注意

クレジットカードにおける家族カードはここに注意!

家族カード注意
家族カード

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

家族カードにすることで、買い物の中身を把握される

・1人が自由に使うことで、制約が生まれる

クレジットカードの利用履歴が全然育たない

 

 

クレジットカードには家族カードがあり、家族なら誰でもクレジットカードが利用できます。

審査なしで、奥さんや学生の子供にクレジットカードを持たせられるのが家族カードです。

一見すると便利な家族カードですが、注意すべき点がいくつも。

 

この記事を読めば、クレジットカードにおける家族カードのどこに注意をすればいいかが分かります。

では解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードにおいて家族カードにすれば買い物の中身がバレる

クレジットカードにおいて家族カードにすれば買い物の中身がバレる

 

お互いに知りたくない情報を知ることに

 

今まで黙っていた買い物をとがめられることも

家族カードを作るコトで、クレジットカードの明細を家族が見ることに。

今まで家族には言わなかったことがバレることも十分にあります。

 

例えば、必要以上に買い物をしていることがバレて怒られることも。

なんでこんなモノ買ったの!とヒステリックに言われても困るでしょう。

もちろん自分だけでなく、家族カードで何を購入したかも明らかに。

 

子供がバカみたいに買って腹立たしいと感じるコトもあるでしょう。

それぞれの中身を見ることで、互いに咎め合うような状況になるのは最悪。

プライバシーの部分でもあるので、なるべく咎めたくはないところです。

 

 

クレジットカードはそれぞれで持つのが理想的

家族カードは便利なので、それぞれで節制できればベスト。

ポイントもつきやすくなるので、その方がいいに決まっています。

 

とはいえ、何を買ったか把握されたくない人にとって家族カードは合いません。

理想なのは、1人1人がクレジットカードを持っておくコト。

あれで何を買ったとか、家族カードで無茶苦茶しやがってと腹を立てることも無くなるはず。

クレジットカードは自分で管理する、それが理想であることを知った上で家族カードの検討をするのがオススメ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/meisai/ target=]

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードとは別に家族カードを作るデメリットは他にも!

クレジットカードとは別に家族カードを作るデメリットは他にも!

 

審査されない分、無茶苦茶された場合のリスクが問われる

 

ある日突然、びっくりするような請求額が…

明確なデメリットがあるとすれば、審査を受けていない人物に持たせるという点。

クレジットカードの審査があることで、一応の基準で発行するかどうかを決めます。

 

家族カードの場合はその審査がないので、いわば自由。

学生の子供に持たせ、ある日とんでもない請求額の明細を見ることになっても不思議ではありません。

結局その責任は名義人が取らないといけなくなります。

あっさりと持たせる前に、そもそも持たせても大丈夫かどうか、自分なりの審査をしてみましょう。

 

 

クレジットカードの利用履歴が育たない

家族カードを持っていると、クレジットカードを使っている感覚になりますが、実際はクレヒスが育たない状況。

使っているのに利用履歴には残らない、それゆえに審査でしんどくなるなんてことも。

学生であれば、学生専用のクレジットカードを作るのがオススメ。

なるべく家族カードに甘えないことも大事です。

作るにしても、それに依存し過ぎないこともとっても重要。

光熱費の支払いだけに使うぐらいの最低限の使い方にとどめるのがベストかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

正しく家族カードを使えば、これほど便利で、使い勝手のいいものはないでしょう。

支出をある程度コントロールでき、使い過ぎがあればそのことを指摘して場合によっては使わせない選択肢も。

クレジットカードはあくまでも名義人の信用で発行されるので、それが傷つけられるのは不本意。

正しく使ってくれるかどうか、そのあたりを良く見極めたうえで発行することをオススメします。

何度も言いますが、正しく使ってくれればそれで大丈夫。

そのための準備は入念にしておく、ただそれだけです。

 

タイトルとURLをコピーしました