投資信託 相談

スポンサーリンク

投資

投資信託の相談はどこですればよいの?

 

ポイント

この記事でお伝えすることは次のとおりです。

投資信託でどのように運用すればよいの?どこに相談すればよいの?と思ったとき

・銀行や証券会社に相談するのはおすすめではありません 。

・最近注目を集めているのが独立系フィナンシャルアドバイザーです。

 

投資信託で運用しようと思っても、どのようにすればよいの?と不安に思われている方は多いでしょう。

たくさんの投資信託から何を選んだらいいの?自分にあっているのはどれ?

どこに相談すればよいの?

いずれもむずかしいですよね。

これは、そんなあなたに読んでいただきたい記事です

 

 

この記事で、投資信託相談で銀行や証券会社がどうしておすすめできないのか、独立系フィナンシャルアドバイザーはなぜおすすめなのかをご理解いただけます。

では、解説いたします。

 

 

投資信託の相談をするのは

投資信託の相談はどこですればよいの?

 

銀行や証券会社

どこかに相談しようと思ったときに、まっさきに思いつくのが銀行や証券会社などの金融機関でしょう。

テレビやエアコンを選ぶときには、家電のお店に行きます。

品ぞろえが多いお店にいって、そこの店員さんに相談するのは自然なことです。

それでも、投資信託の運用で銀行や証券会社に相談するのはおすすめではありません

 

銀行や証券会社は投資信託を販売するときに手数料をもらっています。

そのため、銀行や証券会社がすすめた商品は、金融機関にとってメリットがあり、あなたにとっておすすめではないデメリットある投資信託である可能性があります。

 

株式や投資信託などを選ぶとき、金融機関に相談しないという人に理由をたずねた調査があります。

金融機関には相談しない理由は

「必要ないものまですすめられそう」と答えた人が50%。

「金融機関が売りたい商品しか推奨されない」と回答した人も39%いました。

(2019年1月金融庁調べ)

 

みなさん、心配なのですね。

投資信託の勉強をしたい
投資信託の勉強をしたいなら、具体的な金融商品を選定すること

投資信託の勉強をしたいが、具体的に何をしたらよいのか、と思っていませんか。 初めて投資信託の購入を検討していると、不安になり、本を読んで勉強した方がよいのかな、と迷いが生じますよね。   & ...

続きを見る

 

投資信託などの知識がある知人や友人

あなたの周りにも、投資信託で運用したことがある方や投資信託に詳しい方がおられるでしょう。

そういう方に相談するという手もあるかもしれません。

 

それでも、友人や知人が専門家と同じように詳しいかどうかは、わかりません

また詳しく相談しようとすると、あなたがどのような財産があるのかも合わせ相談しないと効果がありません。

そうなると、知人や友人ではかえって難しいですよね。

ネット証券会社
投資信託をはじめるなら、SBI証券が候補を検索しやすい

投資信託をはじめようかと考えているが、SBI証券や楽天証券など、どこが良いのか迷います。 この記事では、SBI証券にフォーカスしてみます。 ネット証券大手であります。 投資信託の取扱本数が2600本以 ...

続きを見る

 

独立系のフィナンシャルアドバイザー

投資信託などの相談で、最近、注目を集めているのが独立系のフィナンシャルアドバイザーです。

 

 

 

投資信託の相談をするなら独立系フィナンシャルアドバイザーがオススメ

独立系フィナンシャルアドバイザーとは?

 

独立系という意味は、銀行や証券会社など金融機関に所属していない、という意味です。

そのため、金融機関の方針にしばられることがありません。

金融機関の売りたい投資信託をすすめられたりすることがなく、中立的な立場であなたの相談にのってくれます。

 

また金融機関では人事異動がつきものです。

独立系フィナンシャルアドバイザーは人事異動で担当者が変わってしまうようなことがなく、気に入ったアドバイザーと長くお付き合いできるのもメリットです。

 

どんなサービスを受けることができるの?

独立系フィナンシャルアドバイザーからは、次のような流れでサービスを受けることができます。

 

・個別相談

資産運用の目的や自分の財産をふくめて具体的な相談をします

 

・提案

相談をもとにフィナンシャルアドバイザーから投資信託などの運用プランの提案があります。

 

・フォロー

市場の動きやあなたのライフステージの変化に応じて、フォローの面談やアドバイスを継続して受けることができます。

 

 

どんな会社があるの?

独立系フィナンシャルアドバイザーには個人で登録していたり、法人で登録していたりとさまざまな業者があります。

 

なかには手数料を収入としていて、手数料収入の高い投資信託をすすめてくるような業者もいます。

その中でも評判がよい代表的なアドバイザーは以下の3社です。

 

おすすめ

・ファイナンシャルスタンダード

・GAIA(ガイア)

・投資信託相談プラザ(会社名はFAN)

 

いずれの会社も無料のセミナーを開いています。

まずはお気軽にセミナーに参加するところから始めてはいかがでしょうか。

 

 

独立系フィナンシャルアドバイザーってだいじょうぶ?

そうはいっても聞いたこともない会社ばかりです。

大切なお金のことだから、心配になってしまいますよね。

 

それでもご安心ください。

独立系フィナンシャルアドバイザーは相談をしてアドバイスをくれますが、お金を預かって運用したりするわけではありません。

そのため、もしアドバイザーが倒産してしまっても、大切な資産が失われるようなことはありません。

 

 

 

まとめ

 

投資信託で運用する、といっても最初はむずかしいものです。

どこかに相談したい、と思ったときに、独立系フィナンシャルアドバイザーは頼りになる存在です。

無料のセミナーに一度参加されてはいかがでしょうか。

 

 

 

株 デイトレード (2)

投資

2019/11/25

株のデイトレードのメリットから銘柄選びのコツまで徹底解説

ポイント この記事を読めば、次のことが分かります。 ・株のデイトレードのメリット ・株のデイトレードにおける、銘柄選びの基準 ・株のデイトレードのコツ   株の投資方法の1つに、デイトレードがあります。 デイトレードを利用すれば、投資に幅が広がり、結果として、収益がよくなる可能性があります。 今回は、株のデイトレードのポイントについて解説していきます。   それでは、解説していきます。     株のデイトレードは誰でも始めることができる 株 デイトレード (1) ...

ReadMore

株の相続・税の計算

投資

2019/11/22

【知らなきゃ損】株の相続の手順と相続税の算出方法を徹底解説

ポイント この記事を読むと次のことが分かります。 ・株の相続方法 ・株の相続時の評価額算出方法   亡くなった人の株を相続する場合、相続手続きが必須です。 とはいえ、株の相続は人生で一度、経験があるかないかの出来事なので、方法が分からないのも当然です。 今回は、株の相続方法と相続時の評価額算出方法について解説していきます。   それでは、解説していきます。     株を相続するための5つの手順 株の相続・税の計算   あなたが相続対象となる身内が亡くなり、 ...

ReadMore

株 利回り (1)

投資

2019/11/22

目標が投資を制す!株の利回りの求め方と具体的な数値目標を解説

ポイント この記事を読めば、次のことが分かります ・株の利回りの求め方 ・株の利回りの中心は配当利回り ・株の利回りの具体的な目標数値   勉強や仕事と同じで、投資にも必ず目標が必要です。 何の目標も持たずに投資を始めると、高確率で失敗してしまうからです。 そこで、目標を決めるための1つの目安となるのが、利回りです。 利回り目標を明確にすることで、投資の成功率を高めてくれます。   今回は、株の利回りの求め方や具体的な目標数値について解説していきます。 それでは、解説していきます。 & ...

ReadMore

株式投資をおこなう上で出来高が重要

投資

2019/11/20

【超重要】株式投資をおこなう上で出来高が重要な理由を徹底解説

ポイント この記事を読めば、次のことが分かります。 ・株の出来高が重要な理由 ・株の出来高の確認方法 ・株の出来高ランキングの重要性   株の出来高を活用していますか? 株の出来高は株式投資をおこなう上で、非常に重要な数値の1つです。 出来高を活用することで、より高度な株式投資ができるようになります。 今回は、株の出来高の重要性について解説をいたします。   それでは、解説していきます。     株の出来高とは 株 出来高   株取引は、自分の意思だけで、 ...

ReadMore

信用取引 (1)

投資

2019/11/17

初心者は危険?株の信用取引における3つのリスク

ここまで、株の信用取引のメリットについて、解説してきました(株の信用取引の仕組み  ・  株の信用取引のメリット )が、当然、リスクもあります。   主なリスクは、次の3つです。 ・追証が発生する可能性がある ・取引手数料以外の手数料が発生する ・返済(返却)期限がある場合がある   それぞれ、詳しく解説していきます。   追証が発生する可能性がある   株価の変動により、含み損が発生し、担保率が最低維持率(一般的には30%)を下回った場合、期日までに、追加で現金や ...

ReadMore

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.