事務職の転職は大変

スポンサーリンク

転職

事務職の転職は競争率が高い|志望動機・自己PRがとても重要

2019-04-23

ポイント

この記事でお伝えすることは、次のとおりです。

1)事務職転職競争率が一番高い

2)事務職の転職では、志望動機がとても重要

 

事務職の転職は、今なかなか大変です。

有料サイトではなく、ハローワークの募集だけでも、求人倍率がとても高いのです。

応募する人たちは知らないかもしれませんが、求人倍率は20〜30倍です。

求人倍率では、人気の職種になっています。

ですので、志望動機をしっかりと持っていることが、他の応募者との差別化になります。

 

転職面接を行ってきました筆者が経験から解説します。

 

 

事務職の転職が最も競争率が高い

 

 

多分、事務職へ転職希望のあなたはご存じないと思いますが、事務職の募集をすると、会社には、驚くほどたくさんの履歴書が送られてきます。

通勤便の良い場所ですと、一般事務職の1人の求人に対し、30倍前後の倍率にもなります。

 

転職採用をしておりますと、今の時代に、最も人気の職種は、事務職なのか、と思います。

事務職の採用条件がよいからではありません。

具体的には、一般的な転職者の募集内容として、休みだけは週休二日ですが、給料設定は安い会社が多いです。

これは、ハローワークのデータにも記録があります。

 

競争率が高い大きな理由は、事務職の転職求人が減少しているせいと思われます。

しかし、一方では、事務職は、外注化・AI化・自動化などの流れの中で、最初になくなる職種ではないかとも思われています。

事務職に転職を希望されている方には、数年後にはなくなる職業という認識は薄いかもしれません。

 

どうしても事務職の仕事に就きたい人は、倍率30倍以上を通り抜けて行かなくてはなりません。

なかなか大変です。

 

 

事務職の転職では志望動機は重要

 

事務職の転職求人倍率が高い状況がいつまで続くかはわかりません。

ただ、新たに事務職を採用する会社は、非常に少数になっています。

 

そういう状況下で、事務職へ転職する方は、事務職への転職を成功させるために、志望動機を明確にしておくべきです。

なぜ、その仕事を選択しようとしているのか、なぜその会社を選択しようとしているかの志望動機です。

 

志望動機が不明瞭な人が多い

事務職に転職応募する方には、一つの特徴を感じています。

それは、ほとんどの事務職への転職希望者は、志望動機が希薄である方が多いからです。

仕事に対する思いは、それぞれ応募者は、志望動機として持っていると思います。

 

しかし、肝心の面接を受けようとしている会社に対する志望動機が薄い方が、本当に多いです。

筆者がこれまでに面接をしてきた印象では、事務職という仕事に就職したいという印象が強いです。

○○○株式会社に就職をしたいという志望動機は、もしかしたら持っていないのではないかと思うことがあります。

 

会社に対する志望動機を面接官に明確に話せることで、面接する会社側の印象は非常に良くなることになります。

他の応募者の方が、明確にできていない応募の理由=志望動機を、面接官に明確に伝えられるのですから。

 

事務職に転職しようと希望しているあなたは、なぜその会社を選ぼうとしているのか、志望動機はどういうことなのか、について明確にしておくのが良いです。

志望動機を明確にすることは、転職の成功に一歩近づけます。

 

 

パソコンスキルのアドバンテージはない

20年前くらい前の事務職には、PCスキルのアドバンテージがありました。

しかし今は、事務職以外の社員も、例えば営業マンのPCスキルは、そこそこの高さにあります。

 

また、以前のように、仕事に使うアプリも「マイクロソフト一辺倒」ではなくなりました。

ワードやエクセルすら、使い方が分からなくとも、オンラインアプリで、同じようなことが使える時代になっています。

2019年現在、世の中はあらゆる分野で、ロボット化・AI化、そしてアウトソーシングで必要とされるスキルがどんどん変わっています。

 

一昔前の事務職では、「パソコンができること」「マイクロソフト 何級」「簿記 何級」などが、重視されていた頃が一時期あります。

しかし、今は転職にたいしての「資格を持っている特別感」はありません。

ですので、マイクロソフトの資格に「MOUS」という資格がありますが、その資格の転職に対しての優位性は、もはやないということです。

 

資格を持っていることよりも、「会社に転職入社したいのです、なぜかと言いますと、御社に入社したいというこういう志望動機があります」と、具体的に、志望動機を話せることの方が重要です。

 

失敗

転職

2019/11/29

徹底解明|転職の失敗について|会社社長が解説

色々考えて転職した。 しかし、実際に転職してみると、想定外のことが起きたりします。 「失敗したかな」と思うこともあります。 もし、今そんな気持ちがあるのなら、何か役に立てる事があるかも知れません。 会社社長が解説しています。     転職失敗した理由は?どうするのが良かったのか 転職を失敗した理由は、なんだったのか? 次回の転職ためにも、よく考えておきたい。     保育士の転職。成功と失敗の選択 保育士の仕事はやりがいがある一方で、大変な仕事でもあります。 そのた ...

ReadMore

転職 (2)

転職

2019/11/29

徹底解明|転職をするきっかけは何だったか?

もちろん、人によるだろう。 しかし、人生には、転職しようかという迷いを持つことが、幾度となくあります。 ただ、転職を考えるきっかけによっては、現状で改善できないかをトライしてみた方が良い場合もあります。 最初のきっかけは?     転職するか、続けるか|決断と迷い|会社社長が解説 転職するか・・・・・ 突然の人事異動で転勤の内示があったとき? 営業成績の低迷で辛くなってきたとき? あるいは、職場の人間関係に疲れてきた・・・     転職のきっかけは何?ハラスメント? ...

ReadMore

転職対策

転職

2019/11/28

転職面接の全てを対策するガイド|会社社長が徹底解明

会社社長の立場から解説しています。 ですので、転職サイト等よりも、少し現実的な対策についてアドバイスしています。 あなたの次の転職面接の対策になれば幸いです。     転職面接で自己紹介・相手が聞きたいことは 自己紹介で、面接官が聞きたいことは、前職の実績よりも、苦労されたときの話の方が、人柄が伝わります・ 実績の数字だけを聞かされましても、いいのか悪いかは、面接官に判断がつきません。 また自己紹介では、熱意を込めて志望動機について話すのは、良いです。     転職 ...

ReadMore

転職は在職中に行うのが良い理由

転職

2019/11/22

転職は在職中に行うのが良い理由

ポイント この記事でお伝えすることは、次の通りです。 ○退職してから転職活動をするメリットとデメリット ○在職中に転職活動をするメリットとデメリット   在職中で転職を考えている人の悩みは多いかと思います。 転職先が決まるのか、今より好条件の会社に転職できるか、採用後は円満に退職出来るか……。 「転職活動をし始める時期はいつが良いか」という悩みや、 「在職している会社に転職する事をいつ伝えるか」という問題も出てくるのではないですか。 退職のタイミングは転職の成功、失敗を左右します。   ...

ReadMore

転職理由トップ10

転職

2019/10/28

転職理由トップ10|転職して目指したい物事

なんのために転職するのか。 時々見失っていないだろうか。 以下のポイントは、厚生労働省のデータおよび転職サイトのリクナビやマイナビのデータから抽出したものです。 ポイント やはりお金が大事です。年収を上げたい。 お金よりも、家族と一緒にいるための休日が欲しい。 仕事内容のキャリアアップを目指し、高みを目指したい もっと営業(販売)のスキルをみがきたい お客さんに喜んでもらえることでやりがいを感じたい やりがいや働きがいを何かによって感じる事を目指している 年収1,000万円を目指しているか(1000万は例 ...

ReadMore

スポンサーリンク

-転職
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.