マスターカード

クレジットカードのチョイスをマスターカードにしたら、メリットは?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・海外旅行の強い味方になるマスターカード

・全世界でお得に利用できるマスターカード

・海外に行かない人には特筆すべきメリットはないかも

 

クレジットカードを持つ際に、特典などを気にして選ぶ人が多いかも。

その一方、国際ブランドで決め、マスターカードやVisaなどで決める人はそこまで多くありません。

もしクレジットカードに関して、マスターカードにした場合にメリットがあるのか、気になるところ。

 

この記事を読めば、クレジットカードを決める際にマスターカードにしたときのメリットなどが分かるでしょう。

では解説してまいります。

 

 

クレジットカードをマスターカードにしたら、海外旅行が便利に

クレジットカード マスターカード

 

世界を代表するブランドだからこそ

 

国際ブランドの中でもトップクラス

クレジットカードには、実際にカードの決済を行う仕組みを提供する企業の存在があります。

 

もしクレジットカードを選ぶにしても、それらの企業がなければ利用できるものもできません。

だからこそ、クレジットカードを選ぶ際に、その部分を重視する人は多くないわけです。

 

でも、マスターカードはVisaと並んで、ユーザーに注目されやすい企業の1つです。

海外でのシェアがトップクラスで、どこでも使えるのが魅力的。

途上国などは使えるブランドがかなり限定されますが、その限定された中の1つに必ずといっていいほど入ります。

海外旅行にクレジットカードを持っていく際には、マスターカードが確実です。

 

日本でも海外でもお得に

クレジットカードを提示するだけで、様々な優待制度が利用可能なコトが。

 

我が日本でも、特定のクレジットカードを出せば優待割引などが適用されるコトに。

マスターカードの優待制度は、世界中でも利用できるので結構プラスに。

 

これがブランド力の高さであり、日本で強いJCBにはない部分と言えそう。

世界を旅する際の必需品といっても過言ではないほど頼りになるのがマスターカード。

頼れるモノが少ない時ほど、その存在は頼もしく、心強いモノと言えます。

 

 

クレジットカードをマスターカードにしても、海外に行かないと恩恵は少ない?

クレジットカード マスターカード (2)

 

日本だけで使うならマスターカードにこだわる必要はない

海外に強くても日本で強いとは限らない

マスターカードは、異国の地で強いことは明らか。

しかし、日本で強いかどうかと言われると大きく変わります。

 

日本の場合、JCBもあればVisaもあり、キャッシュレス決済サービスも豊富。

わざわざそれでなければならない理由が乏しくなるというわけです。

クレジットカードを選ぶ際も、ブランドまで発想が回らなくなるのが実情。

ステータスでクレジットカードを探したいケースでも同じ。

 

日本だけで使うならマスターカードにこだわる必要がないというのが現実かもしれません。

もちろん、一切使えないということではなく、あくまでも優先順位の問題です。

 

 

万が一に備えて作るという手

現時点では国外へは旅をしないという人も、いつ行くことになるかわからないモノ。

急に自分探しの旅に出かけたい!そんな衝動に駆られるかもしれません。

 

それならば、万が一のために作っておくのがいいでしょう。

Visaとセットで作れば、シェアの8割は抑えられます。

どちらかは確実に使えるため、旅行の際に持っていけば鬼に金棒。

普段使う分には何でもいいやという人はこの機会に検討してみるのはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

マスターカードにすることで、クレジットカードが使えないと頭を抱える可能性は低くなります。

特に海外ではお金を持たなくても、これさえあればその場をしのげることが多いです。

 

デメリットらしいデメリットがないのも魅力の1つ。

クレジットカード選びでお困りの方は、マスターカードで作っておけば間違いはないはず。

クレジットカードを国際ブランドで決めるというやり方はいいかもしれません。

 

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




マスターカード
最新情報をチェックしよう!