投資 キャッシュフロー

投資 キャッシュフロー

スポンサーリンク

投資

投資キャッシュフローは投資に関わる現金の変化

簡単に説明すると投資キャッシュフローは投資による現金の変化です。

財務諸表の一つであるキャッシュフロー計算表は営業活動のキャッシュフロー、投資活動のキャッシュフロー、財部活動のキャッシュフローの主な3つの現金の変化を表しています。

投資キャッシュフローキャッシュフロー計算書の一つでは健全な企業経営を行えているかの一つの指標となります。

 

 

投資キャッシュフローに含まれる主な3つの項目

キャッシュフロー

 

投資キャッシュフローは投資によって変化した現金の流れを表しています。

そして投資キャッシュフローの主な項目は3つあります。

 

一つ目は有形固定資産および無形固定資産の得た場合と売却した場合の現金の変動です。

有形固定資産とは土地や建物、工場、車両運搬具、機械、備品などがあります。

これらは企業を経営する上で必要となる資産です。

 

二つ目は有価証券及び投資有価証券の売買による変動です。

これは企業が他の企業の有価証券および投資有価証券を所得した時、または売却した時に発生します。

投資有価証券とは満期保有目的の長期保有債券(満期までの期間が一年以上の債権)や、子会社株式・関連株式などの市場性がない関連会社の株式、または市場で価格がない有価証券などを示しています。

 

三つ目は貸付金が戻ってきた場合、貸付を行った場合の現金の変動があります。

投資キャッシュフローはこれらの3つの項目の現金の変動を表しています。

 

 

投資キャッシュフローで経営状態を判断する

経営状態

上記の3つの項目の現金の変動を表す投資キャッシュフローは適切な経営を行えているかの判断の基準となります。

 

投資キャッシュフローは企業が固定資産や有価証券などを売却することによってプラス

聞こえはいいですが設備の売却額が投資している額が多いということです。

つまり、事業縮小のため売却等が考えられます。

そのため、経営がうまく行っていない場合が多く投資キャッシュフローはプラスの時には注意が必要です。

 

逆に投資キャッシュフローがマイナスの企業ほど投資をたくさん行っている企業であることが多い

営業キャッシュフローが好調で投資を行うための資金があるということでしょう。

現在行っている事業の規模拡大のために現在の設備を増やしたり、新たな設備に投資を行ったり、新規企業に投資をするなど様々な投資があります。

これらの投資は投資キャッシュフローがマイナスになる要因となります。

そのため本業が好調で営業活動で利益を得てさらなる事業拡大を行っている企業という判断ができます。

 

 

ですがこの事業投資は適切に行われている必要があります。

来季の営業利益が増加していない場合はその投資が役に立っていない場合もあります。

そのため、投資キャッシュフローがマイナスで投資が行われている場合でもその投資は事業の規模拡大に当たってその事業に将来性や収益性が認められなければなりません。

適切な投資が行われていればその先のフローキャッシュフロー(営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー)で儲けが出ているはずです。

営業キャッシュフローが投資キャッシュフローを超えた時フリーキャッシュフローはプラスになります。

投資が業績に結び付いている場合営業キャッシュフローは増加しているはずです。

本当に正しい投資だったのかを判断するためには投資キャッシュフローがマイナスになった次の年からのフリーキャッシュフローを見て判断する必要があります。

このように投資キャッシュフローを見ることで企業の状態を判断することができます。

 

 

グーグルの投資キャッシュフローを見る

Google キャッシュフロー

 

成長を続ける世界的に活躍しているグーグルの投資キャッシュフローを見てみましょう。

 

投資キャッシュフローは2016年−31,165、2017年−31,401、2018年−28,504(単位:百万USドル)と連続してマイナスである。

次にフリーキャッシュフローを見てみると2016年4,871、2017年5690、2018年19,467(単位:百万USドル)と年々増加しており、営業利益につながる投資が行えているということが分かります。

 

投資キャッシュフローからもグーグルは未来への投資を盛んに行うことで売り上げも伸ばし健常な経営を行っていることが分かります。

このように投資キャッシュフローは経営状況の判断に役立ちます。

 

 

まとめ

投資キャッシュフローは会社の投資によっておこったキャッシュの増減を表しており、企業が適切な経営をしているかを知る重要な指標の一つです。

投資キャッシュフローがプラスだといいというわけではなく、マイナスであれば本業が好調で新規事業や事業拡大に投資している場合が多いです。

投資が利益に結びついているのかということの一つの判断基準となるので注意してみて見ましょう。

 

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.