使い方

クレジットカードの更新拒否はリボ残債が注意!

スポンサーリンク
クレジットカード 更新拒否使い方

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・延滞を繰り返した時点でクレジットカードの更新は難しくなる

・複数枚のクレジットカードを持つ人は注意が必要

・クレジットカードを一切使わないのも更新拒否の一因

 

クレジットカードには有効期限があり、有効期限を迎えるたびにその都度更新を行います。勝手に更新されるモノ、そのようにクレジットカードを捉えている人もいますが、そうではありません。

場合によっては更新されないこともあるので、クレジットカードユーザーは注意が必要です。この記事では、クレジットカードが更新拒否されるケースについて紹介しています。

 

スポンサーリンク

クレジットカードの有効期限は更新拒否されることもある?

クレジットカードの支払い延滞を続ければ更新は大変に

リボの残債が多い人、支払い延滞(滞納)を繰り返す人物を信用するクレジットカード会社はないです。ですので、クレジットカードの更新時期にも審査が行われています。場合によって、クレジットカードは更新拒否される場合があるのです。

 

クレジットカードの有効期限の更新の通知

クレジジットカードには、有効期限が明記されています。クレジットカードの表面(また裏面)会員番号の下に「月/年」の形で表記されています。通常、クレジットカードの有効期限は、自動更新されます。

 

特に、手続きをせずとも、現在のクレジットカードの有効期限の約1ヶ月前に、届出をしている住所に郵送されます。もしも、引っ越しをしている場合に、クレジットカード会社に、住所の移転届けをしていないと、前住所へ配送されてしまい、受け取ることが出来なくなります。

また、郵便局に転送届けをしているから大丈夫と考えている方は、要注意です。クレジットカードの場合、郵便局の転送は、してもらえません。防犯上の理由からです。

ですから、もしも有効期限に近い数ヶ月前に、引っ越しをしている場合、遅れずに、クレジットカード会社に、住所の移転届けをしておくべきです。

 

クレジットカードが更新拒否されるのは支払いや信用情報に問題あり?

実は、クレジットカードの更新に関しても、更新審査があります。もしもクレジットカードの更新のカードが、自動的に送られてこないとしたら、更新審査の結果が、良くなかった可能性が大きいです。

更新拒否の理由で考えられることは、「滞納」と「残高不足」です。「滞納」とは、クレジットカードを利用したことに対しての、支払いが遅れているということです。「滞納」については、今回更新できなかったクレジットカードに限りません。

もしも、複数枚数のクレジットカードを所有している場合、その中のクレジットカードで滞納をしてしまっている場合でも、クレジットカード会社によっては、個人信用力に問題発生として、更新されないことがあります。

 

「残高不足」は、利用上限額を超える時に、発生します。残高不足も、何度か発生している状態があれば、やはりクレジットカード会社は、更新の信用条件に難があると、判断し、クレジットカードの更新が拒否されることがあります。

クレジットカード会社では、自社のデータと個人信用情報機関との内容を確認します。多くの場合、内容確認がされるのは、更新時期と利用上限額の増額希望があった時です。もしも、他社のクレジットカード会社での延滞があった場合などでも、個人信用情報機関に、登録されます。その結果、更新審査に落ちるということが起きる可能性があります。

 

クレジットカードの更新拒否の通知 いつごろ来るのか

クレジットカードの更新が拒否される場合、通常は、更新のタイミングで通知されます。ですので、更新拒否の通知は何時ごろになるのかといえば、概ねの目安の有効期限満了の1ヶ月ほど前に、通知されます。

一般的には更新の確認のようなものはありません。その代わりに、住所確認・勤務先確認・収入確認などのようなお知らせが届く場合があります。もしも、そのようなお知らせが届いた場合は、放置しない方が良いです。

 

クレジットカードの更新拒否とはカード会社からの強制解約

クレジットカードの更新は、一般的に、有効期限が近づくと自動的に更新されます。ユーザーから申し出がない限り、カード会社の更新審査で問題がない限り、有効期限は自動的に更新されていきます。

更新されると一方的に、新しいカードが送られてきます。送られてこない場合、自動更新が拒否された可能性、つまり強制解約された可能性があるということです。

もし、強制解約された場合、原則復活は厳しいです。延滞等を繰り返さないよう中止しましょう。

 

リボ払いの残債

リボ払いの残債がもし多いのなら注意が必要です。リボ払いは、金利が高めですし、支払金額が固定です。その状況で、合わせてクレジットカードでの支払いをしていると、残高はむしろ増えていってしまいます。

更新期限が近づいて来たときには、繰り上げて返済をしておかないと、限度額近いような使用状況にありますと、更新拒否される可能性があります。

 

クレジットカードの更新拒否|支払いの延滞を何度も繰り返してる

クレジットカードは、あくまでもその人の信用に基づいて発行されるモノです。その信用が傷つけば、クレジットカードを使わせたくないと考えるのが普通です。

よくあるのは、支払い延滞を繰り返してしまうケースです。長期の支払い延滞は当然ですが、数日程度の支払延滞を何度も繰り返すと問題視されることもあります。

あくまでも1つの要因ですが、支払延滞を繰り返してしまったら、更新されない可能性があるということです。

 

他のクレジットカードでも同じことをしてしまう場合

基本的にクレジットカードは、信用情報をカード会社全体で、共有するような形になります。

あそこのクレジットカードで延滞が発生したけど、バレないはずなんて思っても、バレるものはバレます。下手をすれば、連鎖的に更新できなくなるケースも十分に考えられるということ。

それぞれで延滞させている場合、更新が全然うまくいかなくなることも覚悟しましょう。

 

クレジットカードが更新拒否されるとブラックリストに乗る可能性が

更新拒否されるということは、クレジットカード会社から支払遅延や債務整理が、CICなどの信用情報機関に記録され、その情報をもとに強制解約された可能性があります。

ですので、個人情報に記録が残らないように、延滞等について、十分に注意することです。

 

スポンサーリンク

クレジットカードが更新拒否で再発行されない意外なケース

クレジットカードを使っていなくても更新されないことがある

 

クレジットカードを使っていないユーザーへのコストで赤字になるも注意です

 

年会費が無料のクレジットカードほど注意

延滞もなし、むちゃくちゃな使い方もしていない、なのに更新されないということがあります。ポイントになるのが、有効期限までに一切使っていない場合です。

 

クレジットカード会社は、購入時の手数料などで収益を得ますが、一切使わない人からは1円も発生しません。年会費が有料であれば問題ないものの、無料の場合、全く使われないカードは無駄な存在になります。ゆえに、一切使われない年会費無料のカードは更新されないことがあります。

 

もし、クレジットカードが更新されない=使えなくなるのは、困るとお考えでしたら、ある程度定期的にクレジットカードを利用しておく必要があります。

毎月支出する生命保険料や光熱費関係、あるいは家賃などをクレジットカード払いにすれば、意識をしていなくとも、結果的に、定期的に利用している状況になります。

また、クレジットカード利用に対してのポイントも加算されていきます。

 

 

サブスクリプションのサービスの支払いでもOK

1回も使わないために、更新されないのであれば、できるだけ使うようにすればいいだけのことです。

オススメは、サブスクリプションのサービスの支払いに活用することです。

毎月定期的に支払う経費に利用するということです。

 

例えばYouTubeのプレミアムサービスを利用する際に利用すればそれだけで十分。

いくら使わなきゃ更新されないと明確に示すクレジットカード会社はないでしょう。

いくつかのサービスに課金する際に活用すれば、更新される可能性は高くなります。

特に大きな買い物をする必要もないのと、利用したいサービスで使えるのでオススメです。

 

スポンサーリンク

まとめ

クレジットカードって更新されないこともあるの?と驚かれた方も多いでしょう。

ただ普通に使い、しっかり返済をする人が気にすべきことではありません。

ちゃんとした使い方をする人は、有効期限も段々と延びるようになります。

イメージとしては、運転免許証を思い浮かべればいいかもしれません。

更新されるよう、クレジットカードのご利用は計画的にお願いします。

 

 

関連記事一覧

  1. クレジットカードの使い方と支払い方|まとめ
  2. クレジットカードの変更手続き|更新〜退会までの手続
  3. クレジットカードは期限前に更新を早める?
  4. クレジットカードの更新拒否はリボ残債が注意! (当記事)
  5. クレジットカードの名義変更のタイミングと必要書類
  6. クレジットカードは無職になった時、職業欄に嘘を書く事になる
  7. クレジットカードを退会するなら残高に注意して!
タイトルとURLをコピーしました