スポンサーリンク

投資

株式投資とはなに?初心者にもわかりやすく解説

ポイント

この記事でお伝えするのは以下の通りです。

株式投資の仕組みはどのようになっているのか。

・株式の配当金、売却益、株主優待という魅力

・会社の倒産、株価の値下がりなどのリスク

 

株式投資はよく耳にする言葉ですが、どのような仕組みになっているかを理解している人は少ないのではないでしょうか。

株式投資とは企業が発行した株式を購入し、それにより配当金や、売却益を得ることで資産を増やします。

 

この記事を読むことで株式投資の仕組み、魅力とリスクをご理解頂けると思います。

では解説します。

 

 

株式投資の仕組みをわかりやすく解説

株式投資の仕組み

 

株式とは企業が事業資金を調達するために、発行するものです。

 

株に投資するということは、この株式を購入し、会社の出資者となるということです。

 

会社の出資者になることによって、企業が得た利益から配当金を得たり、株価の値上がり時に売却することで売却益を得ることができます。

この配当金や売却益によって、資産を増やすのが株式投資です。

 

 

株式投資を行うことの魅力

株式投資の魅力

株式投資には、様々な魅力がありますが、主な3つの魅力をお伝えしたいと思います。

 

株価の上昇により、売却益を手にすることができる

自分が出資したお金により、企業が成長してくれるかもしれません。

そうなれば、で株価は上がるでしょう。

また、業界の状況、様々な要因によって株価は上昇します。

株価の上昇により、大きな売却益も手にすることができるのが、株式投資の魅力の一つです。

 

配当金があることです

株式を所有していれば、その企業の利益から配当金を受け取ることができます。

企業によっても異なりますが、年に1、2回受け取ることができます。

 

決算日の三営業日前に株式を所有しているだけで、配当金をもらえます。

配当金がいくらもらえるかは、配当利回りにより決まります。

 

しかし、配当利回りは企業ごとに異なります。

2019年8月19日現在、日経平均株価の東証一部上場企業の平均配当利回りの予想値は2.35%です。

確実にこの配当利回りがもらえるわけではありません。

 

しかし、株式を保有しているだけで、この程度の利回りの配当金をもらえるのは魅力的です。

平均値よりも高い配当利回りの企業も多くあり、株式投資をする場合には、配当利回りにも

注意してみましょう。

 

株主優待がもらえます

企業ごとに異なりますが商品券など、様々な優待品をもらうことができます。

多くの企業の株主優待を所有している人は、株主優待の商品券で、生活費のほとんどを賄っているという人もいます。

このような商品をもらえることも株式投資の魅力です。

 

以上の3つの魅力が株式投資にはあります。

株式を所有していることで様々なメリットがあることがわかります。

no image
営業テクニック 効果的

続きを見る

 

 

株式投資で注意すべき2つのリスク

注意すべき2つのリスク

様々な魅力がある株式投資ですが、リスクもあります。

そこで主に2つの注意すべきリスクについて説明していきます。

 

株価下落のリスクです

株価は上昇することもあれば、下落する場合もあります。

株価が下落することで、持っている資産が減ってしまうというリスクがあります。

 

様々な要因で株価は下落します。

大企業であっても、不祥事で株価が下落したということは、ニュースでもよく見るでしょう。

そのため、注意が必要です。

 

会社倒産のリスクです

会社が倒産することで、その株の価値は0になってしまいます。

倒産した企業の株は一定期間取引されます。

 

しかし、所有している多くの人が株を売ることで、株価は1円ほどになります。

これにより、100株が100円ほどとなります。

売却するときの手数料もあるので、倒産することで株式の価値がなくなってしまうことがわかるでしょう。

このような倒産のリスクが、株式投資にはあります。

 

株式投資には魅力も多いですが、リスクもあるので注意して行いましょう。

 

 

まとめ

株式を所有することで、企業の株主になります。

株主になることで、企業の利益の一部を受け取れたり、株式の売却益を得ることができます。

 

配当金や売却益、株主優待はかなり魅力的です。

株式投資により億万長者になった人も多くいるでしょう。

 

しかし、株価の下落や会社の倒産によって、大きな損害を被った人もいます。

そのようなリスクを踏まえたうえで、自己責任で投資を行いましょう。

 

実は営業に向いてる人

営業

2019/10/21

人見知りの方が営業に向いてる|経験から現役不動産会社社長が解説

ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・人見知りの方が、顧客をよく観察している。 ・外交的な方が営業に向いてると思われる時代は、もう終わっている   僕自身が、内向的で人見知りな方で、体育会系でもないし、知らない人と話すこと苦手です。 商品を売り込んだりとか出来るかな、イヤだな、でも他に何か出来るわけではないし・・・等と考え、社会人生活をスタートさせた人間です。   営業の仕事を選んだときに、一番驚いたのは筆者の親でした。 何度か転職もしましたし、今は小さいながらも不動産 ...

ReadMore

営業 向いてる 向いてない

営業

2019/10/23

営業に向いてる人|向いてない人|本当は違った。営業経験40年の筆者が解説

・実は営業に向いてる人は、明るく話し好きな人ではない ・営業に向いてる人は、お客さんから選ばれる人 ・明るく話し好きな人が営業に向いてる人になるためには ・営業に向いてる人は、実は無口で大人しい人   営業に向いてる人について、皆誤解してます。 筆者の営業経験40年から解説します。   本当に営業に向いてる人は、本や記事に書かれているような「明るく話し好きな人」ではないです。 それは筆者に言わせれば、むしろ営業に向いてない人です。   現場経験が20年超えた辺りから感じていま ...

ReadMore

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.