メリット

クレジットカードを持たないメリットって意外と少ない?

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・ことあるごとに手数料を支払うことに

・持たないことへの偏見が根強い

・持たないメリットは、ほとんどない

 

クレジットカードは社会人なら誰もが持つモノであり、メリットも理解している人がほとんど。

しかし、クレジットカードなんかなくても大丈夫と、あえて持たない人も。

クレジットカードを持たないメリットは本当にあるのか、改めて知っておきたいところ。

 

この記事を読めば、クレジットカードを持たないメリットが実はそこまでないということが分かるはず。

では解説してまいります。

 

 

クレジットカードを所有していないと決済のたびに手数料を支払い、メリットが乏しい

クレジットカードを持たないメリット (1)

 

クレジットカードがなければ、代引きや振込手数料などが必要になる

 

手数料も積もりに積もればそれなりのお金に

確かにクレジットカードを持たなくても、代金引き換え、銀行振り込みなどを使えばネットで簡単に買い物ができます。

しかし、実際に利用してみると何かと手数料がかかることに気付かされます。

振込手数料や代引き手数料など、いくつも重なれば手数料だけで結構かかってしまうことも。

 

頻繁にネットショッピングをする人ほど、そのたびに手数料がかかり、結構な無駄に。

クレジットカードを持てば、年会費を支払ったとしても十分賄えるでしょう。

商品の値段は気にするクセに、手数料は気にしない、これでは意味がありません

手数料ビジネスに加担しないよう、できるだけそうした費用はかけないようにするのが一番です。

 

代引きだけで数百円かかってしまう

クレジットカードで支払わず、代引きにすることで手数料はいくらかかるのか。

 

お店によって異なりますが、300円から500円かかるのが一般的。

これに送料などが加味されれば、ネットで購入する意味がなくなってしまうことも。

月に1回利用し、その都度払っているとすれば、年会費安めのゴールドカードよりも払うハメに。

クレジットカードを持たないメリットはどう考えてもないことが明らか。

少なくともクレジットカードを持たない金銭的なメリットは乏しいと言えるでしょう。

 

 

クレジットカードを所有していないと、疑いの目を向けられ、明らかにメリットなし

クレジットカードを持てない

 

クレジットカードを持っていない理由を勘繰られることもある

 

クレジットカードを持たないも持てないも、見分けがつかない

クレジットカードを持たない、持ちたくないと思っている人は一定数存在します。

その理由は様々で、現金しか信用していないという方も。

 

確かにその理由自体は決しておかしな考えとは言えないでしょう。

ただ、傍から見れば、持ちたくない人も持てない人も見分けがつかないのが実情。

持てないということは、借金があったり自己破産をしたり、仕事がなかったりすると考えるケースも。

ちゃんと働いて収入があっても、クレジットカードを持たないというだけで偏見を持たれる状況。

これのどこにメリットがあるのか、よく考えたいところです。

 

メリットらしいメリットはほとんどない

不正利用されない、個人情報が漏洩されないなど持たないメリットを感じる人は多いはず。

 

しかし、これらのことは精査をしていけば、持たないメリットとは言えないことが分かります。

不正利用されたとしても、ちゃんと申告すればほとんどの場合は弁済してくれます。

個人情報が漏れないと思っても、別のポイントカードなどで漏れているケースも。

 

クレジットカードを持たないから一切個人情報が漏れないなんてことは断定できません。

便利さや金銭的メリットを犠牲にしてでも、クレジットカードを持たないことでのメリットはほとんどないのが実情。

クレジットカードを作れるポテンシャルがあるのなら、冷静に考えて作っておきましょう。

 

まとめ

 

クレジットカードを持たないメリットはほとんどないことは明らか。

 

ただ、不安だという人は1枚だけ持ち、セキュリティが万全なものを選びましょう。

デビットカードなどクレジットカードと同じように使えるものも存在します。

 

これである程度は賄えるので、どうしてもクレジットカードが嫌ならデビットカードという手も。

それでも作れる人は作っておいた方が、後々便利であり、本来のメリットを享受できることでしょう。

 

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




メリット
最新情報をチェックしよう!