保険 共済

スポンサーリンク

保険

保険と共済は似ているようで、違う部分がいくつもあった!

保険は、誰しもが加入しているものですが、共済に加入している人もいるでしょう。

でも、保険共済って何がどのように違うの?と質問されて、返答に困る人も多いはず。

保険共済の違いは、それぞれのメリットデメリットの違いにも出てきます。

今回は、保険共済、それぞれの特徴やプラスマイナスの部分をご紹介します。

 

 

保険と共済の違いは、営利と助け合いの違い!

助け合い

 

<結論>支え合う分、負担は共済の方が少ない

 

セーフティネットの有無など違いもある

保険も共済も、どちらも万が一の時に給付金がもらえるという点では同じです。

決定的に違うのは、その仕組みにあります。

 

保険は、1つの会社が営利目的に保険を販売しており、保険料で収益を得ます。

一方、共済は加入者がそれぞれの掛け金で支え合う仕組みなので、営利目的ではありません。

その証拠に、毎年1回決算で利益分が出れば、それを割戻金としてもらうことができます。

保険ではそのようなケースは非常に少なく、この部分は両者で決定的に違う部分です。

 

もう1つ違うのが、セーフティネットの有無です。

どの保険会社も、「生命保険契約者保護機構」に入っており、万が一の時も契約内容が守られます。

しかし、共済はこれに加入していないので、万が一の時の補償がありません。

もちろんすべての共済が全く対応していないわけではなく、独自の補償制度を設けるところも。

加えて、お互いが助け合う共済の仕組みそのものがセーフティネットとも言えます。

年齢や性別に関係なく一律の掛け金で加入できるのも共済のいいところ。

安心やサービスの保険か、お得の共済か、どちらも捨てがたいです。

 

割戻金で共済の経営状態を見るのは難しい

割戻金は、共済の経営状態を見る上でとても重要なファクターだと思いがちです。

剰余金、利益の額で割戻金の額面で決まるからですが、そうとは言い切れません。

 

例えば、都道府県民共済グループの場合新型火災共済では2018年度の割戻率が3.34%しかないです。

その理由は自然災害が多く発生したためで、それだけ多くの共済金が支払われました。

 

新型火災共済は、年によって30%程度の割戻率があり、それなりのお金が戻ってきます。

しかし、阪神淡路大震災の年度ではゼロ、東日本大震災の年度では16%にまで下がっています。

 

傷害共済のように長年ゼロが続くものや総合保障型の共済のように安定したものもあります。

割戻金で共済を見つけたい人は、その中身や長期的な変遷で確認しましょう。

 

 

保険と共済では、亡くなった場合の保障に大きな違いが!

保険

 

<結論>万が一に備えるなら断然保険がおすすめ

 

死亡保障の額面がかなり違うので注意

生命保険の場合、もし死亡すれば、数千万単位の死亡給付金が得られ、増額も可能です。

保険料がそれだけ高く、数千万の死亡給付金を支払うだけの基盤があるためです。

 

ところが、共済は掛け金が安く、みんなで支え合い、利益は丸々プールされません。

死亡給付金は微々たるものしかなく、子供の教育費を何年も捻出できるような額にはならないでしょう。

 

特に県民共済は、死亡保障額が少なく、加入する際にはそのあたりの確認が必要です。

掛け金が安く、病歴があるような人でも保険会社ほど審査が厳しくないところもあります。

それゆえに、死亡保障などの部分でやや手薄になってしまうのは仕方ない部分と言えそうです。

 

掛け金が安く手厚い保障がある共済も

全国で生協を展開するコープ共済は、死亡保障が最大3000万円となっています。

30歳であれば、月々3000円程度の掛け金で3000万円の死亡保障が得られます。

 

しかも、割戻金があるため、これよりも負担は軽くなることから、若い人は特におすすめです。

その代わり、保険期間が10年で終わりなど、少し心もとないものもあります。

おすすめなのは、保険と共済を併用するケースで、保険で補い切れないものを共済で補うことも可能です。

死亡保障の部分は保険に任せ、病気や入院に備えたものは共済にするというプランが立てられます。

 

 

まとめ

保険も共済も似たようなものですが、その仕組みや実際に受け取れる保険金に違いが見られます。

 

少しでも負担を軽くしつつ自分の身を守りたい場合には、共済は便利です。

ただし、保障期間や内容は共済によってかなり異なるため、比較検討は必ず行いましょう。

 

自分や家族を守る上でこれなら安心と思えるものは、自分で見つけ出すのが一番です。

何を守りたいのか、どの部分が不安なのか、それに基づいて保険や共済の中から探すようにしましょう。

 

 

投資 約款 (1)

保険

2019/11/5

保険の約款はどのように読めばいいもの?

自動車保険、生命保険、火災保険など、契約の際には約款と呼ばれる書類が渡されます。 細かな字でたくさんのことが書かれ、見る気が失せたという人もいるのではないでしょうか。 いわば保険に関する約束事が書かれ、契約者にとって重要なことがたくさん書かれています。 保険の約款はどのように読めばいいのか、詳しく解説します。     保険の約款は、言葉さえ知っておけば怖いものはない! <結論>よく出てくる言葉の意味を事前に知るべし   約款に出てくる難しい言葉は、実はそこまで難解 ...

ReadMore

保険

保険

2019/11/3

保険のことを相談できる窓口では何を聞けばいい?

保険といえば自宅や職場に営業マンが押し掛けるものという時代はもう古いです。 これからは、保険のことを相談できる窓口に消費者が赴く時代です。 どのような保険がいいのか、窓口で相談をすることができます。 しかしながら、最初は何を聞けばいいのか、初めて訪れる人にはわからないことだらけ。 今回は保険について相談できる窓口で何を聞けばいいのか、まとめました。     保険が相談できる窓口では、保険証券を持っていこう    <結論>最初の段階で最適な保険を見つけてくれる &n ...

ReadMore

保険が満期

保険

2019/11/3

保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?

保険には一生涯保障されるものもあれば、一定期間、年齢で満期を迎えるものもあります。 加入している保険が満期を迎えた場合、何をすればいいか、満期になってから考える人も多いはず。 実は満期を迎えた瞬間、保険の効力が終わってしまい、万が一の時に対応できません。 保険が満期を迎える前に何をしておけばいいのか、そのあたりをまとめました。     保険が満期になる前に、もらえるお金の使い道を検討する    <結論>最終的に手元に残るお金の活用は重要である   満期保 ...

ReadMore

若者 (1)

保険

2019/10/27

保険は20代のうちに契約を済ませておこう!

生命保険や火災保険など、20代のうちは契約しなくていいと思っている人も多いでしょう。 病気がちな人でない限り、20代で亡くなることを意識する人はそれほど多くありません。 しかし、死亡給付金だけが保険ではなく、その他にもポイントがあります。 保険は20代のうちに契約を済ませるべし!その理由などをご紹介します。   保険を20代で加入し資産形成に活用すべし!   <結論>貯蓄がない人ほど保険を活用しよう   保険はリスクに備えつつ、貯蓄まで行える万能さ 20代のうちに ...

ReadMore

保険 入らない

保険

2019/10/25

保険に入らない人の言い分や気を付けるべきことは?

お金に関する雑誌などには、保険に入らないことを奨励する記事がチラホラと存在します。 特に保険のプロが保険には入らないと公言するケースもあり、一般人からすれば不思議に感じることでしょう。 その人たちの言葉を信じ、保険に入らないと決めた人は何に気を付ければいいのか、そもそもなぜ入らないのか。 保険に入らない選択をした人の根拠や注意点などをまとめました。     保険に入らないといっても、医療保険に限られる   <結論>入院しても様々なセーフティネットで守られている & ...

ReadMore

スポンサーリンク

-保険
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.