転職失敗 また転職したい

スポンサーリンク

転職

転職失敗?前より条件良くなったはずなのにまた転職したい?

投稿日:2019-05-30 更新日:

転職失敗したのか?前職の苦い経験を生かして、条件などをよく調べて転職したはずなのに・・・

これで良いのか、失敗したのか、って気持ちになってる。

なぜだろう。

このままだとまた転職しそうだ・・・

転職失敗?転職自体は成功したが

・ やりがいを求めていたのに、あまり仕事を任されなくて、歯ごたえを感じられない。

・ 今回の職場にも、また相性の悪い苦手な感じの人がいる

・ 不満が解消されるはずだったのに・・・もしかして職種があってないのか

 

もし、こんな風に感じているのだと失敗したかもと思い、また転職したくなるかもしれない。

しかし、すぐに転職するのは、ちょっと待って。

転職自体は、前の経験をもとに調べたのだから、成功だったはずなんです。

失敗したと感じている原因を明確にしてみよう。分析してみよう。

 

キャリアップの転職だったのに、歯ごたえを感じない

特に前職で大きな責任を背負って残業をしていた場合は、大きな落差に拍子抜けすることが珍しくありません。

そのような目にあうと、自分がキャリアアップの競争から脱落した気がして焦ってしまいがちです。

失敗したと感じる原因がそうであれば、いったん冷静に考えないと後悔することになります。

キャリアアップ

働き方改革が進められる現代において、忙しいことは必ずしもキャリアアップに直結しないからです。

むしろ有能な人こそ残業をしないという風潮が生まれつつあります。

定時に帰れるのであれば、そこからの時間を自分磨きに利用すれば良いだけです。

書籍で学習したりセミナーに参加したりするなど、いろいろな手段が考えられます。

いろいろな集まりに顔を出して、人脈を広げておくこともキャリアアップにつながるでしょう。

人によっては家族と過ごすことで、英気が養われて実力を発揮できる場合もあります。

このように、忙しくないことがキャリアアップに役に立つ可能性があるとを理解することが大事です。

 

[adcode]

嫌いな同僚や上司がいて転職したはずだったのに

よくある失敗の原因として、職場に相性の悪い人がいて働きづらいことが挙げられます。

いつの時代も人間関係の悪さは会社を辞める理由の上位です。

人間関係に悩んで会社を移ったのに、その先でもまた悩まされることが分かると、再び転職したくなるのは無理もありません。

しかし、この場合もいったん落ち着いて分析することがポイントになります。

 

苦手

苦手な人に気を奪われがちですが、そちらではなく他の人たちをチェックしてみましょう。

職場に困った人がいる場合、それ以外の人たちはこっそり団結していることが珍しくありません。

大袈裟にいうと、困った人からの被害を減らすために、水面下で連合を組んでいるということです。

うまくそこに加入できれば、一気に働きやすくなることを期待できます。

嫌な目に遭わないアドバイスを受けたり、愚痴を言い合ったりできる関係を目指すと良いでしょう。

敵より仲間がたくさんいると分かれば、それだけで気が楽になってもう少し留まろうと感じられます。

 

 

転職しても不満が解消されない、もしかして職種があってない

会社を移っても不満が解消できない場合、職種自体が合っていないと考える人も少なくありません。

ソフト会社を移っても苦しい状況が変わらなければ、そもそもプログラマーという職種が向いていないという具合です。

このような場合は他の職種に転職したいと感じるでしょう。

 

職種

しかし、職種を変えることはキャリアをリセットすることに他なりません。

すなわち未経験での下積みから始めることになるため、予想外につらい状況になってしまう恐れがあります。

ましてや新しい職種が自分に合っていなければ目も当てられません。

一方、現在の職種を続けていれば状況が変わることは十分にありえます。

リーダーを任されるなど権限を持てるようになれば、自分のやりやすいように進めることも不可能ではありません。

安易にリセット(転職)を選ばずに、そこでワンステップ上げることを視野に入れることが大事です。

 

まとめ

多かれ少なかれ会社を辞めたいと感じたことは誰でもあるでしょう。

全くそのように見えない先輩や上司もその経験をしてきています。

したがって、自分がそのように考えてしまっても大きな問題はありません。

終身雇用が崩壊しつつある日本のビジネスシーンにおいて、会社を移る検討をすることはポジティブとすらいえます。

しかし、転職をしても、不満や不安が改善されないと、ついまた考えてしまいます。

エージェントに会って相談してみるのも、一つの方法です。【リクルートエージェント】

話してみるだけでも心が軽くなるかも。

[randlist cat=3 num=5]

スポンサーリンク

-転職
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.