保険

スポンサーリンク

保険

保険は貧乏な人でも入れるものなの?

ポイント

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・最低限重視するものを決めて、それ一本に絞る

・高額療養費制度で何とかなるので医療保険は軽視してもいい

・生命保険にだけは入っておき、残された家族に財産を残す

 

皆さんは保険貧乏という言葉をご存じですか?

保険に入りすぎでその支払いだけで結構な額になり、貯蓄に回せない状態を言います。

将来の備えのはずが、今の生活が苦しくなる、皮肉としか言いようがありません。

しかし、貧乏な人が経済的なものを理由に保険に入れないなんてこともあり、貧乏な人でも入れる保険が求められます。

 

 

この記事を読めば、貧乏な人でも安心して生活できるような保険を見つけることができるでしょう。

では解説してまいります。

 

 

保険は貧乏な人ほど、絞りに絞るべし

保険は貧乏な人ほど、絞りに絞るべし

 

<結論>何を重視すべきか、優先順位1位のものに特化

 

保険はたくさん掛ければいいわけではない

貧乏な人が不安に感じるのは、色々な保険に入らなければならないという考えがベースにあるから。

 

確かに医療保険や生命保険、養老保険、学資保険など様々なものが存在します。

しかし、あれもこれもと加入していけば、貧乏な人はもちろん、それなりの収入の人も大変。

 

先ず大事なことは

まず大事なことは、何を不安に感じているのか。

子供がいるので、子供に関することにお金を使いたいという親御さんもいるでしょう。

また、体が弱いので医療保険に入って備えたいという方もいるはずです。

お金をかけられない以上、できるだけ1つに絞って手厚い保障を受ける方が得策。

掛け金が安いもので分散させても、得られるものは薄くなってしまうことも。

これだけは守りたい、そのような強い思いがこの場合は必要です。

 

保険に使える費用を決めておく

保険のために工面できる毎月の費用はいくらか、そのあたりを決めておきましょう。

 

貧乏だと思っている人でも、どこかにムダなものというのがあります。

なんとかそれを絞り出して、保険に回し、万が一の備えに活用しましょう。

もし余裕が生まれればもう1つ別の保険にする、口数を増やすなども可能に。

予算内に無理に抑える必要はありませんが、毎月確実に支払える程度にはしたいところでしょう。

保険,年齢
保険に加入するなら年齢は何歳ぐらいがいい?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・年齢が若いうちから支払えば色々と安上り ・年齢を重ねてから保険に入れば相当かかる ・満年齢と保険年齢の違いは、保険加入時で大きな違いに &nb ...

続きを見る

 

 

保険に貧乏な人が加入するなら医療保険より生命保険

保険に貧乏な人が加入するなら医療保険より生命保険

 

<結論>少しでも貧乏な状態から脱出できる形に

 

高額療養費制度で何とかなる

入院をすることになると、入院費用をどのように工面をするのか、特に貧乏な人は考えます。

入院を拒む理由に費用を支払わないといけないというのがあり、それで手遅れになっては大変。

 

高額療養費制度を利用すれば、自己負担額を一定の範囲にとどめられます。

さらにポイントなのが、限度額適用認定証を事前に発行しておくこと。

 

これを病院などに示すことで、窓口での支払いの際に上限額までの支払いで抑えてくれます。

これなら後で払い戻しを受けるなど、面倒な手続きやお金の工面など負担が軽減。

何回も上限に達すれば、上限額が下がるので、安心できます。

医療保険で守られなくても、一定の負担で抑えられるのは大きいです。

 

生命保険を手厚くするのも1つの手

貧乏な人が、ぜひとも優先順位1位にしていただきたいのが生命保険。

 

収入が少ないということは、急に亡くなった場合、家族が経済的に困窮する可能性が高いということ。

そのために子供が夢を諦める、母親などが無理をするというのは避けるべきでしょう。

生命保険に加入していれば、当面のことは何とかなります。

それ以降は子供たちが力を合わせて頑張るなどやれることはいくらでもあるでしょう。

自力で何とかできるまでの期間をしのぐために、生命保険は必要です。

保険の金額
保険にかけるべき金額の目安ってあるの?

ポイント この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。 ・保険の金額は月収に合わせて考えるべし ・子供がいるかいないかで、かけるべき金額は変わる ・一定の基準でおさめる努力をすれば、賢く保険に入れる ...

続きを見る

 

まとめ

貧乏だと感じる人は年々増え、増税などに伴い、家計の負担はより増しています。

そんな中で保険にお金を使うなんて、貧乏人が宝くじを買うようなものと一蹴する声も。

 

財テクなどの知識に詳しい人はそれでいいでしょうが、すべての人がそうではありません。

貧乏ゆえにそこまで余裕がない人もおり、貧乏な人の戦略が大切。

何を重視するかはその人のポリシー次第ですが、納得のいく形で保険は選びましょう。

 

 

投資 約款 (1)

保険

2019/11/5

保険の約款はどのように読めばいいもの?

自動車保険、生命保険、火災保険など、契約の際には約款と呼ばれる書類が渡されます。 細かな字でたくさんのことが書かれ、見る気が失せたという人もいるのではないでしょうか。 いわば保険に関する約束事が書かれ、契約者にとって重要なことがたくさん書かれています。 保険の約款はどのように読めばいいのか、詳しく解説します。     保険の約款は、言葉さえ知っておけば怖いものはない! <結論>よく出てくる言葉の意味を事前に知るべし   約款に出てくる難しい言葉は、実はそこまで難解 ...

ReadMore

保険

保険

2019/11/3

保険のことを相談できる窓口では何を聞けばいい?

保険といえば自宅や職場に営業マンが押し掛けるものという時代はもう古いです。 これからは、保険のことを相談できる窓口に消費者が赴く時代です。 どのような保険がいいのか、窓口で相談をすることができます。 しかしながら、最初は何を聞けばいいのか、初めて訪れる人にはわからないことだらけ。 今回は保険について相談できる窓口で何を聞けばいいのか、まとめました。     保険が相談できる窓口では、保険証券を持っていこう    <結論>最初の段階で最適な保険を見つけてくれる &n ...

ReadMore

保険が満期

保険

2019/11/3

保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?

保険には一生涯保障されるものもあれば、一定期間、年齢で満期を迎えるものもあります。 加入している保険が満期を迎えた場合、何をすればいいか、満期になってから考える人も多いはず。 実は満期を迎えた瞬間、保険の効力が終わってしまい、万が一の時に対応できません。 保険が満期を迎える前に何をしておけばいいのか、そのあたりをまとめました。     保険が満期になる前に、もらえるお金の使い道を検討する    <結論>最終的に手元に残るお金の活用は重要である   満期保 ...

ReadMore

若者 (1)

保険

2019/10/27

保険は20代のうちに契約を済ませておこう!

生命保険や火災保険など、20代のうちは契約しなくていいと思っている人も多いでしょう。 病気がちな人でない限り、20代で亡くなることを意識する人はそれほど多くありません。 しかし、死亡給付金だけが保険ではなく、その他にもポイントがあります。 保険は20代のうちに契約を済ませるべし!その理由などをご紹介します。   保険を20代で加入し資産形成に活用すべし!   <結論>貯蓄がない人ほど保険を活用しよう   保険はリスクに備えつつ、貯蓄まで行える万能さ 20代のうちに ...

ReadMore

保険 入らない

保険

2019/10/25

保険に入らない人の言い分や気を付けるべきことは?

お金に関する雑誌などには、保険に入らないことを奨励する記事がチラホラと存在します。 特に保険のプロが保険には入らないと公言するケースもあり、一般人からすれば不思議に感じることでしょう。 その人たちの言葉を信じ、保険に入らないと決めた人は何に気を付ければいいのか、そもそもなぜ入らないのか。 保険に入らない選択をした人の根拠や注意点などをまとめました。     保険に入らないといっても、医療保険に限られる   <結論>入院しても様々なセーフティネットで守られている & ...

ReadMore

スポンサーリンク

-保険
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.