転職 失敗・後悔しない

スポンサーリンク

転職

転職で失敗・後悔しないための会社・職種の選び方

投稿日:2019-05-28 更新日:

現在働いている会社を辞めて、転職という考えが頭に浮かんできた時。

そんな時には、今の仕事から距離を起きたいという事で頭がいっぱいになってしまいやすくなります。

もしより良い新天地を見つけようと考えるのであれば、心の中にある自分自身の気持ちを整理し再認識する事が大切です。

後で失敗したとか、後悔をしないために。

転職したい原因・理由を明確にする。失敗・後悔しないため

なぜ

現在在籍している職場に対する不満の内容や解決するために退職の必要性があるのか、将来挑戦してみたい事があるのか、現状では実現できないのかなどです。

多くの転職の失敗は、ここがしっかりと整理されていないために起こると考えられます。

整理してみましょう。

その不満は、他の会社に転職すればなくなりますか。

今の状況から、改善する可能性はありませんか。

他に挑戦したいことがあるのなら、それは明確になっていますか。

それは今の職場では、将来的にも実現できる可能性はないですか。

 

なぜここまで、考える必要があるのかと言いますと、転職先の職場では、基本的にゼロからのスタートになります。

多くの転職では、給料条件は下がっています。

その覚悟を持ってもなお、転職の気持ちが変わらないのかを、自分自身で整理しておかないケースが多いのだと思います。

ですので、転職を繰り返してしまうということが起きるのだと思います。

このような点についてよく考えた結果、やはり現在の職場ではなく新天地で活躍したいという気持ちが明瞭になるのであれば、転職に向けて情報収集を開始しましょう。

 

[adcode]

転職活動開始です

発見

まずは情報収集です。

情報収集を行う際には、求人情報を元にして自分の目的が実現可能な企業探しを進めていく事になります。

しかし、求人情報と実際の業務内容や条件には差異が生じているということが転職サイトの経験談に書かれています。

ですので、事前の情報収集はその企業の調査をするくらいの意識で臨む必要があると思います。

求人情報を利用する際には、その企業が管理運営しているホームページ(ウェブサイト)をよく読みこんで、同様に求人情報についても隅々まで目を向けるようにしましょう。第二新卒・若手に強い転職サイト

インターネットを利用してウェブサイトを閲覧する場合は、企業のウェブサイトに限らず、同時にインターネット上で企業に対して書き込まれている情報を検索し参考にするのも良い方法です。こちらも参考にどうぞ  転職サイトの比較。リクナビとマイナビ<比較分析>

また、文字情報などを参考にする方法の他に、気になっている企業が手がけている製品やサービスを実際に利用してみるのも良い方法だと思います。

人脈や紹介を通じて、働いている方にコンタクトが取れるのであれば、お話をお伺いするというのも有益です。

情報を収集した結果、企業に対する思いが尚一層強まり、採用試験を受けたいという気持ちが強くなった時には積極的に応募し面接を受けてみるべきです。

転職時の面接の場面で注意すること

ヒアリング

企業を訪問し、面接をしてもらう場面では、可能な限り、面接試験を受ける事だけに意識を向けるのではなく、社内の雰囲気もしっかりと観察する事も大切です。

今日では、入社を希望している方々に対してオフィスや工場といった現場を案内して頂けるケースが増えています。

案内して頂く事が可能であるのなら従業員の働き方や清潔感など、その場に身を置かなければわからない職場の雰囲気を感じ取れることができると良いです。

またもし可能であれば、少し勇気が必要かもしれませんが、面接担当者以外の方ともお話をさせて頂くようにお願いしてみるのも良いでしょう。

 

入社した後に入社前に考えていた雰囲気と異なるというギャップが発生しにくくなります。

そして企業の雰囲気や理念、手がけているサービスや製品に魅力を感じ理想的な仕事をする事ができると考え入社したはずなので、入社後に予定外の部署や業務を任されてしまう事があります。

面接の時には、入社後に自分が担当する予定の実際の業務内容について確認しておくとよいでしょう。

仕事量や成果などの詳細に関しても、どのくらいのレベルを期待されることになるのかを確認しておくと、入社後に生じるミスマッチが予防できる可能性があります。

面接は緊張の場面ですし、身の程知らずと思われるのは嫌だなどの感情もあり、萎縮してしまうかもしれませんが、以上のような質問をする事で、入社してから「失敗した」と感じる可能性は低くなるのです。

また、ある程度質問事項が多い方が、自分の入社に対する真剣度合いが伝わり、面接担当者から好印象を得られることにもなります。もちろん、そのほうが自分にとってもより良い判断ができるようになります。

転職で失敗・後悔しないためには、自分の中での基準を明確に

基準

後々、転職したことを後悔しないためには、冒頭に話しました自分自分の転職の理由・原因を明確にしておくことと、転職の決断をするためには自身の中に明確に基準(業務内容や労働条件などについて)を明確にしておく必要があります。

そして、自分が選択する基準と照らし合わせて条件を吟味していくのが良いと思います。

もし自分の考えや会社選びの基準が明確になっていないという場合は、まず業界や業種という広い範囲から目指すべき事を考えて行くと良いと思いますが、そもそも転職について一番最初に考えたこと、つまり今の職場の不満が解決することや今の職場では実現できないことが、次回の職場では可能とならなければ、転職の意味がありません。

 

理想とする仕事内容や給与、待遇を考えておき、かつ5年先や10年先の自身のあり方についても考えておくと良いと思います。

転職をする目的が、現状よりも良い待遇や労働条件である場合には、大手企業など組織規模が大きな会社を選ぶと良いのですが、現在募集をしていない場合もありますし、待遇や条件が良好であるが故に競争率も高いのが実情です。

ただし、筆者が経験しましたように、求人募集をしていない会社に入社打診をしてみることは、今の時代でも通用すると思います。もしよろしければこちらの記事も読んでみてください。転職の狙い目は求人募集していない会社にあるかも

大手企業が有する待遇や条件に魅力を感じて転職したい時には、そのグループ会社や子会社も選択肢に入れると、大手企業本体に近い好待遇の環境下で仕事ができるようになる可能性があります。

また将来的には、本体企業への出向や転籍というチャンスも出てくるかもしれません。



まとめ

転職で失敗・後悔しないためには、そもそも転職をなぜしたいのかを、その理由や目的を明確にしておくことが大事です。

今の職場の不満は、解消される可能性は本当にないのか。

今の職場では、自分の調整したいことが本当に実現できないのか。

仮に転職後に一旦は給料が下がることになっても、転職をしたいのか。

そして、転職先の企業について、よく調査すること。

面接時には、聞きにくいかもしれないが、できるだけ多くのことを確認すること。

転職先への向けて、自分の条件を明確にしておくこと。

これらがとても重要です。これらが不明確なため、転職で失敗し後悔する人がたくさんいます。

最近の転職サイトでは、担当がついて無料でアドバイスしてくれる転職エージェントというサービスもありますから、自分一人で考えるよりも気づくことが増えると思う。

一度相談したら良いと思います。おすすめするなら安心できる大手のこちら【リクルートエージェント】



[randlist cat=3 num=5]

スポンサーリンク

-転職
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.