投資 回収

スポンサーリンク

投資

経営において重要な投資回収期間とは何?

経営において、投じた資金を回収するということは極めて重要です。

 

ポイント

この記事でお伝えすることは、以下の通りです。

投資回収期間とは投資した資金を回収するのにかかる期間です。

・将来いつ利益を得ることができるのか、見当をつけることができます。

・適切な投資回収期間は、1~2年です。

・投資回収期間の計算方法は難しくないです。

 

なぜなら、回収できなければ、ただの損失となり、その投資は無駄だったということになるからです。

資金力のない企業は、無駄な投資を行うことで、大きなダメージを受けることになるでしょう。

いつから投資による利益を得ることができるのか、予測する一つの指標として投資回収期間は重要です。

投資回収期間は、投じた資金を回するのにかかる期間を表しています。

 

この記事を読むことで投資回収期間とは何か、そして適切な回収期間はどのくらいかということを知ることができ、計算方法が身につきます。

 

 

投資回収期間とは?どんな時に必要?

投資回収期間とは?どんな時に必要?

 

投資回収期間とは文字通り、投じた資金を回収するまでにかかる期間のことです。

 

投資による利益が、未来のいつ頃から利益を生むのかということを考える上で、重要な指標です。

資金に余裕のない会社が、投資回収期間が長い期間になることにより、経営にダメージを与える場合もあります。

そのようなリスクを回避する必要があります。

 

そのため投資をするときには、投じた資金によりいつから利益が生まれるのかを予測することは大切です。

資金力のない中小企業は特に重要な指標となるでしょう。

 

 

適切な投資回収期間はどのくらい?

外国為替証拠金取引 FX

 

投資回収期間は、何に資金を投じるかということによっても変わってきます。

また、その企業の規模や資本力など、その会社の状況によって、どのくらいの期間が適切かということは異なってきます

 

しかし、一般的に適切な投資回収期間とはどのくらいなのでしょうか。

企業の規模にもよりますが、中小企業の場合、1~2年と言われています。

過去には3~5年でも問題ないと言われていました。

 

しかし、最近はITの急激な発達などにより、経済環境が急速に変化する時代になりました。

そのため、3~5年だと予測することが難しくなってきています。

もちろん、短ければ短いほどよいです。

資金を投じて利益を得るまでに時間がかかることで、資金に余裕のない企業は資金不足に陥るリスクが高まるからです。

 

リスクを避けるためにも、自社の資金力を考慮し、投資回収期間を適切に評価しましょう。

資金を投じて、利益を生み出すまでの期間が長期化することで、会社に大きなダメージを与える場合もあるので、注意しましょう。

 

投資回収期間の計算方法

投資回収期間の計算方法

次に投資回収期間の計算方法を紹介します。

計算方法はそれほど難しくありません。

 

投資回収期間 = 投じた資金 ÷ 投資による年間の予想収益

という計算式で求めることができます。

 

例えば、1億円の投資を行うことによる一年の利益が2千万円の場合、投資回収期間は5年となります。

しかし、どのような投資を行うかということにより、何を年間収益とするのかということが異なります。

 

新規事業や商品開発などの投資を行う場合は、その商品によって得られた利益が年間収益となります。

設備投資は生産性を向上させるために行われるでしょう。

この時、設備に資金を投じることによって、どのくらいの経費を抑えることができたのか、ということが年間収益となります。

どのような投資を行うかということで、年間収益も変わってくるので、注意が必要です。

 

 

まとめ

投資回収期間とは投じた資金を回収するのにかかる期間です。

 

将来の利益を把握するためにも重要な指標で、会社経営において重要です。

投じた資金から利益を得ることができるようになるまでに時間がかかると、会社に大きなリスクをもたらしてしまう場合もあります。

このようなリスクを避けるためにもとても役立つ指標です。

 

そのため、企業の経営において重要なので、ビジネスマンや経営者は、ぜひ覚えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.