ながら運転 (1)

ながら運転 (1)

スポンサーリンク

ニュース

スマホなどの「ながら運転」が19年12月1日から厳罰化。自転車も軽車両

2019-12-01

改正道路交通法が19年12月1日から施行された。

スマホなどの「ながら運転」が、これまでにあり得ない交通事故を多発させていたが、12月1日から、改正道路交通法が施行され、今後の事故減少が期待される。

 

道路交通法の改正により厳罰化されたポイント

ながら運転

ながら運転

大きく分けると次の2つが厳罰化されたポイントです。

  1. 罰則の強化
  2. 免許の仮停止(一発免停)

 

罰則の強化

スマホや携帯電話等の「ながら運転」をしていた場合の罰則が強化された。

携帯電話を使用した「ながら運転」をして交通の危険があった場合

1)罰則は、1年以下の懲役 または 30万円以下の罰金

2)違反点数は6点(免許停止)

 

運転中に、携帯電話を使用または、手に持ち画像を表示し注視をしていた場合

1)罰則は、6ヶ月以下の懲役 または 10万円以下の罰金

2)違反点数は3点

3)反則金が車両ごとに定め

  1. 大型  2万5千円
  2. 普通  1万8千円
  3. 二輪  1万5千円
  4. 原付等 1万2千円

運転免許の仮停止の対象行為に追加

携帯電話のながら運転をし、交通事故を起こして人を死傷させた場合、免許の効力仮停止となる。

管轄する警察署長は、30日以内の免許の効力を停止(仮停止)することが出来る。

 

厳罰化されるには、全国に発生しているあり得ない事故が原因となっている

厳罰化の内容は、かなり厳しいが、しかしながらその背景には、当然と思わざるを得ない交通事故が多発している。

1)スマホでLINE漫画を見ながら、高速道路を走行中に、前方のバイクに追突し死亡させた

2)スマホで、ポケモンGO等のゲームをしている最中に、死亡事故を起こした

この他にも、携帯電話での通話中の事故、スマホの画面に目を落としている最中の事故が、全国に多発している。

 

中には、事故を起こしたことに気づかずに、そのまま走り去り、あとで車の損傷に気づくような事例まで、あり得ない事故が、この数年間に頻発している。

被害者遺族にしてみれば、あり得ない事故です。

 

ただこの事故原因の中には、「カーナビを見ていた」ものも多い。

また、車ではなく、自転車を運転中のスマホや携帯電話の使用による事故も増えている。

知らない人もいるようだが、自転車は「軽車両」として区分され、道路交通法では、車と同様の扱いを受ける。

相手に、怪我をさせてしまえば、「重過失傷害罪」として訴えられることになる。

 

 

実際のながら運転はこうして見つかる|カーナビは2秒以上

基本的には、「警察官の目にとまる」ことで、発見されるわけです。

高速道路のETCを通り過ぎたところで、捕まっている人を見ることも多い。

また、今までだと一般道のスピード違反で、手前にいる違反行為発見する役割の警察官が、スマホについても監視し、先にいる切符を切る役割の警察官が、ながら運転の切符も切るようになるのだろう。

 

仮にシラを切ったとしても、LINEやメールの履歴時間を見つかれば、言い逃れは出来なくなる。

難しいのは、カーナビについてだが、カーナビ注視による事故件数は少なくはないので、厳しく注意を受ける可能性がある。

目安としては「2秒以上」とされているようだが、2秒間前方を見ていなければ、その間に車なら60キロ走行として、30m以上は装甲しているのだから、危険であることは間違い無い。

 

たまに、運転中でもカーナビで、動画なのか、ワンセグ放送なのかを見ている車を見かけることがある。

それは禁止されている行為だから、すぐに止めるべきです。

 

 

ながら運転の厳罰化のまとめ

以上が、「スマホなどの「ながら運転」が19年12月1日から厳罰化」について内容です。

 

随分厳しくなると考えるドライバーもいるかも知れないが、反面、道をあるいていてスマホのながら運転の自転車に出会ったことはないだろうか。

反対の立場に身を置くと、「とても恐ろしいことをしていた」と気づくのではないか。

自動車も自転車も、スマホや携帯のながら運転は、是非、止めるべきだ。

スポンサーリンク

-ニュース
-, ,

Copyright© ミュウ ジョブ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.