現役の不動産会社社長が、転職・仕事・営業・起業について自分自身の経験から解説しています。

過去40年の記憶から

面接 辞退

スポンサーリンク

面接

転職面接で辞退する場合のポイント|連絡するべきか|現役の社長が解説

投稿日:2019-07-11 更新日:

転職面接辞退する場合のポイント
・その理由
面接辞退の具体例

転職しようと履歴書を書き送った先から、面接の案内が届いた。

他の気になる会社から内定の連絡があったり、よくよく考えてみると仕事内容や条件が希望に合わないように思えたりして、面接辞退したいと思う時があるかもしれません。

そんな時に注意しておくべきポイントを解説します。

 

転職面接で辞退する場合のポイント(連絡するべきか)

辞退

色々と考えてみた結果、今回は面接に行くのはやめておこうと思うことがあるでしょう。

そんな時のポイントを紹介します。

   面接の当日朝に電話しても大丈夫なのか
当日朝なら、大丈夫です。一番困るのは、連絡がないことです。仮に誰かの紹介であったり、転職エージェント経由であったりした場合、会社としては、一般的にそのまま放置ではなく、紹介者やエージェントへ連絡することになります。その結果、連絡をしなかったことについて、それらの関係者から問いただされ、信頼関係に悪い影響が残るかもしれません。

会社自体は、当日の朝になって面接キャンセルの連絡があるということは、時々あることですので、よくあることではないですが、気にすることはありません。

もし、問題が残るとすれば、何の連絡もしないことです。
一般的には、転職サイトや転職エージェントを使って転職する人が多いですし、ハローワークや誰かの紹介でもそうですが、自分と会社の間に入っている第三者に「無連絡」であることが知られてしまうと、マイナスの影響が起きることは考えられます。
しかし、面接予定のキャンセル連絡あれば、特にそのようなことが起きることはないです。
 面接辞退の連絡をしたら「理由」を聞かれたりはしないか。もし聞かれた場合は、何と答えれば良いのか。
理由を聞かれることはあまり大きはないと思いますが、人事関係者ではない人が電話を受けたりした場合は、伝達をするために「理由」を聞かれる場合があるかもしれません。もし聞かれた場合は「一身上の都合です」で良いです。
 面接辞退の連絡をしたら「理由」を聞かれたりはしないか。もし聞かれた場合は、何と答えれば良いのか。
理由を聞かれることはあまり大きはないと思いますが、人事関係者ではない人が電話を受けたりした場合は、伝達をするために「理由」を聞かれる場合があるかもしれません。もし聞かれた場合は「一身上の都合です」で良いです。

何か具体的にあるのでしたら、伝えても良いかもしれませんが、余計にクレーム的なものとして相手に受け取れても、つまりませんので、基本的に「一身上の都合です」で、通された方が良いと思います。

あくまでも、事務的に済まされた方が良いでしょう。それが原因となって、後日何かされるということは、起きません。
面接辞退の電話またメールをしたら、その受け答えが非常に冷たく感じられた。他にいいようはないのだろうか、と思う。
これは気にすることは全くありません。相手の方も事務的に受けているのであって、それ以上の思惑もありません。

あまりにビジネスライクな対応をされると、もう少し言葉があっても良いじゃないかと思う方がいるようですが、どちらにしても気にする必要はありません。

会社の方に事情があり、「残念ながら応募者の希望に沿うことができません」などと断りを受けているわけではなく、自分から面接を受けませんと意思を示したたわけですから、会社からの対応が冷たく聞こえたとして、会社は断られた側の立場ですから仕方のないことです。

3つのケースの理由

理由がある

面接自体の連絡は当日朝でも良い

もし転職面接を辞退するという連絡がない場合、最初に面接担当がすることは、応募者の連絡先に連絡することです。
こういう場合、電話連絡があっても、電話に出ない人がほとんどですが、面接担当は何かトラブルがあったのかもしれないと思い、普通心配をするものです。
メールアドレスがわかっている場合、メールでも安否確認のメールを送ります。
また、先ほども書きましたが、間に入っている関係者(転職サイトやエージェント)に連絡を取ろうとするのが、一般的です。
ですから、たとえ当日であっても、連絡するべきなのです。
・辞退の理由を聞かれたら
もし転職理由を聞かれた場合、相手は事務的に聞いている場合がほとんどです。
まだ、会社と社員という関係性が始まっていませんので、あくまでも事務的なやりとりです。
一身上の都合です、と回答されても、相手方もそのまま受け取るはずですので、心配することはありません。
・辞退の連絡をしたら、そっけない対応だった
もし対応が冷たく感じたとすれば、自分が少し誤解をしている可能性があります。
面接を辞退するということは、会社への入社の可能性をキャンセルしてるわけです。断っているのですから、断られた側の言葉としては、シンプルにならざるをえませんね。
もしも優しげな対応を期待していたとすれば、それはあなたが相手に対してキャンセルを申し入れている=「NO」を伝えている立場であることを理解していないのかもしれません。
冷たく感じられたとしても、それは会社として普通の対応です。

転職面接を辞退するその他の具体例

実際の辞退する理由には、様々なものがありますが、会社に理由を伝える際は、先ほど申しましたように、「一身上の都合」と伝えることで大丈夫です。

  1. よくよく考えてみたら、仕事の内容やそのほかの条件が自分の希望と違うとわかったから
  2. ネットでよくない評判を読んで不安を感じたから
  3. ほかの気になる会社の内定が決まったから
  4. 働く自信がなくなったから
  5. その前までの会社からの応対が良くなかったから
  6. 面接連絡が遅かったから
  7. 今の仕事が忙しくなり、すぐにはやめられなくなったから
  8. 周りの人に反対されたから
  9. 面接連絡が来たが良く覚えていない会社だったから

まとめ

転職面接を辞退するときは、必ず連絡しましょう。ギリギリ当日朝までしておきましょう。(こちらも参考にどうぞ「転職時の面接。採用側から見た大事なポイント」)

しないでいて余計な面倒が起きてしまう可能性もあるからです。

連絡をしない人の理由には

・理由をどう言えばわからない

・辞退すると申し訳ない

・体調が悪かった

 

などとあるようですが、会社は「入社するかどうか、どうでも良いと思っている人」を面接するわけではありません。

会ってみないとわからないが、条件が合えば入社してもらいたいと思う人に面接の案内をするわけです。

そういう方が当日現れないと、率直にまず何かあったのか、と心配をします。

余計なお世話と思うかもしれませんが、面接担当の性格によっては、応募者の心配をして、電話やメールを送ったり、間に入ったエージェントや紹介者に連絡を取ることもあります。

ですので、電話一本、辞退することを伝えるようにされると良いと思います。

自分でできなければ、エージェント経由でも良いと思います。

そんなこともあるかもしれませんから、もしまだしていないのでしたら、東麓しておいた方が良いです。【リクルートエージェント】



 

スポンサーリンク

-面接
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.