投資信託 おすすめ

スポンサーリンク

投資

おすすめの投資信託|初心者にはインデックスファンドがおすすめ

投資信託に興味をもった方が悩むのが、どのような投資信託を選べばよいの?

何がおすすめなの?ということでしょう。

そんな方にはインデックス型の投資信託(インデックスファンド)がおすすめです。

 

ポイント

この記事でお伝えすることは次の通りです

・初心者におすすめの投資信託は、手数料が低いインデックスファンドです。

・手数料は、運用の成果に大きな影響があります。

・そのため、手数料が低いインデックスファンドがおすすめです。

 

この記事で、投資信託を選ぶときには、インデックスファンドがおすすめである理由と実際の運用にかかる手数料についてご理解頂けます。

では、解説してまいります。

 

 

投資信託を始めるにはインデックスファンドがおすすめ

Investment trust投資信託

 

投資信託を始めるには、インデックスファンドをおすすめします。

その理由は2つあります。

 

1つは、長い期間運用すると、手数料が運用成果に大きく影響します。

そのため、運用している間の手数料を低くすることが大切だからです。

もう1つは、インデックスファンドは運用の手数料が低いからです。

 

手数料が低い投資信託がおすすめ

 

投資信託を過去の利回り実績でランキングしたものを見かけます。

これまでよい運用をした投資信託であれば今後も高い利回りが期待できそうです。

しかし、過去の実績は将来の保証にはなりません。

過去の実績で投資信託を選ぶのはおすすめできないやり方です。

 

運用成果にかかわらず、投資信託には必ず手数料がかかります。

例えば、手数料に1%の差があったとします。

これで10年間、運用を続けると10%の差になってしまいます。

10%を運用で取り戻すのは大変ですよね。

だから、手数料が安い投資信託がおすすめなのです。

 

インデックスファンドは手数料が低い

 

インデックスとは株式市場などの値動きを示すために、多くの株式の動きをまとめたものです。

日本株では日経平均株価がインデックスとして有名です。

 

インデックスファンドとは、例えば日経平均株価の動きに合わせて運用する投資信託のことです。

これに対して日経平均株価よりも値上がりしそうな株式を選んで、日経平均株価を上回ろうとする投資信託をアクティブファンドといいます。

 

アクティブファンドは、値上がりしそうな株を選ぶために、企業を調べたりする費用がかかります。

しかし、企業を調べたりせず、日経平均株価と同じ運用をするインデックスファンドではそのような費用がかかりません。

 

そのためインデックスファンドは運用費用を低くすることができます。

これがインデックスファンドをおすすめする理由です。

 

 

投資信託の手数料について

投資信託 手数料

投資信託の運用に必要な手数料は大きく次の2種類です。

・販売手数料

・信託報酬

 

これ以外にも投資信託を解約する場合に手数料がかかるものもあります。

しかし、長期にわたって運用する場合には影響が小さいですので、あまり気にしなくてもよいでしょう。

 

販売手数料

販売手数料は、投資信託を購入する銀行や証券会社に支払うものです。

2018年に金融庁が調べたデータによると証券会社の販売手数料の平均は2.18%でした。

 

簡単に手数料が2%だとすると、10万円投資したとしても、2%(2千円)が差し引かれて、9万8千円で運用がスタートします。

いきなり2,000円のハンディを背負っているため、これは痛いですよね。

販売手数料が高い投資信託は、おすすめできません

 

ネット証券では販売手数料が無料のノーロードという投資信託を取り扱っています。

特に今回おすすめしているインデックスファンドには、ノーロード型が多く販売されています。

インデックスファンドでも、ノーロード型を選ぶことをおすすめします。

 

信託報酬

信託報酬は、投資信託を運用・管理するための費用です。

運用している間、投資信託から定期的に差し引かれます。

 

2017年に金融庁が調べたデータによると残高が上位の投資信託の信託報酬は平均で1.53%だったそうです。

毎年、運用成果から1.53%を差し引かれるため、長期間運用すると大きなマイナスの影響があります。

 

一方、インデックスファンドでは、信託報酬が0.1%~0.2%台の投資信託がたくさんあります

また幸いなことに、運用会社の間でインデックスファンドの信託報酬を引き下げる動きが続いています。

例えば、2019年5月にはニッセイアセットマネジメントや大和投資信託が相次いでインデックスファンドの信託報酬を引き下げました。

日経平均株価と同じ運用をするインデックスファンドの場合、両社とも0.14%です。

 

インデックスファンドでも、信託報酬の低い投資信託を選ぶことをおすすめします。

 

 

まとめ

長期間の運用では、手数料を低くすることが大切です。

 

投資信託は、費用が低い投資信託、特にインデックスファンドがおすすめです。

また購入する際にはネット証券などで販売手数料がかからないノーロード型のインデックスファンドを選びましょう。

 

 

株 デイトレード (2)

投資

2019/11/25

株のデイトレードのメリットから銘柄選びのコツまで徹底解説

ポイント この記事を読めば、次のことが分かります。 ・株のデイトレードのメリット ・株のデイトレードにおける、銘柄選びの基準 ・株のデイトレードのコツ   株の投資方法の1つに、デイトレードがあります。 デイトレードを利用すれば、投資に幅が広がり、結果として、収益がよくなる可能性があります。 今回は、株のデイトレードのポイントについて解説していきます。   それでは、解説していきます。     株のデイトレードは誰でも始めることができる 株 デイトレード (1) ...

ReadMore

株の相続・税の計算

投資

2020/1/12

株の相続は評価し遺産分割協議をする|売却すれば税金かかる

ポイント この記事を読むと次のことが分かります。 ・株の相続方法 ・株の相続時の評価額算出方法   亡くなった人の株を相続する場合、相続手続きが必須です。 とはいえ、株の相続は人生で一度、経験があるかないかの出来事なので、方法が分からないのも当然です。 今回は、株の相続方法と相続時の評価額算出方法について解説していきます。   それでは、解説していきます。     株を相続するための5つの手順|評価と遺産分割協議が必要 株の相続・税の計算   あなたが相続 ...

ReadMore

株 利回り (1)

投資

2019/11/22

目標が投資を制す!株の利回りの求め方と具体的な数値目標を解説

ポイント この記事を読めば、次のことが分かります ・株の利回りの求め方 ・株の利回りの中心は配当利回り ・株の利回りの具体的な目標数値   勉強や仕事と同じで、投資にも必ず目標が必要です。 何の目標も持たずに投資を始めると、高確率で失敗してしまうからです。 そこで、目標を決めるための1つの目安となるのが、利回りです。 利回り目標を明確にすることで、投資の成功率を高めてくれます。   今回は、株の利回りの求め方や具体的な目標数値について解説していきます。 それでは、解説していきます。 & ...

ReadMore

株式投資をおこなう上で出来高が重要

投資

2019/11/20

【超重要】株式投資をおこなう上で出来高が重要な理由を徹底解説

ポイント この記事を読めば、次のことが分かります。 ・株の出来高が重要な理由 ・株の出来高の確認方法 ・株の出来高ランキングの重要性   株の出来高を活用していますか? 株の出来高は株式投資をおこなう上で、非常に重要な数値の1つです。 出来高を活用することで、より高度な株式投資ができるようになります。 今回は、株の出来高の重要性について解説をいたします。   それでは、解説していきます。     株の出来高とは 株 出来高   株取引は、自分の意思だけで、 ...

ReadMore

信用取引 (1)

投資

2019/12/26

知識があれば怖くない!株の信用取引の仕組みを徹底解説

ポイント この記事を読めば、次のようなことが分かります。 ・株の信用取引の仕組み ・株の信用取引のメリット ・株の信用取引のリスク   株の取引方法の1つに、信用取引があります。 株式投資の経験者にとっては、有効な投資方法の1つですが、一方でリスクも大きい投資方法だと言われています。 では、株の信用取引は本当に実践すべき投資方法なのでしょうか? 今回は、株の信用取引の仕組みとそのメリット、リスクについて解説していきます。 では、解説していきます。     株の信用取引の仕組み ...

ReadMore

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© ミュウ ジョブ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.