海外旅行 持ち物 女子

スポンサーリンク

旅行

<女子専用>海外旅行に必要な持ち物をまとめました

ポイント

ということで、この記事でお伝えすることは次の通りです。

女子専用、海外旅行で絶対に忘れてはいけない持ち物

・女子専用、海外旅行で必須な持ち物

・女子専用、海外旅行であったら便利な持ち物

 

準備の時からワクワクする海外旅行、でも女子に必要な持ち物は何だろう、と迷いませんか?

女子に必要な持ち物は全部持っていきたいですよね。

でもあれもこれも入れようとすると、女子は持ち物が多くなりがちです。

ただでさえもドキドキする海外旅行、女子にとって後悔しない持ち物選びをしましょう。

 

この記事を読んで頂けますと、「女子専用の海外旅行に必要な持ち物」をご理解いただけます。

では、解説します。(この記事は、海外在住の”かなで奏”が書いています)

 

 

女子専用、海外旅行で絶対に忘れてはいけない持ち物

女子専用、海外旅行で絶対に忘れてはいけない持ち物

 

まずは、絶対に忘れてはいけない持ち物、貴重品です。

 

これらの持ち物は全て、必ず機内持ち込み用のバッグに入れて下さい。

そして肌身離さず持つようにしましょう。

パスポート

航空チケット(eチケット)

日程表

スマートフォンと充電コード、モバイルバッテリー

財布

現金(日本円、現地通貨)

クレジットカード、デビットカード(国際キャッシュカード)

緊急連絡先のメモ

(レンタルしている場合は)Wi-Fi

(加入している場合は)海外旅行傷害保険証

これらの持ち物のうち、海外旅行では必須のモバイルバッテリーですが、預け入れ荷物には入れることができないので注意して下さい。

 

万が一入れてしまった場合は、荷物を開けて破棄される場合があります。

現金に関しては、クレジットカードやデビットカードを中心に使うのであれば、たくさん持っていく必要はありません。

 

ですが、海外旅行ではカード類は磁気不良やATMでカードが出てこない、というトラブルがあります。

カードを中心に使う場合でも、現金は持っていた方が良いでしょう。

 

海外旅行に持っていく現金の目安ですが、現地通貨に換金する事を想定して、日本円なら1万円札、米ドルなら100ドル札を持参して下さい。

お買い物好きの女子なら、万が一に備えて多めにあると安心かもしれません。

 

現地通貨に関しては、現地の空港で両替もできます。

海外旅行では現地到着時間によって両替場が開いていな事もあります。

心配な女子はあらかじめ換金しておくと安心です。

 

 

 

女子専用、海外旅行で必須な持ち物

女子専用、海外旅行で必須な持ち物

 

分かりやすいように、必須な持ち物は分類しました。

<服類>

下着、靴下(宿泊日数分、5泊6日なら5日分)、靴、服、衣類圧縮袋、タオル、ハンカチ

 

海外旅行では、空港内など予想以上に歩くので、靴は履き慣れたものを履いていきましょう。

 

でも女子だから、おしゃれもしたいですよね。

そういう場合は、パンプスを1足入れるといいでしょう。

靴を現地で買おうとすると、日本人女子の足に合わない場合があります。

靴ズレを起こしてしまうと、残りの旅行が楽しくなくなってしまいます。

 

持ち物の中で服が多すぎて、なるべく減らしたいという女子は、シンプルなワンピースを1着持っていくのがおすすめです。

ちょっといいレストランやホテルに行く時にも使えます。

スカーフや大きめのアクセサリー小物などを足すと、アレンジも効きます。

 

海外旅行では、日本人の女子はスリなどに狙われやすいため、あえて安い服を持っていくのも手です。

欧米人の海外旅行客は女子でもTシャツにスキニーという方が多いです。

タオルはたいていのホテルにありますが、ビーチで泳ぐ場合などは小さめのタオルを持ち物に入れておいてもいいでしょう。

 

<生活必需品>

コンタクトレンズ、メガネ、薬、サプリメント

 

コンタクトレンズは、海外旅行ではワンデーをおすすめします。

ワンデーだとレンズをなくしてしまった時のために、多めに持っていくことができます。

また洗浄液を持っていかなくてもよいので、持ち物を減らすことができます。

 

サプリメントや薬に関しては、持っていく事をおすすめします。

慣れない海外旅行で体調を崩してしまうこともあります。

忘れがちなのが、酔い止めのお薬です。

酔いやすい方や、ダイビングやクルージング、アトラクションに乗る可能性のある方は持参するとよいでしょう。

 

<化粧品類>

メーク落とし、化粧水、乳液、洗顔料、化粧品、日焼け止め、くし、フェイスマスク、ホットアイマスク

 

持ち物の中でもかさばるのが化粧品類

 

このほかに、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーがありますが、たいていのホテルではついています。

洗顔料に関しては、アメニティで入っていないことが多いので、女子は持っていく事をおすすめします。

 

化粧品類は液体のものが多いので、小分けにするか試供品や旅行用のセットを用意して下さい。

機内に持ち込める液体の量は制限がありますので、機内持ち込みバッグに入れる場合は特に注意が必要です。

 

フェイスマスクやホットアイマスクは必ず必要ではありませんが、あると女子にはとても快適なのでおすすめです。

 

<そのほかの小物類、電化製品など>

ガイドブック、時計、カメラ、ヘアゴム、ヘアーアイロン、ドライヤー、海外用電源プラグ変換アダプター、変圧器、ウエットティッシュ、ティッシュ、生理用品、帽子、サングラス

 

電化製品を持っていく場合は、プラグ変換アダプターと変圧器が必要な国かどうか確認して下さい。

 

日差しのきついところでは、日焼け止めだけでは安心できません。

女子にとって、帽子とサングラスは必需品です。

 

<海外旅行の行き先によっては必要な持ち物>

雨具、水着、ビーチサンダル、防寒着

 

水着はリゾート地なら買うのも楽しみです。

しかし、海外の水着にはパッドが入っていない事があります。

日本人の女子にとっては不安なので、1着持っていくと安心です。

 

<機内持ち込みカバンに入れておくと良い持ち物>

ネックピロー、マスク、アイマスク、耳栓、着圧ソックス、パーカーなどの防寒着

 

これまでにご紹介した持ち物のうち、ウエットティッシュ、ティッシュ、ハンカチ、スリッパは機内持ち込みカバンに入れておくとよいでしょう。

特に女子にとって、お肌の乾燥を防ぐマスクとむくみを防止するための着圧ソックスは必須です。

 

 

 

女子専用、海外旅行であったら便利な持ち物

女子専用、海外旅行であったら便利な持ち物

 

S字フック、輪ゴム(髪の長い女子はヘアゴムで代用可)、ジップロックのようなチャック付きの小物入れ、大きめのゴミ袋

 

S字フックは、シャワーを浴びるときにかけるのに使ったり、バスでカバンを吊るしたりと、あると何かと便利です。

 

輪ゴムやヘアゴムは、食べかけのお菓子を留めておいたり、コード類を束ねたりするのに使えます。

 

大きめのゴミ袋は、使用済みの下着や濡れた衣類などを入れるのに使えます。

 

 

まとめ

海外旅行に必要な女子の持ち物について、まとめました。

絶対に忘れてはならない持ち物、必須な持ち物、合ったら便利な持ち物、参考になりましたか。

この記事をご参考にして頂き、快適な海外旅行を楽しんでくださいね。

 

メモ

こちらの記事は、筆者の協力者である海外在住の「かなで奏」さんが書いています。

 

スポンサーリンク

-旅行
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.