投資 利回り

スポンサーリンク

投資

投資をするなら知っておくべき「利回りの意味と活用法」

資産運用を行う場合、利回りはとても重要になってきます。

なぜなら投資によって自分がどのくらいの利益を得られて、どのくらい資産が増えていくのか、ということを考えるときに重要な知識となってくるからです。

しかし、よく聞く言葉ではありますが、意味をよく知らないという人もいるでしょう。

そこで、今回は将来の利益を予測するためにも、重要な利回りに関して丁寧に説明していきたいと思います。

 

 

投資における重要ワードである「利回り」とは?

利回り

 

利回りとは、投じた資金に対して利益の比率を、一年間の平均で表したもののことを言います。

 

これは資産運用を行ってく上でとても大切で、将来にどれくらいその投資によって稼ぐことができるのか、ということを知る一つの指標となります。

 

不動産や株、FXのスワップポイント、投資信託など、利回りの用途は様々です。

自分自身で計算できるということも重要なので、計算式まで覚えておいてください。

 

計算式で表すと、

利回り(%)=利益÷投じた金額÷運用年数×100

という計算式で求めることができます。

このように、自分自身で利回り求めるのは難しくありませんので、忘れないようにしましょう。

 

そして利回りは主に二つに分かれます。

 

一つ目は表面利回りです。

これは、得られた稼ぎのみを考えて計算する方法です。

そのため先ほどの計算式と何ら変わりません。

 

二つ目は実質利回りです。

こちらは、税金や手数料など投資にかかわるコストを考えて求められる利回りです。

実際に投資をするときに、コストはとても重要になってくるのでn実質利回りを求めるということは必ず念頭に置いておいてください。


 

税金や費用の方が大きい場合はその投資によって逆にお金を減らしてしまうということもあります。

計算式は(

利益−コスト)÷投じた金額÷運用年数×100

です。

 

コストを考えるということは、投資を行う上でかなり大事なので忘れないでください。

利益がいくら大きくても、コストもそれに比例して大きいのならば、利回りは大きく下がってしまい、自分が予想していた利益と実際の利益の差が生まれてしまいます。

 

 

 

投資における利回りの活用方法 FX例に見ていく

FX投資

 

では実際に利回りが投資にどう活かしていけるのか見てみましょう。

ココに注意

今回はFXのスワップポイントへの投資を例に考えてみます。

スワップポイントは何かと話題に上がることが多いですが、2国間の金利の差によって得られる利益のことです。

日本はかなり金利が低いので、円を売って金利の高いトルコリラやメキシコペソなどの金利の高い通貨を買うことによって、スワップポイントを得ることができます。

スワップポイントは毎日受け取ることができます。

この場合の利回りの計算式は

利回り=(一年間に受け取ることのできるスワップポイント+為替変動損益−税金)÷投じた金額÷運用年数÷100

という計算式によって求めることができます。

 

オーストラリアドルで考えてみましょう。

必要証拠金が29,000円で、一年間に受け取ることのできるスワップポイントは、6,205円です。

税金と為替損益を考えない場合、利回りは約21%となります。

投資としてはかなり利回りが良いことが分かります。

 

オーストラリアドルを買っているだけで、このような利益を得ることができるので、かなり夢のある話ですよね。

しかし、注意すべき点は為替変動損益にあります。

金利が高い分、為替の変動の損益の幅も大きくなってしまいます。

そのため、所有している通貨の価値が大暴落してしまった場合、スワップポイントを大きく上回る損失を被るというリスクもあります。

逆に利益が出る可能性もありますが、かなり注意が必要です。

このように利回りを考えると、投資の様々なことがわかるので是非活用してみてください。

 

 

 

まとめ

 

利回りとは、将来その投資からどのくらいの利益を得られるのか、ということを予測する場合の一つの「指標」となります。

 

そして実質利回りを計算することで、コストを考慮した数値を求めることができ、実際の資産運用に役立てることができます。

投資をする場合には、重要な言葉なのでぜひ覚えておきましょう。

また、投資をしないという場合でも、常識的な知識として知っておいて損はありません。

 

 

実は営業に向いてる人

営業

2019/10/21

人見知りの方が営業に向いてる|経験から現役不動産会社社長が解説

ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・人見知りの方が、顧客をよく観察している。 ・外交的な方が営業に向いてると思われる時代は、もう終わっている   僕自身が、内向的で人見知りな方で、体育会系でもないし、知らない人と話すこと苦手です。 商品を売り込んだりとか出来るかな、イヤだな、でも他に何か出来るわけではないし・・・等と考え、社会人生活をスタートさせた人間です。   営業の仕事を選んだときに、一番驚いたのは筆者の親でした。 何度か転職もしましたし、今は小さいながらも不動産 ...

ReadMore

営業 向いてる 向いてない

営業

2019/10/23

営業に向いてる人|向いてない人|本当は違った。営業経験40年の筆者が解説

・実は営業に向いてる人は、明るく話し好きな人ではない ・営業に向いてる人は、お客さんから選ばれる人 ・明るく話し好きな人が営業に向いてる人になるためには ・営業に向いてる人は、実は無口で大人しい人   営業に向いてる人について、皆誤解してます。 筆者の営業経験40年から解説します。   本当に営業に向いてる人は、本や記事に書かれているような「明るく話し好きな人」ではないです。 それは筆者に言わせれば、むしろ営業に向いてない人です。   現場経験が20年超えた辺りから感じていま ...

ReadMore

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.