介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

スポンサーリンク

仕事

介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

2019-08-26

ポイント

ここでお伝えするのは以下の通りです。

介護派遣の給料事情はどうなっているのか

派遣会社介護士として働くメリット、デメリット

 

世の中高齢化社会が益々加速していき、4人に1人は高齢者の割合になってきます。

その中で、今後重要な仕事となっていくのが「介護」の仕事です。

慢性的な人員不足で介護士の需要は高まっています。

この記事を読んで頂けますと、「派遣会社で働く介護士の給料事情やメリット・デメリット」をご理解頂けると思います。

では解説してまいります。

 

 

派遣会社に登録して働く介護士の給料事情

介護士

 

派遣会社経由の仕事で、介護の仕事をする人も多くなっていますね。

その理由とは、正社員だと直接介護する以外にも様々な仕事があるからです。

 

派遣会社に登録して仕事をする場合、介護の責任がないとは言いませんが、正社員と比べると介護の責任も軽く働きやすいでしょう。

また、派遣会社の場合、直接介護する以外の仕事をしなくてもいいという事で精神的にも楽になるのかもしれません。

そして、派遣会社からの仕事で働く介護士の給料は、正社員と比べると高いです。

 

そもそも、派遣会社経由で働いている時点で、給料は高くなります。

派遣会社は介護施設や事業所と提携し、派遣会社が人選をし、その施設や事業所へ派遣します。

給料は、「派遣先から本人へ」ではなく、派遣会社を仲介して支払われ、派遣先と本人分なので正社員よりは高くなるのです。

 

ただし、ボーナス等は含まれる事はないです。

時給換算なので、欠勤すればその分給料は安くなります。

ですから、年収で考えた場合、派遣会社経由の仕事の方が低くなる可能性があります。

また、介護福祉士の資格を持っていれば事業所側が処遇改善加算を国へ申請し、それが通れば介護士全体の給料が上がるようになっています。

 

2019年10月からは勤続年数が10年以上で、その部署の責任者クラスになれば最高月8万円の給料アップになります。

ですので、介護士の安い給料改善が期待出来ます。

 

派遣会社経由の介護士にも適用はされるのですが、派遣ですので、責任者クラスにはなれない為、月8万円の給料アップは見込めないでしょう。

仕事を辞める理由 (1)
仕事を辞める建前的理由と本音の理由|給料と労働条件と人間関係

仕事を辞める理由には。大きく2つある。 建前的理由と本音の理由です。   建前的理由とは、実際には嘘の理由ということです。 会社を、円満に退職するめ、無難に辞めるために、人が考えたなりの理由 ...

続きを見る

 

派遣会社に登録し介護士として働くメリット

派遣会社に登録し介護士として働くメリット

 

では、派遣会社に登録し、介護士として働く場合のメリット、デメリットは何があるのか。

派遣で働くメリット(派遣会社経由で)

 

負担が軽くなる

派遣経由で働く介護士は、介護の正社員と比べると負担が、軽くなります。

仕事内容自体は正社員と変わらず、食事、入浴、排泄の介助を中心とし、その他の雑務も行います。

正社員と違うのは、介護以外の業務がない事です。

 

会議に出席しなくても良いですし、残業もありません。

残業となった場合、派遣先は派遣会社にしっかり残業代を支払わなくてはいけません。

ただでさえ高い給料を派遣会社に払うのですから、極力残業はさせないでしょう。

 

人間関係に気を遣わない

派遣先であっても、人間関係を構築する為に気を遣わなくてはいけませんが、もし派遣先の事業所が合わないと感じた場合、そこまで関係を気にしないで済むというメリットはあるのでしょう。

ただし、その事業所で派遣契約が切れても働き続けたいのであれば、人間関係は構築しておいた方が無難です。

 

派遣で働くデメリット

 

人間関係が希薄になる

メリットで上げた事の逆になりますが、人間関係が希薄になる可能性があります。

どうせ派遣会社経由の社員だから、という理由からそこまで人間関係を構築しなくても良いと考える人も出てきます。

介護の仕事はチームプレイが大事です。

派遣社員とは言えチームプレイをしなくてはいけない為、やりづらく感じてしまう場面も出てくるでしょう。

 

年収が安くなる

派遣の仕事は月単位で考えると、介護の正社員よりも多く貰っています。

しかし、年収で考えるとボーナスや処遇改善をくわえると正社員よりも年収が下がります

また、正社員のように雇用が安定していない為、契約が解除されてしまえば無職となり、給料が途絶えてしまうでメリットは大きいですね。

 

スキルアップしにくい

正社員と違い、派遣会社の仕事には残業もないし、責任も負わなくて済む分スキルアップするのが正社員と比べると難しいです。

個人で勉強し、介護のスキルアップする事は可能ですが、正社員は会社での研修だったり、社外の研修に行く事が出来る分介護士としてのスキルアップも見込めます。

また、責任ある仕事を任される事は技術面だけでなく、精神面でも成長出来る為、それを考えると派遣では難しいと言えるでしょう。

スキルアップを転職理由にすると採用されないかも|現役社長が解説

「転職の理由はなんですか?」 「スキルアップしたいと思いましたので、転職を希望しました」   これは、本人はおそらく「スキルアップ」を前向きな表現をしたいと考え、転職の理由として、その言葉を ...

続きを見る

 

まとめ

 

派遣会社を通した仕事で介護士として働く場合、月の給料は高くなる場合が多いです。

しかし、年間を通すとやはり正社員よりも下がってしまいます。

 

人員不足が続く介護業界で派遣として働くメリット、デメリットを考慮し、正社員か派遣どちらで働いた方が自分にとって良いのかを考えてみることが必要です。

 

スポンサーリンク

-仕事
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.