スポンサーリンク

家電

空気清浄機でペットも快適!

花粉やハウスダストからペットの匂いまで、空気を汚して不快なものがたくさんあります。

快適空間に変えるペット用空気清浄機を、探っていきましょう。

 

 

ペット用空気清浄機の価格帯

 

ペット用空気清浄機、またはペットと生活している環境で使用する空気清浄機の価格帯ですが、安いものは1万円程度からあります。

高いものは10万円前後ですね。

やはりダイキンやパナソニック、シャープなどは高価格帯に入る商品が多いです。

反対にアイリスオーヤマや海外メーカーだと必要最低限の機能のものが多いですが、価格は一気に下がります。

機能や性能が違ってくる訳ですが、生活環境によって選ばれるのが良いでしょう。

 

 

 

ペット用空気清浄機にはどんな機能があるの?

 

当然ですが、空気を綺麗にしてくれる空気清浄機ですが、それ以外にも色々な機能が付いています。

最も代表的な機能は「加湿機能」です。

これは、乾燥することで発せられる臭いや、菌の増殖を抑制してくれます。

人だけでなく、ペットの喉や口内の乾燥も防いでくれますし、被毛が乾燥することによる静電気の発生も抑制してくれます。

また、マイナスイオンを発生されてくれるペット用空気清浄機もあります。

さらに、リラクゼーションのためにアロマ機能をもったペット用空気清浄機まで存在します。

 

次に、人・臭い・ダスト等を感知して運転を変える機能(自動運転制御)です。

エアコンでは良く聞きますよね。

それをペット用空気清浄機でもやってくれる訳です。

この機能があれば、一々運転を選ぶ手間が省けますし、常に快適空間を作り出してくれます。

例えば、ペットのお散歩から帰って来た時の埃や、ペットのご飯を作る時に出る臭いも感知して最適運転をしてくれます。

さらには、光にも反応してくれる機能もあります。

夜消灯したときには自動で静音運転してくれるのは嬉しいですね。

 

どんな空気清浄機がいいの?

どんな空気清浄機がいいの?

 

ペット用空気清浄機の寿命

空気清浄機能だけであれば、寿命は10年程度です。

日常的にフィルター清掃をしていればかなり長く使えます。

しかし、加湿機能が付いている場合はお手入れによって寿命は大きく変わります。

フィルター清掃はもちろんのこと、加湿内部のカルキ取りがかなり重要です。

これを怠ると、加湿機能が著しく低下しますし、運転音も大きくなっていきます。

その結果、加湿機能を失ったただのペット用空気清浄機になってしまうだけでなく、大きくなった運転音でペットが怯える事になります。

 

適用畳数

直接の性能とは少し関係が薄れますが、実際の広さよりも大きな適用畳数のものがお薦めです。

車に例えると、軽自動車で坂道を登る時、登れる事は登れるけれどエンジンが唸りますし、燃費も悪くなりますよね?

逆に、排気量の大きな車だと静かに登れますし、燃費も良いです。

ペット用空気清浄機にも同じ事が言えます。

10畳の広さの部屋で使用するなら、それ以上の広さに対応した空気清浄機が良いでしょう。

 

消耗品

意外と忘れられがちなのが消耗品です。

空気清浄機能のフィルターや加湿機能のフィルターは数年に1度は交換することをお薦めします。

エアコンフィルター同様、マメに清掃するのとしないのとでは清浄機能に大きな差が出ますし、消費電力も変わってきます。

このフィルターはそれぞれ1万円前後で販売されているものが多いです。

ペット用空気清浄機購入時に一緒に購入すれば、家電量販店なら少し値引きがあるのでお得ですよ。

 

運転音

昼間なら特に気になりませんが、夜寝ている時に音で目を覚ますのは不快なものです。

最近のペット用空気清浄機は静音設計されているので、各メーカーであまり差はありません。

違いを感じるといえば設置場所に左右されます。

枕元だと僅かな音でも気になるかも知れませんね。

同じようにペットの寝る側に置いてしまうと、作動時の音でペットが怯えてしまうかも知れません。

無音のペット用空気清浄機はありませんので、前述した適用畳数を検討し、さらに設置場所もご検討下さい。

 

余談ですが、搭載されている空気清浄機能は、空気清浄機単体よりも性能が劣りますので、無いよりマシ程度で考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

家電量販店に行くとかなりの種類の空気清浄機が販売されています。

ネットで検索するとそれ以上ですね。

どれが良いのか考えるだけで頭が痛くなってしまいそうですが・・・

 

参考までに、最近の売れ筋としては

・シャープのKCH50

・ダイキンのMCK70V

・パナソニックのF-VC70XR

が人気を集めています。

やはりこの3社は強いですね。

 

結論としては、

・予算を決める

・実際の広さよりも大きな畳数対応のものを選ぶ

・出来るだけ静音設計のものを選ぶ

・フィルターのお手入れが楽なものを選ぶ

 

これだけ絞れば選定しやすいはずですよ。

 

飼い主もペットも快適な空間で快適な時間を過ごせるペット用空気清浄機で、素敵なペットライフをお過ごし下さい。

 

スポンサーリンク

-家電
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.