不動産投資 (1)

スポンサーリンク

投資

不動産投資とは何か?不動産投資を徹底解説

不労所得と言えば、不動産投資を思い浮かべる人は多いでしょう。

しかし、実際に投資を行うとなると、多くの資金が必要で、ハードルが高いと感じる人も多いと思います。

しかし、ローンを借りることで、不動産投資を行うことができ、敷居は高くありません。

そこで、不動産投資とは何かを解説していきたいと思います。

 

ポイント

この記事でお伝えすることは、以下の通りです。

不動産投資は家賃収入と売却益が収入源です。

・購入時のローンはアパートローンとプロパーローンの二つがあります。

・不労所得や、相続税対策、老後の安定など様々な魅力があります。

・入居者が入らない、家賃の低下などのリスクもあります。

 

この記事を読むことで不動産投資とは何か、そしてその魅力とリスクを知ることができます。

 

 

不動産投資とは何?

不動産投資

不動産投資とは、家賃収入を得たり、売却益を得ることで、資産を増やす資産運用方法です。

家賃収入により、不労所得を得ることもでき、夢があります。

不動産投資は主に2つに分けることができます。

それぞれ説明していきます。

 

ワンルーム

一つ目はワンルーム投資です。

これは分譲マンションのワンルームを購入します。

 

購入費用や維持費は一棟まるまる買うよりも、安くすませることができます。

そのため、始めるハードルはそこまで高くありません。

しかし、一室のみの家賃収入しか得ることができないので、大きな利益を得ることは難しいです。

入居が住んでいる稼働率(入居率)を考えると

 

1棟買い

二つ目は一棟買い投資です。

集合住宅などを一棟購入する投資方法です。

初期費用は莫大です。

しかし、その分家賃収入も大きくなるので、リターンも大きいです。

このように、主に2つの種類があります。

no image
マイナビ 徹底解明

マイナビ 評判

続きを見る

 

 

不動産投資のためのローンはどんなものがあるの?

不動産投資ローン

2種類ある不動産投資ですが、ワンルームでも金額が高く、ローンを組んで投資を始めるのが一般的です。

この場合に利用するローンは主に2種類あります。

アパートローンとプロパーローンの二つです。

それぞれ解説していきます。

 

アパートローン

一つ目のアパートローンの審査が通るかどうかということは、返済能力に影響されます。

投資する人の年齢や年収、職業を特に重視し、審査を通すかどうか決定します。

そのため、一定の収入のある人が、このローンの審査が降りやすいです。

 

プロパーローン

二つ目のプロパーローンは、その不動産投資が成功するかどうかが重要になってきます。

そのため、不動産投資に関して詳しく、過去にも投資を行っている場合は、こちらのローンを視野に入れるのもいいでしょう。

このようなローンを利用することにより、大きな資金が必要な不動産投資を行うことができます。

 

 

不動産投資の主な3つ魅力

不動投資の魅力

不動産には、主に3つの魅力があるので紹介していきます。

 

家賃収入=不労所得

一つ目は家賃収入によって、不労所得を得ることができるということです。

不労所得は、多くの人にとって夢でしょう。

家賃収入は、それを実現させてくれます。

ワンルームの場合や一棟買いの場合など、種類により収入の量は異なります。

しかし、不労所得が得られるというのは大きな魅力です。

 

老後の収入源

二つ目の魅力は老後の収入源になるということです。

最近では老後の資金が2000万円必要などと言われ、老後の不安が高まっています。

しかし、不動産から家賃収入を得られれば、安心した生活を送ることができるでしょう。

不動産投資によって、安心した老後生活を送ることも可能です。

 

相続税対策

三つ目の魅力は相続税の対策になるということです。

現金を相続する場合よりも、不動産を相続する方が、税金が安くなる場合が多いです。

現金は100%評価額に含まれてしまいます。

しかし、不動産は3分の一のみが評価額に含まれるので、相続税の対象の人は税金を安く済ませることも可能です。

このように相続税の対策にもなります。

no image
営業テクニック 効果的

続きを見る

 

 

注意しておくべき不動産投資の二つのリスク

リスク

魅力が多い不動産ですが、当然リスクもあります。

そこで注意しておくべき二つのリスクを解説していきます。

 

入居者リスク

一つ目のリスクは入居者が入らないというリスクです。

不動産収入において、家賃収入は大きな収入源です。

しかし、それは入居者がいて初めて発生する収入です。

不動産投資は大きな額の投資となるので、家賃収入が入らない場合、損失は大きいでしょう。

このようなリスクが不動産投資にはあります。

 

家賃が下降するリスク

二つ目のリスクは家賃の変動リスクです。

家賃が下がってしまった場合、家賃収入も減ってしまいます。

家賃の低下は様々な要因により、引き起こされます

例えば、駅が近く利便性が高かったが、その駅が移転することで、利便性が下がるということがあります。

このような利便性の低下により、土地の価値が下がり、家賃は下がってしまいます。

このように、家賃が減少し、利益が減るというリスクがあります。

不動産投資は魅力も多い反面、様々なリスクも抱えています。

 

 

まとめ

不動産投資は不動産を所得し、それにより家賃収入を得たり、売却益を得たりすることで資産を増やす投資方法です。

 

家賃収入により不労所得を得たり、相続税の対策、年金の対策になったりと様々な魅力があります。

しかし、入居者が入らない、家賃の低下など様々なリスクがあるのも事実です。

また、入居者が入らず、家賃収入もないとローンだけが残ることになってしまいます。

このようなリスクがあるということも忘れないでください。

ローンを組むときには、必ず余裕を持った返済計画を組むように心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.