 その人たちの言葉を信じ、保険に入らないと決めた人は何に気を付ければいいのか、そもそもなぜ入らないのか。 保険に入らない選択をした人の根拠や注意点などをまとめました。     保険に入らないといっても、医療保険に限られる   <結論>入院しても様々なセーフティネットで守られている & ...

ReadMore

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.