入るべき 保険

スポンサーリンク

保険

最低限入るべき保険の決め方とは?

できるだけ節約したい、でも、万が一のための保険はかけておきたい。

消費増税に向けて家計防衛をしながら、備えだけは最低限カバーしたい方が多いのではないでしょうか。

これだけは入るべきという保険、最低限入るべきものとは何か。

そして、その場合の決め方は何か、そのあたりをまとめました。

 

 

困ったら掛け捨ての死亡保険に入るべき!

保険 入るべき

 

<結論>亡くなればいくら残せるかが重要

家族を路頭に迷わせない最低限の金銭を保険で確保する

最低限入るべき保険の優先順位において、トップは死亡保険と言われています。

 

医療保険は、高額療養費制度の活用をすれば自己負担額はそこまで多くないからです。

会社員なら傷病手当金も用意されており、保険でカバーするにしても限定的なもので十分とされています。

 

一方、大黒柱を失えば家族が路頭に迷うかもしれないほど、深刻な状況を迎えます。

その場合に死亡保険にさえ加入しておけば、なんとか急場はしのげるはずです。

目安となるのは子供にかかるお金で、1人だいたい1000万円程度。

 

それだけのお金が死亡すればもらえ、掛け捨ての商品を探せば、安く抑えられます。

自分が万が一亡くなったら何が残せるのか、その観点で入るべき保険を見つけましょう。

 

保険
保険は貧乏な人でも入れるものなの?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・最低限重視するものを決めて、それ一本に絞る ・高額療養費制度で何とかなるので医療保険は軽視してもいい ・生命保険にだけは入っておき、残された家 ...

続きを見る

 

死亡保険の額面はどこもそんなに変わらないが…

そもそも保険は確率の上で成り立っており、病気になる確率や亡くなる確率を基に算出されます。

つまり、日本人なら誰しも同じ確率の中で扱われるため、どの保険会社も額面はさほど変わりません。

 

一方で死亡保険などの月々の料金は、会社によって結構変わります。

亡くなるまで保険料が変わらないケースや若い時の方が安く済むケースなど様々です。

 

2000万円を亡くなったらもらいたいとすれば、それで検討を進めることをおすすまします。

額面の差やサービスの差など様々なことに気付くはずです。

 

保険をネットで申し込む際に気を付けるべきコトは?
保険をネットで申し込む際に気を付けるべきコトは?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・保障内容がシンプルすぎることがある ・自分自身でネット保険の中身を理解しなければならない ・保険を契約する際の準備を入念にするのは当然のこと ...

続きを見る

 

 

保障の中身がシンプルな保険に入るべき

シンプルな保険

 

<結論>不要な特約を削れば保険料は抑えられる

 

保険料が高くなるのは特約を色々とつけるから

最低限入るべき保険というのは、言い換えれば最低限保障されるものでいいということ。

このお金だけ確保できれば後はどうでもいいという、乱暴な考え方でも十分です。

 

営業マンなどから提案を受ける際、何かと特約をつけて渡されます。

生活習慣病で入院した場合に多く給付金がもらえる、特定疾病保障特約もその1つです。

 

先進医療特約のように、健康保険が通用しないものをカバーするものもあります。

備えあれば憂いなし、そんな言葉もありますが、最低限入るべき保険かと言えばそうとは言い切れません。

 

入院費用だけは確保したい、手術給付金は受け取りたい、その程度でいいという方も多いでしょう。

その場合に特約を削り、シンプルな保険にすれば保険料は下がります。

 

保険の仕組みは意外とシンプルってホント?
保険の仕組みは意外とシンプルってホント?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・保険の仕組みは三本柱で成り立っていた! ・リスクに見合った保険に入ることがあなたにとって一番お得 ・保険の仕組みは、保険会社の運用がカギを握っ ...

続きを見る

 

頻繁に入院してもその度にもらえる保険

楽天生命が販売する「楽天生命あんしんプラス(入院サポート)」は、とにかく安いです。

月々1000円台で、入院給付金が一律10万円もらえます。

 

180日に1回、通算50回までなので、病気で入院しがちな人もこれなら安心です。

180日以上入院した場合、181日目から新たな入院として扱われるのもポイント。

再び10万円がもらえるため、頼りになるサービスです。

 

 

楽天生命では、入院するとどうしてもかかわる身の回りのものや交通費などをカバーできると説明します。

医療費は健康保険でカバーできるものの、初期費用まではさすがにカバーしてくれません。

月々1000円台ならばなんとか賄え、1泊2日の入院からでも対応できます。

最低限入るべき保険と言えるのではないでしょうか。

保険 終身
保険の終身払いの特徴として何がある?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・終身払いの方が毎月の保険の支払いが楽にできる ・いつ亡くなるかわからないからこそ終身払いに ・医療保険は年々変化を見せ、定期的な見直しが必要だ ...

続きを見る

 

 

まとめ

 

必要最低限の保険で最大の効果を発揮できる保険があれば、それが最高です。

 

しかし、必要最低限の保険料には必要最低限の保障しかつかないのが現実。

優先順位を設定し、その中で一番守るべきものを守るようにするのがおすすめです。

 

子供のためにお金を残すか、がんになってもいいように医療保険に入るべきか。

そのように保険を考えていくと、入るべき保険はおのずと決まっていくことでしょう。

 

投資 約款 (1)

保険

2019/11/5

保険の約款はどのように読めばいいもの?

自動車保険、生命保険、火災保険など、契約の際には約款と呼ばれる書類が渡されます。 細かな字でたくさんのことが書かれ、見る気が失せたという人もいるのではないでしょうか。 いわば保険に関する約束事が書かれ、契約者にとって重要なことがたくさん書かれています。 保険の約款はどのように読めばいいのか、詳しく解説します。     保険の約款は、言葉さえ知っておけば怖いものはない! <結論>よく出てくる言葉の意味を事前に知るべし   約款に出てくる難しい言葉は、実はそこまで難解 ...

ReadMore

保険

保険

2019/11/3

保険のことを相談できる窓口では何を聞けばいい?

保険といえば自宅や職場に営業マンが押し掛けるものという時代はもう古いです。 これからは、保険のことを相談できる窓口に消費者が赴く時代です。 どのような保険がいいのか、窓口で相談をすることができます。 しかしながら、最初は何を聞けばいいのか、初めて訪れる人にはわからないことだらけ。 今回は保険について相談できる窓口で何を聞けばいいのか、まとめました。     保険が相談できる窓口では、保険証券を持っていこう    <結論>最初の段階で最適な保険を見つけてくれる &n ...

ReadMore

保険が満期

保険

2019/11/3

保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?

保険には一生涯保障されるものもあれば、一定期間、年齢で満期を迎えるものもあります。 加入している保険が満期を迎えた場合、何をすればいいか、満期になってから考える人も多いはず。 実は満期を迎えた瞬間、保険の効力が終わってしまい、万が一の時に対応できません。 保険が満期を迎える前に何をしておけばいいのか、そのあたりをまとめました。     保険が満期になる前に、もらえるお金の使い道を検討する    <結論>最終的に手元に残るお金の活用は重要である   満期保 ...

ReadMore

若者 (1)

保険

2019/10/27

保険は20代のうちに契約を済ませておこう!

生命保険や火災保険など、20代のうちは契約しなくていいと思っている人も多いでしょう。 病気がちな人でない限り、20代で亡くなることを意識する人はそれほど多くありません。 しかし、死亡給付金だけが保険ではなく、その他にもポイントがあります。 保険は20代のうちに契約を済ませるべし!その理由などをご紹介します。   保険を20代で加入し資産形成に活用すべし!   <結論>貯蓄がない人ほど保険を活用しよう   保険はリスクに備えつつ、貯蓄まで行える万能さ 20代のうちに ...

ReadMore

保険 入らない

保険

2019/10/25

保険に入らない人の言い分や気を付けるべきことは?

お金に関する雑誌などには、保険に入らないことを奨励する記事がチラホラと存在します。 特に保険のプロが保険には入らないと公言するケースもあり、一般人からすれば不思議に感じることでしょう。 その人たちの言葉を信じ、保険に入らないと決めた人は何に気を付ければいいのか、そもそもなぜ入らないのか。 保険に入らない選択をした人の根拠や注意点などをまとめました。     保険に入らないといっても、医療保険に限られる   <結論>入院しても様々なセーフティネットで守られている & ...

ReadMore

スポンサーリンク

-保険
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.