管理職になりたくない人が増えてる理由とメリット/デメリット

スポンサーリンク

仕事

管理職になりたくない人が増えてる理由とメリット/デメリット

2019-06-16

最近、管理職なりたくない人が増えてると聞いた。

しかも、どうも若い人だけではないらしい。

筆者の場合、年収アップ+キャリアアップを望んできた結果、管理職は経験してきた。

管理職になりたくない人の秘密を深掘りして解説します。

 

 

管理職になりたくない人が増えてる

管理職になりたくない

管理職になりたくない人が増えてる

 

厚生労働省の「労働経済白書」やリクルートのマネジメントソリューションが実施している「新人/若手の意識調査」の他、各種の調査データから、管理職になりたくない若手が増えていることが分かった。

 

筆者が若手だった頃から、出世して管理職になりたい人となりたくない人は、存在していたが、それが今は逆転しているようだ。

調査の対象がそれぞれのデータでの違いがあり、数字にも少しバラツキがある。

 

しかし、ハッキリしたことは、現在非管理職の会社員の6割以上の人たちは、管理職になりたくないと考えていることだ。

その内でも、20代女性と30代女性は83~84%の人たちが、管理職になりたくないと考えている。

 

一方では、同調査の結果で、年功による昇給昇格を期待する人が4割いる。

更に、会社に終身雇用の保証を望んでいる新人社員は7割以上にもなる。

 

ここに矛盾をはらんでいる。

つまり、管理職にはなりたくない。

しかし、昇給昇格はしたい。

出来れば、定年まで、同じ会社にいたいという矛盾です。

 

管理職になりたくない理由は

管理職になりたくない (1)

管理職になりたくない

 

再び調査結果を複合的に調査し、管理職になりたくない理由を確かめると大きく分けて以下の3通りです。

回答しているのは、新人以外の40代の中堅社員まで含んでいる人たちです。

 

1.管理職の仕事は自分には向いていない|管理職になりたくない

・自分はそういうタイプではない

・他人を叱ることができない

・イヤなことを言わなければいけないのは大変

 

 

2.割に合わない|管理職になりたくない

・仕事量が増えて、残業が増えるのに、給料が減る

・仕事の責任だけ増える、給料はそんなに増えない

・大変そうだし、残業もつかない

 

 

3.今の管理職を見てそう思う|管理職になりたくない

・プライベートの時間がなくなりそうと感じる

・人間関係の調整に時間を取られそうだから

・現場で働く方が良い

 

 

管理職になりたくない人へ → こんなメリットがあります

しかし筆者は自分の経験から、管理職になりたくない人に、こんなメリットがあることを伝えたい。

 

 

年収が増える

これは会社の給料のシステムの違い、もあるかもしれない。

しかし、筆者の経験では、間違いなく年収は増えるはずです。

 

管理職になったら給料が減った、というのはおそらくは残業分のことなのか。

管理職になると、確かに残業手当は無くなる会社がほとんどだろう。

しかし基本給はアップしているはずなので、年収ベースでは増えるし、その後の昇給の幅も大きいのが一般的です。

管理職になりたくない人の年収が、管理職並みに増えていく仕組みは、一般的な組織には存在しない。

 

 

社会的ステータスが高まる

社会的ステータスとは責任や注目度とも言える。

これは、実際そうなのだが、メリットでもあるし、デメリットでもあるかもしれない。

 

対外的な露出が間違いなく増えます。

筆者の場合は、ストレス増加はありました。

ただ、反面、評価されているという認識が生まれる。

管理職になりたくないといっている人も、人から評価されたいという人間の根本的欲求(承認欲求)があるはずなのだが。

 

 

仕事の裁量は増える

仕事の裁量権は増えます。

それを仕事の責任というならば、そうかもしれない。

 

しかし、仕事の裁量が増えたことに伴い、プロジェクトの目標を達成していくというやりがいが増える。

チーム員をはるかに超える働きがいを感じる感覚になります。

管理職になりたくない人が感じている”やりがい”や“働きがい”よりも、大分大きい事を得られる。

 

会社への発言権が得られる

これは、裁量が増えることにも関係してくる事です。

一人のスタッフとしての関係性よりも、はるかに高い発言権を得られる。

仕事に取り組んでる感は、一人のスタッフとして感じてる何倍もの働きがいを感じます。

管理職になりたくない人は、自分の発言権がいつまでも小さいことを、ストレス無く受け入れられるのだろうか。

 

 

まとめ

 

管理職になりたくない人は、責任が増えるのは嫌だが、年収は高くなりたい、いっているように感じる。

客観的に、考えれば、それは相当に難しいことです。

 

管理職に限らないが、世の中への貢献・影響が大きい人は、総じて、得られている収入が高い。

それは、責任と比例する関係に有るからです。

それは、居なくては困る存在だからです。

一般的に、医者の収入が高いのは、そういう理由です。

 

管理職になりたくない人は、今後の未来の収入が、今以上にならないことをトレードオフとしなければ成立しません。

 

 

 

不動産 AI化

不動産売買 仕事

2019/10/26

不動産仲介業は、外注化・ロボット化・AI化によって、社員は半減する

不動産業も既に進化を続けている。 現在2019年秋から、3〜4年以内には、社内の営業社員は半減するだろう。 (不動産仲介会社を経営する立場から書いています。)   フルコミ営業やフリーランサーとして、業務を一部を請け負う人がもっと増える。   不動産業も変化をしている   新築のマンション業者は少し事情が違う。 しかし、それ以外の新築戸建・中古マンションと戸建に係わる業務については、これから、どんどんAI化・ロボット化(自動化)へと進んでいくと思われます。   一つ ...

ReadMore

国家資格

仕事

2019/9/20

心理学における初の国家資格「公認心理士」

ポイント こちらの記事でお伝えすることは次の通りです。 ・公認心理師の国家資格の専門性 ・国家資格の合格率 ・心理支援や心理療法により、できること ・精神科リエゾンチームでの公認心理師の必要性   2015年「公認心理師法」が交付され、2017年に9月に施行されました。 この記事を読んでいただると、「心理学における初の国家資格である【公認心理師】」 についてご理解いただけます。 では、解説してまいります。     公認心理師と臨床心理士の違い 国家資格の整 ...

ReadMore

介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

仕事

2019/11/15

介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

ポイント ここでお伝えするのは以下の通りです。 ・介護派遣の給料事情はどうなっているのか ・派遣会社で介護士として働くメリット、デメリット   世の中高齢化社会が益々加速していき、4人に1人は高齢者の割合になってきます。 その中で、今後重要な仕事となっていくのが「介護」の仕事です。 慢性的な人員不足で介護士の需要は高まっています。 この記事を読んで頂けますと、「派遣会社で働く介護士の給料事情やメリット・デメリット」をご理解頂けると思います。 では解説してまいります。     ...

ReadMore

マーケティングが最重要|営業も製造もプロモーションもその中の一部

仕事

2019/11/15

マーケティングが最重要|営業も製造もプロモーションもその中の一部

営業の前線に立って、売上で会社に貢献してきた時間が長くなると、つい誤解をしてしまいます。 会社の業績を支えているのは、営業であるという誤解です。 それは、幻想です。 営業が商品を販売するために、マーケティングを活用しているのだ、という意識も幻想です。 営業が事業に強く関与しているのは、出口の所だけです。   立ち位置を、会社や経営から見ると、営業はマーケティングの一部でしかなくなります。 営業を10何年やってきましたという人は、早く「物売り」から脱皮して、マーケティング視点を持つ営業に進化すべき ...

ReadMore

PDCA 回す

仕事

2019/11/15

PDCAサイクルとは?どういう意味なのか?|現役社長が解説します。

物作りや販売・営業を担当するものは、必ず耳にする言葉です。 PDCAサイクルを回す。 もはや、PDCAサイクルは古いとも言われてもいますが、本当に基本的チェックをするのには、最も分かりやすいツールです。。   PDCAとは、Plan・Do・Check・Actionの頭文字をとった略称です。 「計画を立てる・実行する・検証する・改善し行動する」を表している。 PDCAサイクルを繰り返し、繰り返し、やっていく(PDCAを回す)ことで業務改善はします。 現役社長が解説します。   &nbsp ...

ReadMore

スポンサーリンク

-仕事
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.