クレジットカード 手数料

クレジットカードの手数料を消費者が払う場合とは?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・一括払いや2回払いでは手数料がかからない

・分割払いは回数に応じて手数料が増える

・お店側が消費者に手数料を請求する行為はダメ

 

 

クレジットカードを利用する際、消費者が手数料を支払う事があります。

実は条件に応じて、支払わなくてもいい場合が見られます。

できるだけ無駄な出費をしたくない人は、手数料を支払う条件は知っておきたいところでしょう。

 

この記事を読めば、クレジットカードを使用する際の手数料の事が理解できるでしょう。

それでは解説してまいります。

 

 

クレジットカードの手数料は2回払いまでならかからない

クレジットカードの手数料は2回まではかからない
クレジットカードの手数料は2回まではかからない

 

2回払いができない場合もあるので注意

 

支払い回数に比例する手数料

JCBを例にとると、クレジットカードの一括払いや2回払いでは手数料が不要です。

 

ボーナス1回払いも手数料がかかりません。

これがリボ払いになると、手数料は実質年率8%から18%になります。

利用残高に実質年率がかかる形ですが、18%となるとカードローンレベルです。

 

分割払いの回数が多ければ多いほど、クレジットカードの手数料は増えます。

支払いに余裕がある人は最低でも2回払い、ボーナス1回払いでなんとかしましょう。

 

実質年率は回数に応じて増えていく

三井住友カードでも、JCBと同様に実質年率が定められています。

 

3回払いから手数料がかかり、実質年率は12%です。

これが5回払いだと13%になり、回数が増えれば実質年率もアップ。

 

JCBだと細かく数字が出ていませんが、どこも同じようなものでしょう。

あとは利率の違いなので、そこまで踏まえた上で、クレジットカードを選ぶのも1つの手です。

 

 

クレジットカードの手数料を店側が消費者に請求してはいけない

クレジットカードの手数料 (1)
クレジットカードの手数料

 

実はお店によって手数料が異なる

 

リスクがあるところほど、手数料がかかりやすい

クレジットカード決済を行う企業にも、実は手数料がかけられています。

 

この場合の手数料は、お店がやっている内容によって変化する事をご存じでしたか?

多くのお客さんが来るところは低く、回収の可能性が低そうなところは高く、設定されます。

これを少しでも回収しようとお客さんに転嫁する行為はルール違反です。

 

本来であればその時点で指摘するべきですが、ルール違反だと思っていない人がほとんど。

支払う必要のないクレジットカードの手数料を、支払わされることになりかねません。

クレジットカードの手数料がかかると言われた時点で、怪しむようにしましょう。

 

クレジットカード会社に連絡を入れ、その場では現金で支払うべし

明らかなルール違反のため、この事実はすぐにクレジットカード会社に連絡を入れましょう。

 

すぐにでもクレジットカード会社から連絡が入り、何らかの対応をするはずです。

また手数料を支払うよう求められれば、現金に切り替えることをオススメします。

例えば10万円の買い物をした場合、1%でもかかれば1000円です。

 

現金で支払う事にすれば、1000円多く支払う必要がなくなります。

クレジットカードを使うから必要以上にお金を払う、普通に考えればおかしな話。

それを平気でやってしまう店舗側の罪は大きいでしょう。

 

 

まとめ

 

クレジットカードで高い買い物をする場合は、できるだけボーナス1回払いを活用しましょう。

12回払いや24回払いで支払おうとすれば、それだけ手数料がかかってしまいます。

 

クレジットカード会社によっては、ボーナス2回払いで手数料がいらないところも。

分割手数料を負担する企業もあるので、そこを利用してお得に買い物するのもオススメ。

街中で手数料を請求するお店に出会ったら、すぐに通報しましょう。

手数料に詳しくなれば、余計な支払いはしなくなるはずです。

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




クレジットカード 手数料
最新情報をチェックしよう!