転職で年収アップ希望 資格がないなら 不動産産業がいい

スポンサーリンク

転職

転職して年収アップ希望 資格持ってないなら不動産業がいい

投稿日:2019-06-01 更新日:

転職する理由って、「年収アップ」ではないのですか?

残業がない会社に行きたいからですか?

休日を週に2日欲しいからですか?

いい先輩や同僚に囲まれて仕事をしたいからですか?

年収(給料安)低いのでアップさせたい理由はないですか?

転職を考える本当の一番の理由はなんなのでしょう。

転職して年収アップ希望なら仕事はきついけど不動産業

何か専門性ある資格を持っている人であれば、別です。

しかし、特に専門的な資格がなくて、年収アップを目指したいなら、不動産業で営業をやるのがいいです。

それ以外の職種や業種で、中途入社で数年後に1000万円前後の年収になれるものはないのではないでしょうか。

不動産業の仕事は確かにきついと思います。

仕事きつい

お客さんが「夜8時・9時なら自宅にいるよ」と言われれば、残業どころか定休日であっても、行かなきゃなりません。

高い年収を希望しないなら、行かなくてもいいかもしれませんが、それなら不動産業に転職する意味はそもそもないです。

電話が苦手でも毎日しないと、次のアプローチ先がないことになります。

仕事でミスすれば、上司先輩に怒られることもあるでしょう。(これはどの仕事も同じ)

でも、こういう経験から学んで続けていくと3〜4年すれば、ほぼ1人前になれます。

年齢にほとんど関係ないです。

1000万円というのは、会社員としての高い年収という意味での目安です。

その数字にこだわるのではないのです。実際には、800万でも1200万でも良いのです。

年収が上がると不満や不安の大部分が解決する

日本人は、今でもお金の話は避ける傾向がありますよね。

筆者もそうでした。

でも現実問題として、お金がなくて苦労することが多くないですか。

読みたい本も読めない、好きなビールじゃなくて発泡酒にしておこうとか、お金の額を気にしながら、物事の選択をしていることが多いのでないですか。

 

本当に、休みがあって、残業がなければ、給料は安くてもいいんでしょうか。

休みが多くて、あるいは毎日6時に家に帰って、家族との時間がたっぷりある、しかしお金がないのでどこにも行けないとか、外食するときメニューは値段見て選ぶとか、そういう生活が幸せなんでしょうか。

お金がない

筆者にも経験があるので分かるのです。

筆者はあなたよりも多分だいぶ年上ですが、たしかに社会人になるとき、給料が安くても、好きな楽器に関係する仕事に就きたいと思って、就職しました。

その会社は休みがなかったので、おバカな自分は、よく考える時間もなく、年収200万の生活を続けていました。

現在のように、様々な情報を知る手段がなかったのです。ネットはありませんでしたから。

でもさすがにそれなりの年齢になって、結婚を考えるようになったとき、分かりました。

「今の年収では結婚なんてできない」と。

実際には、「お金じゃないから、、、二人で頑張ろう」と言って結婚する人多いです。

僕もそうでした。

しかし、数年も経たないうちに、「いつになったら給料上がるの?」って言われます。

というか、言われましたね。「こんな給料じゃ、食べていけない」と。

愛が冷める

お金がないと、愛情は冷めますね。

愛だけではなく、健康も、教育も、食べることも、洋服も、住む場所も、ほとんどの不満や不安がお金がないと解決できないということに、気づくのに筆者は時間がかかりました。

あなたはどうなんでしょう。

 

[adcode]

不動産業以外にはないのか

最初に書きましたが、もちろんネット関係やプログラムなど専門性あるスキルとか資格があるのなら、不動産でなくとも良いと思います。

筆者が思うのなら、給料をもらってスキルを磨いて実績を積んで、独立する方法もあるということです。

お金をもらいながら、将来のために学べるということなんです。

プログラミング

Free-Photos / Pixabay

不動産以外なら、これから先を考えるのなら、プログラミングです。時代的には、AI化やIoTに進んでいくわけですから、プログラミングに関連する仕事のスキルを身につければ、そういう道もありだと思います。

不動産業は、世間的には、ブラックのイメージがあるのだと思います。

休みは少ないし、残業も多いと思われていると思います。

実際に稼ぐという意識の人は、そうなっていると思います。

逆に、休みがあって、残業なくて、給料は安くてもいいという人は、不動産業は選ばない方がいいですね。

先に書きましたが、確かに労働条件はよくない会社が多いと思いますが、これまでの経験も関係ないし、入社してからの社歴も関係ない、頑張ってお客さんに貢献すれば、売上が上がって中途入社でも8桁の年収になる仕事って、他にないと思うのです。

まとめ

人生はお金が全てではない、といいます。

筆者も基本的にはそう思います。

しかしそれは余るほどあればの話です。

生活に困らず、ぜいたく過ぎない程度に食べたいものを食べ、ある程度着たい洋服を着ることが出来る、子どもにも教育を受けさせることが出来る、という基本以上に、余るほど必要無いということだと思います。

日本は、先進国の中で唯一年収が下がっている国だそうです。

大卒初任給の給料は、過去20年間で1万円しか上がっていません。東京ハローワークの求人賃金は、大卒の初任給よりも1万円しか高くないのです。

それが現在の世の中です。

休みが多くて残業のない会社に転職したら、年収はほとんどの人は下がります。

そんな状況の中では、もしも年収アップがあなたにとって、重要課題であるなら、不動産業に転職するか、今からプログラミングの勉強を開始して下さい。

リクルートのグッドポイント診断で自分では今一つよく分からない強みを発見してから考えるのもありです。

無料登録で診断してくれますよ

グッドポイント診断LP





ここまで読んで下さいまして有難うございます。

 

[randlist cat=3 num=5]

スポンサーリンク

-転職
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.