クレジットカード作るなら

クレジットカードを作るなら何歳までに作るべき?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

作るなら学生の時に作っておくべき!

・30代後半で作ろうとすると苦戦する?

・消極的な理由で作るなら作りやすいものでいい

 

クレジットカードは便利なのでいち早く持つべきだ、そんな声も聞かれます。

しかし、早すぎても不安だし、遅すぎてもタイミングを逸するだけ。

クレジットカードを作るなら何歳までか、その目安を知っておきたいところ。

 

この記事を読めば、クレジットカードを作るなら何歳ぐらいがいいか、その目安をご理解いただけるはずです。

では解説してまいります。

 

 

クレジットカードを作るなら学生時代に作っておこう!

クレジットカードを作るなら学生時代に作っておこう!

 

学生向けクレジットカードは還元率も高い!

 

学生から使えばゴールドカードが持てる?

クレジットカードは18歳から発行できるので、作るなら18歳からでも可能。

 

両親がクレジットカードを作ることを認めなくても、20歳からは本人の意思で作れます。

スムーズに作るなら20歳になるのを待ってからクレジットカードを作るのも手です。

学生の時にクレジットカードを作るべき理由は、入りやすさにあります。

収入がなかったとしても、キャッシング枠が低く抑えられているので作れることがほとんど。

 

スマホの分割払いで遅延があったなどのことがなければ、審査が通る可能性は高まります。

また学生向けのカードをずっと使うと、一定の年齢からゴールドカードに格上げされることも。

ゴールドカードの加入は大変ですが、学生から入っていれば問題なく格上げされるのですから使わない手はありません。

学生時代に作るなら、ゴールドカードの道筋がついているクレジットカードがオススメ

 

学生なら持っておきたいカードとは?

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から25歳までが加入できるクレジットカード。

 

大手コンビニチェーンで使用すれば、ポイントが通常の5倍も貯まります。

普段から使用する場合も通常の2倍なので、学生のうちに作ればかなりお得ということ。

 

26歳になれば、プライムゴールドカードに格上げされます。

社会人になり、安定した収入があれば20代でもうゴールドカードがゲットできちゃいます。

クレジットカードを作るなら学生時代、理想的なのは20歳からです。

 

クレジットカードを作るなら30代後半までには作るべし

クレジットカードを作るなら30代後半までには作るべし

 

支払い実績が全くないとむしろマイナス

 

支払いの実績は早めに作って損はない

支払い能力はあるけど、クレジットカードは作りたくないという方が一定数います。

 

現金にこだわることは悪いことではありませんが、時代の流れとは逆行。

クレジットカードで支払うことでお得になるケースは今後増えることが予想されます。

 

仕方ない、作るかと重い腰を上げても、時すでに遅しなんてことも。

最大の要因は信用情報機関に何の情報もない、スーパーホワイトと呼ばれる状態

 

スマホ代の支払いやカードローンの借り入れなど、信用情報が掲載されます。

これを見て、この人は問題ないと判断され発行されます。

それらの情報が全くないため、参考にするべきものがないわけです。

 

スマホ代の分割払いを行う、ショッピングローンで支払うなど地道な実績が必要。

もちろん、スーパーホワイトでも審査をパスする人はいます。

あくまでも可能性を高めるために、信用情報の積み重ねを考えましょう。

20代までなら気にする必要はないですが、30代後半になると厳しくなり始めます。

30代の人でもし作るなら、1日でも早く作るべきでしょう。

 

 

消極的な理由で作るなら作りやすいものでいい

30代後半で、周りが持ってるから自分も作るという、消極的な理由で発行した方もいます。

 

この場合は、ブランドなどは関係なく、作りやすいカードを見つけて作るようにしましょう。

楽天カードはスーパーホワイトの人でも比較的審査が通りやすいと噂されるカードです。

 

そこで実績を重ねれば信用情報は順調に貯まり、信用を獲得できます。

またキャッシング枠がないなど使い勝手が悪い条件で作るというのも1つの選択肢。

とにかくカードを作り、実績を重ねていい条件を勝ちとるのが一番。

クレジットカードを作るなら、本当に持っておきたいのか、その気持ちが大切。

そこまでして作りたいかどうかにかかっています。

 

まとめ

クレジットカードを作るならできれば20歳から、遅くても30代に入るまでが理想です。

 

もちろんそれ以降でも、すんなりと作れることもありますが、なぜか落とされることも。

その場合は多少条件は悪くても発行にこぎ着けて、信用情報を重ねることが求められます。

 

学生のうちに作り、順調に使っていけば早々とゴールドカードへの道も開けます。

結局のところ、何歳の時に作っても信用情報に傷がつけば意味はなし。

もし作るなら、滞納せず支払いができると思ったタイミングでいいのかもしれません。

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




クレジットカード作るなら
最新情報をチェックしよう!